カテゴリー「 外岩⑤その他」の23件の記事

2021年10月19日 (火)

鳳来・パラダイスロック 21年10/16〜17

久しぶりに鳳来・パラダイスロックへ行ってきた。メンバーは山秀さんとN田くん。

Dsc_0096

すごくいい天気。途中、少し小雨が降ったけど、暑くも寒くもないクライミング日和。おまけに終日貸切だった。

Line_790589539213517

“ジャストミート10b”でアップ。

Gallery_1634470411072

私は“彼方へ5.12a”をトライ。

3便目でなんとかRP。ハング越えで足ブラになってめっさしんどかった。

Dsc_0109

N田くん“ドルフィン5.12a”RP。前回スズメバチの巣があってトライできなかった。

Dsc_0107

山秀さんも“ドルフィン”をトライ。ラスト便、かなり気合いが入っていたが、ラスト1手で惜しくもフォール…明日に持ち越し。

Dsc_0111

夕食は台湾料理。やはり食べきれず…


翌日、かなり冷え込んだけど、この日もクライミング日和。そして貸切。

Gallery_1634470456341

この日は“レインマン5.12b”を。前日4便出して登れず。この日の1便目で中継入れてみたら核心がカンタンに。2便目でRP。計6便。

Line_790669762499997

“レインマン”RP。

Dsc_0117

そして山秀さん、ドルフィントライ。

Dsc_01222

渾身のクライミングで見事RP!本当にナイストライだった。見ていてすごく感動した。


ちなみに山秀さんは私より10以上年上である。クライミングを始めたのは私とだいたい同じなので50歳を過ぎている。今の私と同じ年くらい。

私も50になったので解かる、この身体の衰え。疲労が抜けない。ここからスタート…いやぁすごいと思う。しかも山秀さん、ほぼ毎日ジム行ってるし。故障したと聞いたことないし。きっとすごく頑丈なんだと思う。

さて。

3人共目的を達成してしまい、なんだかフヌケになってしまった。

まだお昼。時間もあるし、せっかくなので、治山水に行ってみる。

Dsc_0123

初めて行ったけど、迷わずに行けた。

Line_790682672355461

なかなかの規模で面白そう。

Dsc_0127

3人で“お散歩すえちゃん5.11a”をOSして終了。

Img_20211017_160535_674

天気予報はイマイチやったけど、2日間いい天気だった。楽しい2日間をありがとうございました!

2021年1月15日 (金)

“ダスキン多摩 5.12c”RP 城山 21年1/9〜11

3連休で伊豆・城山に行ってきた。

城山は2年振り。去年は肘痛が酷くて来られなかった。

今回は谷やん、N田くん、たまちゃん、チョリオの4人。

Kimg6285

前夜発で夜中に到着。仮眠をとって早朝から岩場へ。

この日は晴天。ちょうど寒波と重なってすごく寒いのだが、陽が差しているところは暖かい。首都圏で緊急事態宣言が出たので空いているのかと思っていたが意外と賑わっていた。

まずチューブロックの10cでアップ。しかし上部でテンション…幸先悪し、思えばこの時既に悪い流れが始まっていたのかも…?

私の今回の狙いは“白壁の微瑕 5.12d”。

前回隣の“生と死の分岐点5.12b”が案外楽に登れたので(ひょっとして?)という思いがあったのだが、取り付いてすぐにその夢は打ち砕かれる。

2匹目のドジョウはいなかった。早々に諦めて次の候補に移る。

Kimg62762

ワイルドボアゴージに移動して暫し思案。3本程登ってみたいルートがあった。

ちょうど隣のルートを登っておられる方がいて、すぐにルートが判明した“ダスキン多摩5.12c”にトライしてみる。

ヌンチャクを掛けながらホールドやムーブを探ってみる。難しいけどできない箇所はなかったのでコレに決める。ルート名がちょっとアレやけどな。

しかし結局、この日4便出して登れず。3便目はホントに惜しかった…でも翌日にはきっと登れる手応えはつかんだ。

この日は谷やんが魅せてくれた。

16103694871172

前回2年前の宿題、“パンクジャズ 5.12a”にトライ。

Kimg62802

この日のラストトライで見事RP!

