カテゴリー「インドアクライミング~ジム」の151件の記事

2018年6月18日 (月)

グラビティなんば 18年6/17

いや~、揺れたな~。
久しぶりの地震にびっくりしました。

さて。昨日は晴れの日曜日だったけど、外岩に行けないのでジムへ。
付き合ってくれたのはN田くん。
ジムに着くと何やら催しもの、見ると“レジェンド”平山ユージさんが!

Dsc_0384

Dsc_0388
記念撮影とサインをしていただきました。これだけでもジムに来た甲斐があった。

さて、この日は12dと12cをトライすると決めていた。
12b以下で、触っていない課題もまだまだあるけど。
アップの後、早速12d。1/3で撃沈…やっぱりムズいな。

Dsc_0385

もう1本の12dの方が面白そうなのだが、トラバースするのでエンリョしとく。
次は12c。こちらはまだマシ。
といっても、3便出してようやく3テン。全然まだまだ。

Dsc_0386

もう1つの12cもトライしてみる。
こちらはトップアウトもできず。
右手でスローパーを押さえると手首が痛いので止めておく。

Dsc_0387

だいぶヨレたので、復習。
12a黒、登れなかったけど、新たなムーブが見つかった。
12b水色、一昨日RPしたばかり、完全に覚えていて、再RP。
11dピンク。全くダメ。もうふらふら。

この日はサボらずに、きちんと2本目も登った。
2本目に登る11bや11cは本当にしんどい。我ながらよく頑張った。
ちなみにN田くん、果敢に11台のトライ。
11bをRPしてたっけ?すまん、忘れた。
私は一年で11aがやっとこさ、やったような。
まさかモヤシみたいな彼が、ここまで上達するとは思ってもみなかった。

Dsc_0339
N田くん。おそらくこの先は上達が難しく感じられると思う。しかし、クライミングがもっと楽しくなってくるのも、これから。

2018年6月16日 (土)

“12b水色/”RP グラビティなんば 18年6/14・15

木曜、ジムへ。
アップの後、前日OSし損ねた11cを首尾よく片付けて、まずはひと安心。

Dsc_0378
ヨレトレに良さそうなのでまたやりたい。

次は11dのOSトライ。しかし核心でフォール。
2便目でギリギリRP。

Dsc_0379
手数が少なくその分、要フィジカルなルート。

次は12bへ。
前日知合いが楽しそうにトライしていたので、気になっていた。
ただ、壁のまん中にあり、他の課題とかぶっていたりして、なかなか空かない。
ちょうど同じルートをトライするというN出さんとご一緒させていただけた。
N出さんとは、ジムで見かけるけど、話をしたことがなかった。
とてもキレイで、理にかなった登り方。見ていて参考になる。
私みたいな“出たとこ勝負やっつけ登り”とはえらい違いだ。

12bは結局2便出して登れずじまい。
実は1便目で手応えをつかんだので、2便目でRPする気満々だったが、しょーもない失敗をしてしまった。
まあ、得てして入れ込んでいる時はこんなもんである。

先程書いたように、ルートがなかなか空かないので待ち時間が長くなり、その間N出さんと話をしていた。
同じ岩場を訪れたりしてたり、同じルートをトライしていたりと、話していて楽しかった。


Dsc_0380


翌金曜、ジムへ。
普段ならレスト日だが、ムスコに付き合ってもらう。
狙いはもちろん、前日落とし損ねた12b。
ストレッチしてる時にN出さんを見かけたので、声を掛けてまたご一緒させていただく。

1便目、核心でフォール。
2便目でも、同じ所でフォール。
ここで迷いと焦りを感じた。(なんかドはまりの予感…)
このルートは人気のようで、私とN出さん以外にも何人かトライしていた。
それぞれのムーブがあり、(あのムーブの方がええかな)とか思えてくるのである。

3便目。ジムなのに珍しく緊張していた。こんな感覚は久しぶり。
高グレードの課題が、なまじ少ない便数で登れそうだからだと思う。
もし12bではなく11dだったら、こんな緊張はないだろう。

下部は随分こなれ、終了点前の核心へ。
(慎重に、でも慎重になり過ぎないように)
深く呼吸した後は一気に。クリアして終了点にクリップ。
は~、登れた~!

結局、自分のムーブで思いきっていったのが良かった。
もし失敗してたら、他のムーブも試しただろうけど。
N出さんも無事RP。気合いの入ったいい登りだった。

35306029_1110295675776080_257721466
O垣さんと記念撮影。

この日はこのルートの3トライだけ。
いつものような続けて2本、とかもしなかった。
今週は珍しく連登で、体がダルいし重い。そして何より指が痛い。
回復していないのに登っているので当然、こういう時は怪我に気を付けないといけない。

12bが登れたのは嬉しいが、一番の収穫はN出さんと知合いになれたこと。
これからもたまに一緒に遊んでやってください。

Dsc_0382
結局ムスコはこの日、ボルダーを少しだけ。

2018年6月14日 (木)

