カテゴリー「 外岩⑤その他」の19件の記事

2019年9月23日 (月)

鳳来・ひょうたん岩〜ミルキータワー 19年9/21

台風接近で悪天予報の中、鳳来へ。

パートナーはN田くん。急遽、半ば無理やり付き合ってもらった。

またひょうたん岩へ。前回触った“品行方正5.13a”の核心?をやってみたかった。

Kimg2953

2回やってみたが、全然ダメやった。最初、以前アカンかったムーブができて喜んだのもつかの間、実はその上の方がもっと難しかった。

N田くんもだいぶアカン感じなので、思い切って違うエリアへ転戦。

N田くんが前に行ったことのあるミルキータワーへ。

Kimg2957

急登に喘ぎながら岩場到着。すでに昼前。

1569110210517

早速クライミング。N田くんが「お買い得だった」という“マーちゃんの大冒険5.11b”から。

出だしでいきなりフォール…難しいやん…ロープを解かずにそのまま再トライ。下部を越えたら後は快適、そのままRP。

次は隣の“翼 5.11c”。これも下部はボルダーで難しかったが、力でねじ伏せてなんとかクリア。後はガバを探しながらのクライミング。MOS。

1569110204427

N田くんも“翼”をRP。

続いて“空へ 5.11d”。このエリアの最難ルート。

こちらも基本的にガバ探しの旅。無事MOS。

後は先にN田くんがMOSした“国民の休日5.11b”をFL、“ペコちゃん5.11a/b”をMOSして終了。

このエリアのグレード感はなんとなくグラビティなんばと似たように感じ、親近感が湧いた。

けどたぶん、もう来ないかな…

今回は雨予報だったが、結局雨は降らずにクライミングを楽しめた。

私の無理な誘いに付き合ってくれたN田くん、本当にありがとう。

2019年9月22日 (日)

“セーラームーン5.12b”RP 鳳来・ひょうたん岩 19年9/14・15

またひょうたん岩にやってきた。パートナーは久しぶりのなかちゃん。

Kimg2905

朝から暑い。お目当ての“セーラームーン5.12b”に早速トライ。

暑くて集中力イマイチ、それでも登れそうなのだが…なかなか登れない。

結局登れたのは涼しくなってから。5便目。疲れた…

Received_622749761462205

翌日もひょうたん岩。セーラームーンの上部の“品行方正5.13a”を触ってみる。

いい天気で前日よりもさらに暑い。それでも7便、頑張りました。

文句も言わずに付き合ってくれたなかちゃん、ホントにありがとね。

2019年9月 9日 (月)

初!鳳来・ひょうたん岩 19年9/6

鳳来のひょうたん岩に行ってきた。パートナーはN出さん。

アプローチの遠い鳳来にあって、ひょうたん岩は例外、駐車場から10分の近さ。

少々アクシデントがあったものの岩場に到着。

Kimg2847

ひょうたん岩、結構な威圧感。登ってみたい!と思わせる岩場である。

お目当ては“セーラームーン5.12b”。

OSトライは出だしでソッコーフォール…(イヤ、なんか難しい?)早くも嫌な予感。

無理やり抜けて、後はテンテンでホールドとムーブを探る。

2便目でムーブをある程度固め、3便目からはRPを意識する。

が、3便目、4便目と核心前でホールドを忘れてヨレ墜ち。ホント情けない…

5便目はもうヨレヨレで核心までもたどり着けないていたらくぶり。

それでも、もう持久力トレーニングと割り切っての6便目。これが思いの外スムーズで核心までやってきた。

右手でガバを押さえればRP、だったが、左手が外れてフォール…

残念ながらタイムアップ、ワンデイでのクリアはならなかった。


なかなかモチベーションが上がらない中でのクライミング。ジムでもイマイチ乗らないし、体重も全然減らない。減らそうという気持ちも薄い。

今回の6便目が3便目くらいにできていれば…と思うと悔しい。3・4便目はなんともしょーもないミスやった。

それでも、暑い中6便出せて、楽しむことができたのは大きな収穫だった。

N出さんとのクライミングも楽しかった。

N出さんはとてもストイックで話をしてて刺激を貰えた。(専門的過ぎて私のオツムでは理解不能な話もあったけど)私ももうウジウジするのは止めにして少し前を向こうか、という気になった。そろそろ岩場も涼しくなってくるだろうし。

登れんかったけど、ひょうたん岩楽しかった。また是非リベンジを!