クライミング終了後、下山して先ずお風呂。いつもの一二三荘の温泉へ。

体を温めた後は台湾料理で夕食、スーパーで買出ししてテン場に戻り、就寝。


2日目、10日。この日もいい天気。

Kimg62872

岩場に行く前に山頂へ寄って富士山を拝む。

ワイルドボアゴージに着いて早速クライミング。

5.9でアップし、やる気満々で“ダスキン多摩”へ。

昨日好感触だったのですぐに登れるやろ、と考えてたが登れない…

1便目、2便目、核心でフォール。3便目は核心前でフォール。疲れからか焦りからか、精度が落ちている。既に夕方。(ヤバい…ハマってる…)。昼過ぎには岩が陰り寒くなる。寒さや疲れもあるが、追い詰められるような気持ちが一番いけない。

15時、4便目。ラストトライ。だいぶ緊張していたと思う。さらにトライ前、N田くんが“生と死の分岐点”登りましたよ、という余計な情報を入れてきてプレッシャー増。

Line_65375281609799

N田くん“生と死の分岐点5.12b”RP。2年前は11aのRPがやっとだったそう。(一緒に行ってるハズだが全く覚えがない。)


で、私のラストトライ。登れた。ギリギリRP。はあ、良かった…

ホントにギリギリだった。核心を抜けて終了点直下、ここでは落ちたことなかったから大丈夫だろうと思ってたけど、下から繋げて登ったことはなかった。

すごいヨレていて引きつけができずに落ちそうになる。下のガバまで戻ってレストし直し、なんとか登れた。

危なかった。私もヒヤヒヤしたが、ビレイヤーの谷やんも下から見ていてヒヤヒヤしていたらしい。

16103695412412

“ダスキン多摩”。困ったルート名。

Line_52262176104522

登れて良かった。

Kimg62982

また割れた。

谷やんは“心の愛5.11b”をRP。私もトライしたがフォール。

この日はヘッデン下山。お風呂の後はお寿司屋さんで夕食。


3日目、11日。この日は少し曇っていて寒い。

Kimg63072

谷やんは最終日は初心者向けのクッキングワールドを推していたが、私のワガママで二間バンドへ。

Kimg63122

チューブロックの先にあるニ間バンドへ。

あわよくばもう1本12を目論む。

1610369582544

アップで11aを登ったが、岩がボロボロで危ない。そして登ってすぐに分かったが、私の身体もボロボロだった。

すぐにパンプし、体が動かない。

居心地の悪いニ間バンドを後にし、チューブロック・ワイルドボアで11bを2本トライするもどちらも全然ダメ。あわよくば12、どころか11もろくに登れず。

自分で感じている以上にヨレているようだ。

考えてみたら3連登自体キツいし、前日・前々日に強度の高いルートを4回ずつトライしている。身体が無事な訳がない。

昨日の宿題の“心の愛11b”をなんとかRPし、クライミング終了。

Kimg63132

11aを登るN田くん。

少し早いけど、昼過ぎに下山。

Kimg63152

帰りのSAで夕食。谷やん、長距離運転ご苦労さま。

Kimg62612

2年振りの城山。今回も楽しかった。

ちょうど強い寒波が来ていて寒かったけど、やはり城山は楽しい。でも寒い中でのテント泊は、もう私にはキツいな。来年は宿に泊まってもいいかも。

付き合ってくれた谷やん、N田くん、たまちゃん、ありがとうね!

2020年12月13日 (日)

“枯木のフェイス 5.12d”RP 鳳来・鬼岩 20年12/12

鬼岩へのアプローチ。半時間も歩いていないのに既にヘロヘロ。

ここんとこ毎週のように歩いているので少しは気持ちにゆとりが持てるようにはなったが、まだまだ慣れたという感じはない。

一時間少し歩いて、ようやく岩場へ。座り込んでしばらくは動けない。10年前は雪山に登っていたとは思えない程の衰えっぷりである。

ここの常連さん達は、私よりはるかに大きなザックを背負い、私より早く登る。そして、恐らく私より年長である。自分がそうなるとは到底思えない。

まあ、ともあれ、今日も無事核心(?)のアプローチをこなして鬼岩にやってくることができた。よろよろと立ち上がり、登る準備を始める。

本日のパートナーはリョウさん。急なお願いにも関わらず、付き合ってくださった。感謝。リョウさんは鳳来は初めてとのこと。岩のカブりように圧倒されていた。私も最初来た時はそうだった。