“12a黒/”RP グラビティなんば 18年6/13

ヨメさんが帰ってきたのが21時。
ちょっと考えたけど、ジムに行くことにした。
前日OSし損ねた12aが気になっていたからである。

この日は水曜日。いつもならレスト日。
夕飯をガッツリ食べ、体幹トレの後、風呂に入ってストレッチ。
ヨメさんが帰ってきたのはストレッチポールに乗っている時だった。

ジムに着いたのが21時半。仲間がいてくれた。
アップで2本登り、目当てのルートへ。
シューズを履く時、体をかがめると、胃の内容物が出そうになった。
核心までは慎重に。核心、目論みが外れて少し慌てるも、持ちなおしてクリア。
上部も落ち着いて処理、終了点にクリップ。
1トライ目で無事RP。ふう。

Dsc_0374

でもやっぱ、これはOSしとかんとイカンかったな。
しかし登れたのは嬉しいし、気も晴れた。
もう閉店前となって、最後に11cのOSトライ。
これが終了点直下でフォール、またも悔しいトライとなってしまった。

Dsc_0375

いやぁ、OSトライはもっと大事にせんといかんね…

2018年6月13日 (水)

“12a緑/”RP グラビティなんば 18年6/12

グラビティの正面壁がリニューアルされた。早速OSトライ開始!

Dsc_0366

12aから、と思ってたけど、空いてなかったので手堅く11bcから。
手順間違えて変なクロスとかになったけど、無難にOS。

次は12a。緑/の課題。
右足脱臼するくらいハイステップかと思ってたけど、案外いけた。
が、その後でフォール。そこが核心、ムーブを探る。
悪いホールドを2手飛ばしていけそうなので、それに決める。

Dsc_0367_2

2便目。核心の前でフォール。ヨレて核心の飛ばしムーブやってみるけど、全然無理。
結局手順どおりかな、と試すもヨレてダメ。降ろしてもらう。

3便目。ビレイヤーがリョウさんからみゆさんに替わる。
しんどいと思ってた核心は案外楽にクリア。そのままRP。
なんてことはない、普通にやっていればOSもできていたかもしれない。
最初から変に飛ばしとかで突破しようと考えたのが間違いやった。
登れたのは嬉しいけど、反省点多し。

Dsc_0370
次は11c緑/。これは大丈夫。OS。

最後に12aをもう一本。黒/。
中間部で足を滑らせフォール。これもOSできそうな課題だった。悔しい。

Dsc_0373

11a、11ab、11bは2本目に登り、無難にOS。
前までは11a以下は1本目では登らない、オブザベもしない、と決めてたけど、これからは11b以下、とした。

まだまだOSトライもできるし、手強そうな課題もある。
短い時間でセットしてくれたジムのスタッフに感謝!


2018年6月10日 (日)

ほしだクライミングウォール 18年6/10

外岩の予定だったが、雨予報のため、ジムに変更。
グラビティなんばはコンペが行われていて、リードはできない。
谷やんが、星田なら多少の雨でも登れますよ、と教えてくれ、久しぶりに星田へ行くことにした。
メンバーは、谷やん、O村さん、N田くん。
9時半到着。今にも降り出しそうな天気だが、涼しくてクライミングにはちょうどいい。

Dsc_0344

星田は去年の夏以来、約一年振り。
空いてるだろうと思ってたけど、団体さんが来られ、結構な混雑に。
10aでアップの後、もう一本10台でアップしたかったが、すでにルートが空いておらず、11bへ。
この日は3連登目、前日よせばいいのに、久びさのボルダーが楽しく、ちょっと(かなり)登り過ぎてしまった。
その疲れが抜け切ってないので、どうかな?思ったけど、予想外に登れてMOS。

Dsc_0342

おお、いい感じかも?
勢いに乗って次は11c。これもMOS。
しかも、以前のようにギリギリではない。かなりしんどいけど。

Dsc_0351

次は星田のヌシ、Gさんオススメの12aへ。
しかしこれは半分くらいでフォール。やはり甘くはない。

Dsc_0352

次は11a。やっぱりだいぶ楽に感じる。MOS。

Dsc_0353

次はまた11c。カンテ沿いのルート。
混んでいるので、端っこのルートが多くなる。
これまたMOS。
一年前、11cはかなりギリギリやったはずだが、結構登れるようになっている。

Dsc_0358

この後は11bと5.11(bくらい?)を2本。どちらもOS。

Dsc_0354

Dsc_0355

垂壁の10cと11aを連登して終了。
ホントはもう一本、11cを登って自分の実力を確認したかったのだが、降り出した雨が強くなってきたので撤収。

Dsc_0357
谷やんは10本登ったそう。11aもRPしてたな。

Dsc_0340
N田くんは一年前に初めて来た時よりだいぶ登れるようになったみたい。

O村組長はすいません、写真ないです。ほぼ、私のビレイでしたので。

Dsc_0349
そういえばムスコも付き合ってくれました。

12aは登れなかったけど、他は全てMOSかOS。
実感はないけど、去年より強くなっている?
帰宅して体重を計ると61.5kg。ここ最近の体重より2kg程軽くなっている。
好調だったのはこのおかげかな。