2019年7月23日 (火)

鳳来 19年7/20・21

梅雨の最中、さらに台風接近だというのに外岩へ。

散々悩んだ挙げ句、まだ登れそうな鳳来へ。メンバーはN田くんと他1名。

エリアはN田くんの「入門したいです」の一言で鬼岩に決定。

7時50分から歩き始めて9時10分、岩場到着。こんな遠かったっけ…ヘトヘト。

Photopictureresizer_190721_231109261_cro

そして肝心の岩はシケシケ。やりたいと考えてた“留年”は、盛大に水がしたたっている有様。

折角なんで、と“あんこ10b”を登るも普通にフォール。

それでも初鬼岩のN田くんは頑張ってOS。曰く、「コレ登れなかったら成果ナシになりそうなんで」とのこと。なかなか鋭い。

Kimg2326

アップやのに全力のN田くん。


メインウォールはダメなので、河原の広場の“FIRST 5.12a”にトライ。

下部はまずまず乾いていたものの、上半分はビシャビシャで敗退。

Img_0968

結局、メインウォールに戻り、タオル持参で“留年5.11d”へ。

幸い、上部の滴りは少しマシになっていた。核心ぽいホールドをタオルで拭き、ムーブを固めて1便目終了。

手応え有り。ホールドは濡れてるけど、ガバが多いのでなんとかなりそう。

たぶん、なんか焦っていたんだと思う。

私事で色々あり、しばらくクライミングできなかった。ようやくできるようになったのに雨で登れず。今回も天気予報はかなり悪く、普通なら延期だろうけど、無理にやってきた。付き合ってくれた二人には本当に感謝。だからこそ、何か成果が欲しかったのだと思う。