Kimg6123


私の狙いは“枯木のフェイス”。

“禁断のセプテンバー”をRPした後、他の12cをやろうかと考えていたが、常連さんに「禁セプ終わったなら下部を覚えているうちに枯木やった方がいいよ」とアドバイスしてくれたのである。

“禁セプ”と“枯木”は下部5ピン目までは同じである。それだけ登るならそれほど難しいわけではないが、ヨレずに登るのはなかなか難しい。

11月初めに、初めてトライしてみたが、それほど難しい箇所はなく、ちゃんとトップアウトもできたので本格的に狙うことにした。

Fb_img_16049479092802

11/8、枯木のフェイス初トライ。まだ半袖短パン。


次回の2便目にはワンテンに持ち込め、内心(あと一日あったら登れるな)と手応えをつかんだ。

が、その後訪れること3度。登れない。トライは全て核心ワンテン。これが噂に聞く“ワンテン地獄”というやつか。

季節は冬に変わり、来週には寒波がやってくるらしい。

寒がりの私にはとっくに鬼岩は“シーズンオフ”なのだが、なんとか枯木だけは登っておきたい。今日が最後。ラストチャンス。


いつものようにアップ兼ヌンチャク掛け。ムーブを確認しておく。

2時間経って10時半、2便目というか1トライ目。

もはや慣れ親しんだ下部をクリア。少し難しい4ピン目〜5ピン目もあまりヨレることなく登れた。

禁セプとの分岐で大レスト。腕はあまり張っていない。順調。しかし寒さのため、既に指先の感覚がない。チョークバックに入れているカイロを握ったり、うなじに手を当てたりしても感覚が戻ってくることはなかった。

6〜8ピン間は難しくはないけど、一手一手が遠くてすごくヨレる。声をあげながらこなす。

いよいよ核心。だいぶヨレてるみたいだが、もう考えない。指の感覚はとうになくなっているけど、それももういい。息が荒い。頭は真っ白、喉はカラカラ。

ただ、それでもいつもより少し気持ちに余裕があった。突っ込む前に少し息を整え、核心のデッド先のホールドを見て、(あそこが目標)と確認することができた。

そしてその一手。止まった!初めて下から繋げることができた。何度この一手で墜ちたことか。

クリップをしてレストする。この後も油断はできない。しかしここまできて落ちるわけにはいかない。力を振り絞り、声を張り上げ、慎重に登って、ついに終了点。

やった!登れた!うれし〜!

Kimg6121

最近シューズはソイルのフリーレンジプロを使っていたが、ドラゴンに変えたら登れた。またドラゴンの株が上がってしまった…


この後は“入門”を登って15時、クライミング終了。リョウさんも翌日仕事とのことで早めに下山することに。

早かったので食事もせず帰ったら20時には帰阪できた。

付き合っていただいたリョウさん、本当にありがとうございました!



〜枯木メモ〜

11/8 akoさん、N田くん

初トライ、4便、ムーブ・ホールド確認

ほぼムーブが決まる


11/14 ムスコ

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン

4便目テンテン、回収


11/21 N田くん

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン

4便目テンテン、回収


11/28 N田くん

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン

4便目テンテン、回収

N田くん“卒業5.12b”RP


12/8 Y岡くん、K本くん

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン、回収


12/12 リョウさん

1便目ヌンチャク掛け

2便目RP

計6日、21便。


Kimg59302

11/14 ムスコにビレイしてもらった。

Kimg59322


Kimg6019

11/28 “卒業”RPしたN田くん。

1607484454972

12/8のトライ。この日は誕生日。RPで自ら祝ってやろうと思っていたが叶わず。

Kimg6087

12/8 “留年”を登るY岡くん。

Kimg60802

Kimg61072

12/8 鳳来初めてのY岡くんとK本くん、2人仲良く“入門”をRP。

Kimg60922

12/8、2トライ目で左手薬指の第一関節と第二関節の間から流血。核心デッドでそこまで入っていたのに保持できなかった。

Kimg6132

体重は最近60kg前後だったが、帰って計ってみると見たことない数字が出た。

Kimg61332

枯木ホールドメモ。


付き合ってくれた方々、ありがとうございました。内心、来年の宿題やなぁ、と弱気にもなっていたけど、なんとか今シーズン中に登ることができた。

冬の間はローカルエンデュランスやミドルエンデュランスを真面目にやって、肘痛やコロナで登れず衰えた持久力を鍛えなおそうと思う。


2020年11月 2日 (月)

“禁断のセプテンバー5.12c”RP 鳳来・鬼岩 20年10/31

10月最終日の土曜日。鳳来の鬼岩へ。

今回秀さんとN田くんが付き合ってくれた。

2人共ジムは結構な頻度で登っているが、外岩は久しぶりとのこと。

1604150903378

前日夜テン泊し、朝6時に駐車場。7時過ぎに岩場到着。寒い!

アップを兼ねて禁セプのヌンチャク掛け。ホールド、ムーブも確認しておく。

2便目を出そうと思ったら順番待ちができていた。“禁セプ”をトライする人が5人いてルートがかぶる“枯木”や“卒業”にも人がいる。前回と違って大賑わいだ。

ようやく2便目。秀さんやN田くんに待ってもらってるし、後に何人も待ってるので落ち着かない。

隣の“卒業”を登る女性がいたので声をかけると、私はテンションして待機してますのでごゆっくり、と言ってくださった。

今回は3人なので、空いていたN田くんが写真を撮ってくれていた。今気付いたがヘルメットをかぶり忘れている。だいぶ焦っていたらしい。

1604150306517

2ピン目。

1604150372537_20201101075601

3ピン目〜4ピン目。ちょっといやらしい。

1604150400379

4ピン目〜5ピン目。最初の核心。

1604150427198

6ピン目。

1604150508570

7ピン目、最終ピン。

Kimg5846

終了点直下の核心をこなして無事RP。

嬉しい、よりも、やっと終わった、って感じ。

Kimg5850

今年も指割れが始まった。今年はアルコール消毒を頻繁にしているせいか、いつもより早い。


“禁セプ”に最初にトライしたのは一昨年の2018年秋。“卒業”が登れてすぐだった。この時に4便出して手応えを掴んだが、その後鬼岩には訪れず。

次は今年の10月初め。akoさんに誘っていただき、3便。

10月半ばの平日、なかちゃんに付き合ってもらう。この時RPする気満々だったが、しょうもないミスやゴール落ちで結局登れず。5便。

それからこの日までの半月間、何度も禁セプ3ピン目からのムーブが頭の中で繰り返されていた。いったい何度“エア禁セプ”を登っただろう。

そのおかげか、今回2便目で仕留めることができた。通算14便。登れた嬉しさよりも、正直ホッとした感情の方が大きい。

この後は秀さん、N田くんへの恩返し、“留年”のヌンチャク掛け。

このルートは以前雨でビチョビチョの時に登れたので、たぶん大丈夫。

全く覚えてなかったけど、余裕をもってマスターで再RP。

次に“猫シャク”の隣にある“他力本願(略)花嫁募集中”に珍しくヌンチャクが掛かっていたのでトライすることに。

このルートは今月初めに来た時、ご一緒したKさんがオンサイトしていて機会があれば私も、と思っていた。

しかし、初っ端でフォールし、早くもOS失敗。すぐにやり直すも乗っ越し部でフォール。傾斜が緩くなっても厳しく、むしろ難しく、例えここまでノーテンで来れてもRPは難しかったと思う。

改めてKさんはスゴい。

私はここでクライミング終了。

後は秀さんの写真。N田くんは申し訳ないがビレイしていたので写真はナシ。

Kimg5851

秀さんもN田くんも久しぶりの外岩、馴れない傾斜に苦労していたけど、真面目にジムで登っているだけあって動きはいい。何度か来ればきっともっと登れるようになるだろう。

Kimg5861

4時に下山開始。5時駐車場発。途中のSAで夕食。

Kimg5866

お付き合いいただいた秀さん、N田くん、お疲れさまでした。ありがとうございました!


2019年9月23日 (月)