2便目。さっきよりさらに湿気っている。デカいアンダーまでなんとかたどり着く。もうヘトヘト。

しかしここからが核心。そしてずぶ濡れゾーン。

使えるホールドが限られている。私のフルリーチ。めいっぱい腕を伸ばす。

がむしゃらに登った。終了点。なんとか登れた。

N田くんは残念ながら入門できず。しかしこのコンディションで良くがんばった。

Img_0935

ビシャビシャの“鬼岩入門”にトライするN田くん。


17時に撤収、帰りにひょうたん岩に寄ってみる。しかしここも結露でビシャビシャ。鬼岩よりさらにヒドい。明日も乾きそうにない。

とりあえず駐車場に戻り、温泉へ。

Kimg2332

夕食は台湾料理へ。

Kimg2333

Kimg2335

安定の美味しさ&コスパ。

夜はN田くんと少し宴会をして就寝。


翌日曜日。6時起床。準備を整えて7時半に駐車場、一時間程歩いて8時40分に岩場到着。

やってきた岩場は

Kimg2340

パラダイスロック。なんとなく結露とかしなさそう、と思ってやってきたのだが、当たり。登れそう。

ただ、雨後の流れやスズメバチの巣があったりでお目当ての何本かは諦めないといけなかった。

Kimg2345

“ドルフィン”の上部にスズメバチの巣ができていた。

それでも前日の鬼岩に比べると断然快適!早速、10bでアップし、私は“レインマン5.12b”にトライ。

なかなか大変で、核心はパワフルなムーブしか思い付かなかったが、なんとかバラせて1便目終了。

2便目、RPを目論むも核心でフォール。ふと右を見ると、隣のルート上にあるスズメバチの巣が意外と近いことに気付く。

しかも朝方はハチがいなかったのに、この時は巣に10匹程止まっている。そしてその1匹が私に向かってやってきたので慌てて下ろしてもらった。

下ろしてもらい、冷静になると、(ん〜ヌンチャク回収、どうしようか…)しかし、この後、ツヨツヨ兄さんが登って回収してくれた。助かった。

私は虫は苦手ではないが、スズメバチには数年前に一度刺されているので、少しコワイ。


気を取り直して次に“モルのひまわり畑5.11b/c”にトライ。OSはダメだったが、2便目でなんとかRP。しかし11b/cにしてはキビしいような…

N田くんも果敢にトライするも登れず。

しかし“シャムロック5.11a”は2便目でRP。大したもんだ。

Img_1024

16時、片付けて撤収。

Kimg2344

今回はダメ元でのクライミング、最悪全く登れないかも、と考えていたが、なんとか楽しむことができた。

付き合ってくれた2人には本当に感謝。また宿題を片付けに行きましょう!


2019年2月27日 (水)

初!笠置山 19年2/24〜25

初めての岩場、笠置山へ。シャントくんと。
恵那の笠置山と言えばボルダリングのイメージだが、リードの岩場もある。ずっと前から気になっていたのだが、今回ようやく行くことができた。

日曜の朝、夜勤を終えシャントくんの車で岐阜県へ。
14時岩場到着。ルートエリアの大岩展望は駐車場から5分だった。

Kimg13572

準備をして早速登る。アップで“BBG 5.8”。
ちょっとルートが分かりにくく、居合わせた方に聞いてから“よろしくボンクラージュ5.11ab”をMOS。
このルートはスラブ、垂壁、カブリと3種類楽しめる課題。面白かった、オススメルート。

Kimg13642
よろしくボンクラージュ。

1551270881852
シャントくんもFL!

この後私は“アノニマス5.13a”へ。
13なんてまだまだと自分でも思うが、目標としているからには触ってみないことには始まらない。
ひょっとしたら手応えあるかもなんて考えてたけど見事にコテンパンでヌンチャク掛けも必死。
でも考えてみたらジムでも12c以上は初便で手応えをつかめたことないし、当たり前と言えば当たり前。

1551270433112

この後は“ズクアリ5.11b”をトライ。
この課題は壁を登って下から終了点クリップで“ズクナシ5.10b”、岩の上まで乗っ越すと“ズクアリ5.11b”。
10bと11bなんてエライ差やな、と思ってたがトライしてみて納得。終了点までは難なく行けるが乗っ越すためにはゴミカチでバランスを取り、立ち込まないといけない。
立ったはいいが、それでも岩の上が探れないので思い切って飛んでみるが、落ち葉を降らせただけで見事にフォール。
テンション掛けて探ればやはりガバがあったが、これはOSするのは至難の技やな…

Kimg14032
ズクアリ。ちなみにシャントくんはズクナシでぐだぐだやった。

初日はここまで、下界に降りてお風呂に浸かり、夕食。

Kimg13702
中華料理かと思えば…

Kimg13712
台湾料理やった。ボリュームMAX。

ドラッグストアで買い出しした後、戻る途中で受付に寄って二日分の協力金を払い、テン場にて宴会。1時就寝。

二日目は月曜日。岩場は終日貸切だった。
アップの後、シャントくんがヌンチャク掛けをしてくれた“自由人5.11a”をOS。

Kimg14022
シャントくんも自由人をRP。

昨日の“ズクアリ”も1便目でRP。シャントくん、前日ぐだぐだだったズクナシはクリアできたがズクアリは全く歯が立たず。

この後、“無名ルート5.11c”をトライするも、4便出して登れずじまい。
ムーブも確定して繋げるだけなのだが繋がらなかった。ああ、残念…

Kimg14122
カチで4回、すりおろした左手。

Kimg14202
シャント、墜つ。

最後にもう一回、アノニマスを触ってヌンチャク回収、17時終了。

Kimg14282
とても楽しい二日間だった、シャントくん、ありがとう!

2019年1月20日 (日)

“シンデルボーイ5.12a”RP 城山(3) 19年1/12〜14

城山3日目、最終日。
この日は初めてのエリア、ライオンボトムへ。
ワイルドボアでOVERDRIVEのヌンチャク回収の後、さらに谷を下る。エリアの同定に少し手こずったけど、無事到着。8時半。

Kimg10842

見た感じが姫路の山神社によく似ている。とりあえず10bを登ってみる。
山神社みたくガバだらけに見えたが、実は浅くて余り使えないホールドがほとんど。ちょっと戸惑ったが無事MOS。

この日は帰阪するのでクライミングは昼過ぎまで、と決めている。
あんまり時間がないので狙いの“シンデルボーイ5.12a”に取り付く。
このルートはかなりカンタンという噂(前日はそのウワサに振り回されたが)なので、いっちょOSしてOSグレードを上げてやろう、と密かに思っていた。
が、出だしでいきなりフォール、12aOSは夢と消えた。
そのまま登ってヌンチャク掛け、なるほど、そんなに難しくない。しかし言われている程カンタンでもない。そんな印象。

Kimg10932

2便目、ややいやらしい下部と核心と思わしき箇所をこなして無事RP。

Kimg10892

最後に“モンビラージュ5.11c”にOSトライ、しかし最上部でフォール。残念。

Img_0366
ねずみ岩?の10dを登るイサミン。

13時半、クライミング終了、片付けて下山。
乾かしておいたテントを撤収し、帰阪。

Kimg10952
夕食は途中のSAで。

早めの撤収のおかげでそれほど遅くならずに帰宅できた。
付き合ってくれたメンバーには感謝、とても楽しい三日間だった。
特に谷やんは、車とテントを出してもらい、また私のビレイもほとんどが谷やんだった。ありがとう。

ちなみに翌日、火曜だったのでパンプに行ったが、さすがに11bまでしか登れんかった。

Kimg10992_crop_519x4322
そして一週間経った今日、絶賛リバウンド中…
スポンジが水を吸収するがごとく順調にカロリーを蓄えている。

2019年1月18日 (金)

“OVERDRIVE 5.11d”RP 城山(2) 19年1/12〜14

城山2日目。前日早く就寝したため、5時に目が覚めた。
テントから出るとまだ暗く、星がきれい。今日はよく晴れそうだ。
ヒマなので一人でアップとストレッチをしておく。

Kimg10472
7時、他のメンバー起床。

Kimg10502
真冬なのに桜が咲いていた。

8時、駐車場。前日と違ってすでに多くの車が停まっている。

Kimg10562
せっかくなので城山山頂へ寄り道。

Kimg10602
富士山真っ白。

前日と同じくワイルドボアゴージへ。チューブロックの5.9でアップしたが、昨日の雨でしっとりしており非常に怖かった。アップにならず。

少し気になるルートがあるので谷やんに付き合ってもらう。
そのルートは“プロポリス5.11b”。11bのわりに簡単で、10bの間違いでは?という噂がある。
その通りならアップもできるし、土産も一つ増えるし。
なあんてよこしまな考えやから痛い目に遭うんやな…

トポと見比べルートを断定、登ってみるが10bにしてはキツい…おまけに上部はまだ乾いておらず、ついにテンション。
どうもおかしい、ともう一度トポを見直し、登ったのは“ごめんねテラリン 11a”であることが判明。
なんてこった、去年登ったルートだった。全く覚えていない…

今度はちゃんと見極め、谷やんに続いて“プロポリス11b”をRP。
しかし噂ほど楽には感じられず、核心部では行ったり来たりした。
さらに隣の“Angelus 5.12a”が気になり、トライ。
しかし核心のムーブが分からず敗退…どうもグダグダだ…
そんなこんなですでに昼過ぎ。もうつまみ食いは止めて“OVERDRIVE”やろう。

そうだ。今日は“OVERDRIVE”、“ジャンバラヤ”、“ジゴロ”を登ろう、と昨日決めたんだった。
この3本はワイルドボアゴージのイレブン三部作といわれている人気ルートらしい。
城山も3度目だし、まじめに(?)看板ルートを登っておこう。

13時過ぎ、ようやく初心にかえりOVERDRIVEへ。昨日に続いて2便目。
本能の赴くままにグイグイ登る。楽しい。ちょっと詰る。お、ここは昨日ルートを見失った箇所。ここだけはちゃんと覚えてる。
難なくクリアし、後もどんどん登る。最後の方でパンプしてきたが、ちょっとずつレストし、終了点へ。無事RP!