鳳来・ひょうたん岩〜ミルキータワー 19年9/21

台風接近で悪天予報の中、鳳来へ。

パートナーはN田くん。急遽、半ば無理やり付き合ってもらった。

またひょうたん岩へ。前回触った“品行方正5.13a”の核心?をやってみたかった。

Kimg2953

2回やってみたが、全然ダメやった。最初、以前アカンかったムーブができて喜んだのもつかの間、実はその上の方がもっと難しかった。

N田くんもだいぶアカン感じなので、思い切って違うエリアへ転戦。

N田くんが前に行ったことのあるミルキータワーへ。

Kimg2957

急登に喘ぎながら岩場到着。すでに昼前。

1569110210517

早速クライミング。N田くんが「お買い得だった」という“マーちゃんの大冒険5.11b”から。

出だしでいきなりフォール…難しいやん…ロープを解かずにそのまま再トライ。下部を越えたら後は快適、そのままRP。

次は隣の“翼 5.11c”。これも下部はボルダーで難しかったが、力でねじ伏せてなんとかクリア。後はガバを探しながらのクライミング。MOS。

1569110204427

N田くんも“翼”をRP。

続いて“空へ 5.11d”。このエリアの最難ルート。

こちらも基本的にガバ探しの旅。無事MOS。

後は先にN田くんがMOSした“国民の休日5.11b”をFL、“ペコちゃん5.11a/b”をMOSして終了。

このエリアのグレード感はなんとなくグラビティなんばと似たように感じ、親近感が湧いた。

けどたぶん、もう来ないかな…

今回は雨予報だったが、結局雨は降らずにクライミングを楽しめた。

私の無理な誘いに付き合ってくれたN田くん、本当にありがとう。

2019年9月22日 (日)

“セーラームーン5.12b”RP 鳳来・ひょうたん岩 19年9/14・15

またひょうたん岩にやってきた。パートナーは久しぶりのなかちゃん。

Kimg2905

朝から暑い。お目当ての“セーラームーン5.12b”に早速トライ。

暑くて集中力イマイチ、それでも登れそうなのだが…なかなか登れない。

結局登れたのは涼しくなってから。5便目。疲れた…

Received_622749761462205

翌日もひょうたん岩。セーラームーンの上部の“品行方正5.13a”を触ってみる。

いい天気で前日よりもさらに暑い。それでも7便、頑張りました。

文句も言わずに付き合ってくれたなかちゃん、ホントにありがとね。

2019年9月 9日 (月)

初!鳳来・ひょうたん岩 19年9/6

鳳来のひょうたん岩に行ってきた。パートナーはN出さん。

アプローチの遠い鳳来にあって、ひょうたん岩は例外、駐車場から10分の近さ。

少々アクシデントがあったものの岩場に到着。

Kimg2847

ひょうたん岩、結構な威圧感。登ってみたい!と思わせる岩場である。

お目当ては“セーラームーン5.12b”。

OSトライは出だしでソッコーフォール…(イヤ、なんか難しい?)早くも嫌な予感。

無理やり抜けて、後はテンテンでホールドとムーブを探る。

2便目でムーブをある程度固め、3便目からはRPを意識する。

が、3便目、4便目と核心前でホールドを忘れてヨレ墜ち。ホント情けない…

5便目はもうヨレヨレで核心までもたどり着けないていたらくぶり。

それでも、もう持久力トレーニングと割り切っての6便目。これが思いの外スムーズで核心までやってきた。

右手でガバを押さえればRP、だったが、左手が外れてフォール…

残念ながらタイムアップ、ワンデイでのクリアはならなかった。


なかなかモチベーションが上がらない中でのクライミング。ジムでもイマイチ乗らないし、体重も全然減らない。減らそうという気持ちも薄い。

今回の6便目が3便目くらいにできていれば…と思うと悔しい。3・4便目はなんともしょーもないミスやった。

それでも、暑い中6便出せて、楽しむことができたのは大きな収穫だった。

N出さんとのクライミングも楽しかった。

N出さんはとてもストイックで話をしてて刺激を貰えた。(専門的過ぎて私のオツムでは理解不能な話もあったけど)私ももうウジウジするのは止めにして少し前を向こうか、という気になった。そろそろ岩場も涼しくなってくるだろうし。

登れんかったけど、ひょうたん岩楽しかった。また是非リベンジを!


2019年7月23日 (火)