Kimg10622

続いて“ジャンバラヤ5.11c”。ヌンチャクは回収されていたのでマスタートライ。
これまた先程のOVERDRIVEみたいにグイグイ登っていけるルート。しかもさっきよりホールドはいいし、レストもできる。

Img_0322

ホールドに導かれ、本能のまま登るが、おっと、詰まってしまった。
何手かクライムダウンしてレスト。休みながらルートを見て別の方法を考える。
意を決してレストポイントを出発、やや危なかったがクリア。
どうやらそこが核心だったようで、後は順調に登り終え、無事MOS。

Img_03400001

続いて“ジゴロ 5.11b/c”。私の前にイサミンがトライ。

Img_0309
気合の入ったいいクライミング。

Img_0342
見事RP!

昔ほどイサミンと一緒に登ることはなくなったけど、彼のガッツは健在。見ていて嬉しくなった。

さて、私の番。すでに16時半を過ぎ、辺りは薄暗くなり始めている。ラストトライ。
他のみんなはクライミングを終え、私を見ている。
今しがたイサミンも登ったし、ここは決めなければ、という雰囲気。
おお…ぷ、プレッシャーが…

ま、自分で勝手に思っているだけなんだが。登り始める。
登り始めたらプレッシャーなんて感じない。どんどん登る。楽しい。
調子に乗って登り続けていたが、残り3ピンくらいでパンプを感じる。
(イカンな)
これまで何箇所かレストポイントがあったのだが、早く登ってしまいたい気持ちであまり休まなかった。
登り易かったということもあるし、暗くなる焦りもあった。

Img_0350

(このまま行ってしまうか!?)
と、その時、突然閃いた。「V字クラック」!
前日、イサミンと谷やんが“ジゴロ”の登りで話し合っていた。まだ触っていない私だけが何のことやら、と思っていたのである。
(今、当に左手で持ってるコレがソレちゃうんか?)
谷やんの言ってた通りにやってみる。レストできる!おお、これは素晴らしい!

最後の方は少しホールドが薄くなり、若干危なかったが、落ち着いて登れば大丈夫、無事OS。

Img_0362_crop_499x4262

この日は出だしぐだぐだやったけど、結果的にワイルドボアのイレブン三部作が登れて良かった。
3本共楽しいルートだった。人気があるのもうなずける。

もう17時前、急いで片付けて下山。ギリギリヘッデンは使わず。

買い出しをして風呂。
Kimg10712
また一二三荘。

Kimg10772
晩メシはゴージャスにステーキ。少し値段高めやけど大満足の内容。

Kimg10802
テントに戻って宴会。
そういえばN田くんも“ミウラー”登れたらしい、おめでと〜!RP時、私と谷やんはワイルドボアにいて見られなかった。写真なくて残念。

昨晩よく眠れたのでみんな元気。今回の宴会は長め。クライミング談議、楽しかった〜!

〜続く〜

2019年1月16日 (水)

“生と死の分岐点 5.12b”RP 城山(1) 19年1/12〜14

待ちに待った三連休。ずいぶん前から、この三連休は城山に行こうと、谷やんと話をしていた。
イサミンとN田くんも加わり、メンバーは4人。

Kimg10162_crop_525x5402
正月のダダ太りから2週間で4kgダイエット。なかなかキツかった。当分コンニャクは見たくない。

11日の22時半、梅田に集合して城山のテン場に早朝着、テントを張って少し仮眠。

Kimg1020
駐車スペースに7時到着。

ワイルドボアゴージまで約半時間ほど。岩場には一番乗り。寒い。この日はほとんど日が差すことがなく、人も少なかった。

準備を済ませ、チューブロックの5.8と5.9でアップ。
私は隣の“ドロンパ5.12a”へ。
思えば一年前。悔しい思いをした城山行だった。

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1267460/1285717/118281988

今回の目的は、まずドロンパのリベンジ。これが済まないと始まらない。
やや気負い気味でヌンチャク掛け。身体がまだ硬い。岩が冷たい。
でも大丈夫。マスターでもホールドを探りながらでも、まだ余裕がある。
このままRPといきたかったが、ヒールフックの際、靴が脱げてしまった。
しばらくおいて2便目でRP。去年あんなに苦労したのにあっさり終わってしまった。

Kimg10212
ドロンパRP。とりあえず安堵。

次の目的は同じチューブロックの“生と死の分岐点5.12b”。
ルート名がカッコイイし、眼下に街並みが広がるシチュエーションもいい。
二年前、シャントくんと初めて城山に訪れた際、隣の“ミウラー”を登っていると、ちょうど“生と死”を登っているクライマーが見えて(カッコイイなあ)と憧れたのだった。

Kimg10242

OSトライ。ちょうど先にトライされた方がおり、ヌンチャクをお借りすることができた。
下部でややいやらしいムーブが出てきてフォール。やっぱり12bは難しい。
とりあえずそこのムーブは確認し終え、核心はどこやろか、とドキドキしながら登る。
しかし、後はそれほど難しい箇所はなく、終了点に着いてしまった。
(あれ?終わり?短っ!)
ガッツリ手応えを感じ、2便目。さっき確認したいやらしい箇所を越え、後はじっくり慎重に、RP。

Kimg10262

おお!?2便で登れてしまった?
嬉しいのは嬉しいのだが、こうも上手くいってしまうと逆に戸惑ってしまう。

Kimg10302
谷やんは“ミウラー5.11a”にトライ。

Kimg10312
無事RP!

さて。早々に目標を達成してしまった。どうしよう。
まだお昼、そんなに疲れてもいない。
“ドント・スピーク5.12c”を触ってみるが、ルーフのボルダー、明らかに体をイワしそうなので簡単に諦める。

イサミンとN田くんが“ジゴロ5.11b/c”をトライしていたので隣の“OVERDRIVE5.11d”をやってみる。

Img_0302
ジゴロにトライ中のイサミン。

OVERDRIVE、OSトライ。中間部でホールドを見失い、それでも悪いホールドで2手進んだけど結局フォール。
そこさえ間違わなければ、OSできていたかもしれなかっただけに残念。
OVERDRIVEはさほど難しい箇所はないけど長くて持久力系。
思えばこれまで短い課題ばかりだったので、ここに来て初めてルートを登った感じ。結構パンプしたし。

もう一便出したかったけど、あいにく雨が振りだしてきて15時、終了。

下山後、スーパーで買い出し、一二三荘でお風呂。

Kimg1035
夕食は台湾料理。

Kimg1037
コスパ抜群。

Kimg10402
テントに戻って宴会。寝不足のため、早めの21時にお開き。

〜続く〜

2018年10月28日 (日)

鳳来鬼岩 18年10/26

金曜日の平日、休みをもらって鳳来へ。付き合ってくれたのはH井くん。
実は“卒業”をRPするための休日だった。先週日曜日にある程度形にして、空いている平日に落ち着いてRP、という作戦だった。

先週無事“卒業”できたので、この日は“禁断のセプテンバー5.12c”のトライと決めた。
12aや11d、もしくはN出さんが先日2便(!)で登った12cも気になるが、せっかくの平日なので、人気ルートを、と考えたのである。

前日夜に出発、駐車場で車中泊。朝、寝坊したけど、8時20分に岩場到着。

Kimg04142
H井くんは鬼岩初めて。

あんこでアップし、禁セプへ!1ピン目が非常に高く(隣の卒業の3ピン目辺り)、プリクリに苦労したけど、準備OK!いざ、OSトライ!
3ピン目でテンション…その後テンテンでトップアウト。
ホールドは悪くない。難しいムーブもない。手応えはあるが、繋げるのは、、、しんどいな…