鳳来 19年7/20・21

梅雨の最中、さらに台風接近だというのに外岩へ。

散々悩んだ挙げ句、まだ登れそうな鳳来へ。メンバーはN田くんと他1名。

エリアはN田くんの「入門したいです」の一言で鬼岩に決定。

7時50分から歩き始めて9時10分、岩場到着。こんな遠かったっけ…ヘトヘト。

Photopictureresizer_190721_231109261_cro

そして肝心の岩はシケシケ。やりたいと考えてた“留年”は、盛大に水がしたたっている有様。

折角なんで、と“あんこ10b”を登るも普通にフォール。

それでも初鬼岩のN田くんは頑張ってOS。曰く、「コレ登れなかったら成果ナシになりそうなんで」とのこと。なかなか鋭い。

Kimg2326

アップやのに全力のN田くん。


メインウォールはダメなので、河原の広場の“FIRST 5.12a”にトライ。

下部はまずまず乾いていたものの、上半分はビシャビシャで敗退。

Img_0968

結局、メインウォールに戻り、タオル持参で“留年5.11d”へ。

幸い、上部の滴りは少しマシになっていた。核心ぽいホールドをタオルで拭き、ムーブを固めて1便目終了。

手応え有り。ホールドは濡れてるけど、ガバが多いのでなんとかなりそう。

たぶん、なんか焦っていたんだと思う。

私事で色々あり、しばらくクライミングできなかった。ようやくできるようになったのに雨で登れず。今回も天気予報はかなり悪く、普通なら延期だろうけど、無理にやってきた。付き合ってくれた二人には本当に感謝。だからこそ、何か成果が欲しかったのだと思う。

2便目。さっきよりさらに湿気っている。デカいアンダーまでなんとかたどり着く。もうヘトヘト。

しかしここからが核心。そしてずぶ濡れゾーン。

使えるホールドが限られている。私のフルリーチ。めいっぱい腕を伸ばす。

がむしゃらに登った。終了点。なんとか登れた。

N田くんは残念ながら入門できず。しかしこのコンディションで良くがんばった。

Img_0935

ビシャビシャの“鬼岩入門”にトライするN田くん。


17時に撤収、帰りにひょうたん岩に寄ってみる。しかしここも結露でビシャビシャ。鬼岩よりさらにヒドい。明日も乾きそうにない。

とりあえず駐車場に戻り、温泉へ。

Kimg2332

夕食は台湾料理へ。

Kimg2333

Kimg2335

安定の美味しさ&コスパ。

夜はN田くんと少し宴会をして就寝。


翌日曜日。6時起床。準備を整えて7時半に駐車場、一時間程歩いて8時40分に岩場到着。

やってきた岩場は

Kimg2340

パラダイスロック。なんとなく結露とかしなさそう、と思ってやってきたのだが、当たり。登れそう。

ただ、雨後の流れやスズメバチの巣があったりでお目当ての何本かは諦めないといけなかった。

Kimg2345

“ドルフィン”の上部にスズメバチの巣ができていた。

それでも前日の鬼岩に比べると断然快適!早速、10bでアップし、私は“レインマン5.12b”にトライ。

なかなか大変で、核心はパワフルなムーブしか思い付かなかったが、なんとかバラせて1便目終了。

2便目、RPを目論むも核心でフォール。ふと右を見ると、隣のルート上にあるスズメバチの巣が意外と近いことに気付く。

しかも朝方はハチがいなかったのに、この時は巣に10匹程止まっている。そしてその1匹が私に向かってやってきたので慌てて下ろしてもらった。

下ろしてもらい、冷静になると、(ん〜ヌンチャク回収、どうしようか…)しかし、この後、ツヨツヨ兄さんが登って回収してくれた。助かった。

私は虫は苦手ではないが、スズメバチには数年前に一度刺されているので、少しコワイ。


気を取り直して次に“モルのひまわり畑5.11b/c”にトライ。OSはダメだったが、2便目でなんとかRP。しかし11b/cにしてはキビしいような…

N田くんも果敢にトライするも登れず。

しかし“シャムロック5.11a”は2便目でRP。大したもんだ。

Img_1024

16時、片付けて撤収。

Kimg2344

今回はダメ元でのクライミング、最悪全く登れないかも、と考えていたが、なんとか楽しむことができた。

付き合ってくれた2人には本当に感謝。また宿題を片付けに行きましょう!


2019年2月27日 (水)

初!笠置山 19年2/24〜25

初めての岩場、笠置山へ。シャントくんと。
恵那の笠置山と言えばボルダリングのイメージだが、リードの岩場もある。ずっと前から気になっていたのだが、今回ようやく行くことができた。

日曜の朝、夜勤を終えシャントくんの車で岐阜県へ。
14時岩場到着。ルートエリアの大岩展望は駐車場から5分だった。

Kimg13572

準備をして早速登る。アップで“BBG 5.8”。
ちょっとルートが分かりにくく、居合わせた方に聞いてから“よろしくボンクラージュ5.11ab”をMOS。
このルートはスラブ、垂壁、カブリと3種類楽しめる課題。面白かった、オススメルート。

Kimg13642
よろしくボンクラージュ。

1551270881852
シャントくんもFL!