2便目、目標4ピン目まで!はクリアできたけど、そこまでで腕はパンパン。
ムーブの洗練、自動化、あとはレスト。これができないとRPは難しい。

3便目、目標5ピン目まで!しかし5ピン目のクリップホールドがキャッチできずドカ墜ち。
う〜うまくレストできない。イカンなあ。

Kimg04172
平日だけど、クライマーは結構いた。さすが人気の岩場。

Kimg04202
禁セプにも他のトライ者が。すごくしなやかな登り。

私の感覚では禁セプは卒業の3割増のしんどさ。卒業はそれほど自動化できていない状態でもなんとかギリギリ逃げ切れたけど、禁セプは無理。無駄な力を使い過ぎている。レストも下手過ぎる。要するにクライミングが下手くそだ、ってこと。

4便目。時間的にも体力的にもラストトライ。気持ちはRPだが、やはり4ピン目まで。疲労困憊でヌンチャク回収はかなりキツかった。

Kimg0430
H井くんがおしるこ作ってくれた。沁みた〜!

禁断のセプテンバー、先日の卒業に続いてあわよくば…と少しは考えたけど、やはり甘くなかった。しかし、登れる、という手応えは掴めた。これは収穫。
まあ、12cワンデイなんてジムでもまだまだ無理やし。
覚えているうちにまたトライしたいけどなあ…

Kimg0431
夕食は台湾料理。安くてボリュームたっぷり!

2018年10月23日 (火)

“卒業5.12b”RP 鳳来鬼岩 18年10/21

体重計に乗る。59.6kg。よしよし。

鳳来へクライミングに向かう前日のこと。
外岩に行く前は大抵食事を抑えたりして体重を少し落とす。
以前からやってたけど、最近はダイエットなんかもやってるので、なんだかシビアになってきている。
ホント言うと1kg位は影響ないとは思うのだが、なんか精神的に軽くなっていると安心する。
(なんかボクサーの計量みたいやな…)

鳳来の鬼岩は有名な岩場だが、これまで一度しか訪れていない。

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1267460/1285717/110295494
前回は二年前。寒過ぎてほとんどクライミングできなかった。

今回のメンバーは谷やんと、Mくん、O田さん。
前夜発で現地付近で仮眠、翌早朝駐車場へ。駐車場に5時半着、続々と車が来て、出発の6時半には満杯になっていた。
鬼岩までは約一時間のアプローチだが、弱りきった足でゆっくり一時間半近くかかった。

Kimg03382
谷やんは鬼岩初めて。やや圧倒されてる様子。

メインウォールであるアーリーモーニングライト・ウォールへ。
すでに結構クライマーがいて、やや混雑。
二度目とはいえ、ほぼ初めて(前回は貸切だった)の岩場でおたおたしてしまった。

Kimg03392

動かないと寒いし、とりあえず登らないと、と唯一登ったことのある“鬼岩入門5.11a”でアップ。
なんとか再RPしたものの、すごくパンプし、先が思いやられた。
今回私の狙いは“卒業5.12b”。
先日RPされたN出さんが、チョリオさん向いてるルートですよ、と勧めてくださったので。
元々カブリ壁は苦手である。(ホンマに大丈夫かな…?)
11aでフラフラなってるヤツがホンマに12bなんて登れるんかな、と不安になった。

アップで卒業を登るという方がいたので自分のヌンチャクを渡し、ヌン掛けをお願いする。
さて、私の番。1便目、OSトライ。
3ピン目まで順調だったが、4ピン目であえなくテンション。
どうもルート取りを間違えたようだ。
卒業は人気ルートだけあって、ホールドはチョークだらけで白くなっている。
なんか急に岩が黒くなったなぁ、ホールド、ワルいなぁとか思ってたら進めなくなってしまった。
周りをよくみれば、いや、そもそも登る前にもっとオブザベしていればこんなことにはならないだろうに。
ルートの上部に核心があり、そこはハングドッグして色々試し、一便目終了。
手応えあり。
N出さんが私向きだと言ってくれた理由も分かった。
ホールドは悪くないが、カブリの長いルートで持久力勝負。要は“気合”と“根性”っつーことやな!(違うか?)

Kimg03792
谷やんは鬼岩入門をRP!

Kimg03462
O田さん、すごく上手くなってた!

Kimg03712
力強くしなやかな登りのMくん。
ちなみにMくんはジムでは13を登り、私など足元にも及ばないが、外岩はまだ不慣れなところが多いようだ。

さて、2便目。
下部はガバばかりなのでガシガシ登る。レストポイントに到達。
かなりパンプしている。回復を試みるも戻ってこない。肘をうまく伸ばせず、どうもレストにならない。
核心に突っ込むも、あえなくフォール。
(こりゃダメだ…核心をもっと楽に越えられるようにしておかないと)
再びハングドッグして、もう一度あーでもないこーでもないとムーブを探る。
これにしよう、と決めたムーブも結構キツく、パンプした状態でこなせるかどうか…
(どうもハマる予感がする…)
行けそうで行けず、便数がどんどん増していく、私は不動岩の“タイコ”がその状態だった。
(タイコの二の舞は避けたい)
不動岩は通えるが、鳳来はなかなか通えない。

2便目を終え、観覧席でルートの復習をしている時、核心ムーブが閃いた。
(コレ、いけるんちゃう?)試してみたい。
若干、ヨレが残ってるけど、今1便出しても、最後にあともう1便出せそうだ。

3便目。
プリクリをセットしたら、なぜかヌンチャクにムンターヒッチができていた。
先程親切な常連さんに適切な指導をしていただいたにもかかわらず。
セットし直してスタート。すぐに右足シューズの結び目の輪が岩かボルトに引っかかり、紐が解けてしまった。
更にチョークアップするのを忘れたことにも気付いた。
いかに確認便とはいえ、えらいグダグダ続きである。
ほどなくレストポイントに到着。
さっきよりパンプはマシ。三度目で下部を少し楽に登れたか?
レストを終え、1ピン進んで核心へ。
確認便とはいえ、あわよくば、の気持ちも当然ある。
思いついたムーブをぶっつけ本番で試す。
成功!(おお?やった!?)
RPを意識する。(いけるか?)かなりパンプしてしまっている。
あと2手、少し悪いカチを繫げば、後はガバばかり。
(やってやる)
左手、右手。ああ…剥がれそう…左手を遠いガバへ!(届け!)届いた!
マッチして腕を左右交互に振る。全く戻ってこない。パンプしきってしまった。
下ろした腕がズッシリ重く、まるで自分の腕ではないみたいだ。

あとはガバだけ、なのだが、そのガバですらツラい。
渾身の力を振り絞って登る。
終了点が見えた、もう届く、クリップ。やった!RP‼

テンションし、ぶら下がったまま、暫し呆然。
自分の荒い呼吸音と心臓の音。
下からビレイヤーの谷やんが「写真撮りま〜す」と言ってくれたので、それに応えようと両腕を挙げようとしたが、上がらなかった。

1540116061301

降りると、みんなが祝福してくれた。
ほんとに出し切ったクライミングができた。
喜びがじわじわ込み上げてくる。嬉しい。

Kimg03912
“卒業”。

Kimg03932
卒業RP後、放心状態の私。一気にフケたな…

最後にヨレトレで“あんこ10b”も登った。
まだパンプしていたが、追い込み。なんとかMOSしたが、これがトドメ。私は抜け殻になった。

いつの間にやら16時、支度して下山。抜け殻フラフラの私を哀れに思ったO田さんが親切にもストックを貸してくれた。
帰りにお風呂とご飯。コンビニでチョコバット10本入を見つけて衝動買い。
1本76kcalの表示にやや怯んだものの、こんな時くらいはいいだろう、と貪り食った。

楽しかった鳳来クライミング。私にとって非常に有意義なものとなった。
ご一緒していただいたメンバーに感謝!特にMくんはずっと運転してくれた上に家まで送り迎えしてもらい、本当に助かった。ありがとう‼

Kimg03952
それにしてもMくん、カッコええなぁ…