この後私は“アノニマス5.13a”へ。
13なんてまだまだと自分でも思うが、目標としているからには触ってみないことには始まらない。
ひょっとしたら手応えあるかもなんて考えてたけど見事にコテンパンでヌンチャク掛けも必死。
でも考えてみたらジムでも12c以上は初便で手応えをつかめたことないし、当たり前と言えば当たり前。

1551270433112

この後は“ズクアリ5.11b”をトライ。
この課題は壁を登って下から終了点クリップで“ズクナシ5.10b”、岩の上まで乗っ越すと“ズクアリ5.11b”。
10bと11bなんてエライ差やな、と思ってたがトライしてみて納得。終了点までは難なく行けるが乗っ越すためにはゴミカチでバランスを取り、立ち込まないといけない。
立ったはいいが、それでも岩の上が探れないので思い切って飛んでみるが、落ち葉を降らせただけで見事にフォール。
テンション掛けて探ればやはりガバがあったが、これはOSするのは至難の技やな…

Kimg14032
ズクアリ。ちなみにシャントくんはズクナシでぐだぐだやった。

初日はここまで、下界に降りてお風呂に浸かり、夕食。

Kimg13702
中華料理かと思えば…

Kimg13712
台湾料理やった。ボリュームMAX。

ドラッグストアで買い出しした後、戻る途中で受付に寄って二日分の協力金を払い、テン場にて宴会。1時就寝。

二日目は月曜日。岩場は終日貸切だった。
アップの後、シャントくんがヌンチャク掛けをしてくれた“自由人5.11a”をOS。

Kimg14022
シャントくんも自由人をRP。

昨日の“ズクアリ”も1便目でRP。シャントくん、前日ぐだぐだだったズクナシはクリアできたがズクアリは全く歯が立たず。

この後、“無名ルート5.11c”をトライするも、4便出して登れずじまい。
ムーブも確定して繋げるだけなのだが繋がらなかった。ああ、残念…

Kimg14122
カチで4回、すりおろした左手。

Kimg14202
シャント、墜つ。

最後にもう一回、アノニマスを触ってヌンチャク回収、17時終了。

Kimg14282
とても楽しい二日間だった、シャントくん、ありがとう!

2019年1月20日 (日)

“シンデルボーイ5.12a”RP 城山(3) 19年1/12〜14

城山3日目、最終日。
この日は初めてのエリア、ライオンボトムへ。
ワイルドボアでOVERDRIVEのヌンチャク回収の後、さらに谷を下る。エリアの同定に少し手こずったけど、無事到着。8時半。

Kimg10842

見た感じが姫路の山神社によく似ている。とりあえず10bを登ってみる。
山神社みたくガバだらけに見えたが、実は浅くて余り使えないホールドがほとんど。ちょっと戸惑ったが無事MOS。

この日は帰阪するのでクライミングは昼過ぎまで、と決めている。
あんまり時間がないので狙いの“シンデルボーイ5.12a”に取り付く。
このルートはかなりカンタンという噂(前日はそのウワサに振り回されたが)なので、いっちょOSしてOSグレードを上げてやろう、と密かに思っていた。
が、出だしでいきなりフォール、12aOSは夢と消えた。
そのまま登ってヌンチャク掛け、なるほど、そんなに難しくない。しかし言われている程カンタンでもない。そんな印象。

Kimg10932

2便目、ややいやらしい下部と核心と思わしき箇所をこなして無事RP。

Kimg10892

最後に“モンビラージュ5.11c”にOSトライ、しかし最上部でフォール。残念。

Img_0366
ねずみ岩?の10dを登るイサミン。

13時半、クライミング終了、片付けて下山。
乾かしておいたテントを撤収し、帰阪。

Kimg10952
夕食は途中のSAで。

早めの撤収のおかげでそれほど遅くならずに帰宅できた。
付き合ってくれたメンバーには感謝、とても楽しい三日間だった。
特に谷やんは、車とテントを出してもらい、また私のビレイもほとんどが谷やんだった。ありがとう。

ちなみに翌日、火曜だったのでパンプに行ったが、さすがに11bまでしか登れんかった。

Kimg10992_crop_519x4322
そして一週間経った今日、絶賛リバウンド中…
スポンジが水を吸収するがごとく順調にカロリーを蓄えている。