2018年6月 6日 (水)

グラビティなんば 18年6/5

雨の中、ジムへ。
もうすぐコンペがあるらしく、正面壁がリニューアルするらしい。

Dsc_0328

10a、10c、11a、11cと登ってアップ終了。
近頃また触り始めた12cへ。
1便目はワンテン。2便目で登れた。
再登するまで10便くらいかかってしまった。
どうも一度RPした課題の再登はなかなか難しい。

Dsc_0327
なくなる前にまた登れてよかった。

次はこないだRPした12c紫。ワンテン。
この課題はコンペ後も残るようなので、1便で止めておく。

持久力トレでお世話になったルートも触っておく。
やっぱり面白い。

Dsc_0330

Dsc_0331
この11d、12aの連登がかなりキク。

他に11a~11dをいろいろ登る。
最後に11aピンク。これも名ルートだと思う。
ヨレて落ちそうなった。アブね。

Dsc_0329

仲間が帰ってしまったので、残った時間はオートビレイで遊ぶ。
マンスリー3と4は再登できたけど、続けてトライすると登れない。

コンペ後はまた新しいルートができるだろう。
すごく楽しみだ。

2018年6月 1日 (金)

グラビティなんば 18年5/31

久しぶりにムスコとグラビティへ。
ムスコは以前より身長が伸びたけど、全然登れなくなっていた。
まあでも、もし続けばかなり上手くなるだろう。

Dsc_0311

ムスコと一緒だと、自分があんまり登れない。
しかし、うまい具合にトップロープエリアのマンスリーが新しいのに替わっていた。
早速トライ。4番から。
相変わらずのボルダーだが、2便目でクリアできた。

Dsc_0312

次は3番。これはスタートでかなりてこずった。
あーでもない、こーでもないを繰返し、結局思いもしてなかったムーブでクリア、そのまま抜けてRP。
2番、1番はOS。

H井くんにビレイしてもらい、リードも少し。
最近いつもやってる11d紫と12a紫の連登。今日は余裕があったので、11aピンクも続けて登る。3連続はさすがにキツかった。

Dsc_0310
あっちゃん、また付き合ってくれるかな?

2018年5月26日 (土)

“12c紫/”RP グラビティなんば 18年5/25

金曜日。
いつもジムに行かない曜日なのだが、ヨメさんが早めに帰宅してくれた。
といっても、すでに21時、夕食を済ませ、風呂にも入った後だった。
普通ならきっと行かないが、今週は木曜に集会があり、火曜の一日しか登れていない。
短い時間だけど、登っておこうとジムへ向かった。

トップロープかボルダーか、と思ってたけど、谷やんがいてくれた。ラッキー。
オートビレイでアップを済ませ、気になっていた12cを触る。

Dsc_0238

この12cを初めて触ったのは、去年の12月14日。
その後トライしては、どこか体を痛めた。
ほんとにこのルートはトライする度に肘や肩が痛くなる。
きっと下部のボルダーが私の身体にかなり無理を強いるのだと思う。
そういうことを何度か繰返し、何便トライしたかは分からない。たぶん20便くらい?

それでも、他の課題はもっと登れないし、1番RPできそうなルートだった。
下部の3ピン目が安定してクリップできず、さらに3ピン目を掛けた後は大きくデッド。
取り損ねたらかなり落ちるため、ビレイヤーも大変だ。

前日晩、寝る前に東秀磯さん著の「スポーツクライミング教本」を読んでいたら、1つ閃いたことがあった。
(使えるかもしれない)

Dsc_0243
「スポーツクライミング教本」、右の「インドアクライミング」のバージョンアップ版。イチオシ。

気になっていたムーブを試してみたら当たり、安定して3ピン目がクリップできた。
ついでに上部も復習して降りる。これでなんとかRPの目処が立った。

22時過ぎ、せっかくなんで、もう一回、谷やんに復習に付き合ってもらう。
下部のボルダー部は思いの外うまく登れ、それほどヨレず。
しっかりレストをし、上部へ。

上部は垂壁で、細かいカチのバランスルート。
あまりオートマ化できてないけど、これまた意外と登れ、終了点直下。
(あり?RPできる?)
こりゃもう、こんなチャンスを逃す手はない。
気合を入れて遠い終了点をしっかり掴み、無事RP!
(おお!登れてしまった?)
嬉しいけど、なんだか信じられない。でもやっぱり嬉しい。

Dsc_0239

この後、私がコンディションの目安にしている、11d・12aの連登も余裕を持ってこなせた。
だいぶ戻ってきた感じだ。よしよし。

ちょっと体を動かすつもりが、大きなお土産のお持ち帰り。
付き合ってくれた谷やんに感謝。

2018年5月19日 (土)

グラビティ岸和田 18年5/19

初めてのジムは少し、ワクワクする。
グラビティの新店が岸和田にできたというので、谷やんと行ってきた。
谷やんとは13時に待ち合わせてたが、11時に着いてしまった。
ワクワクし過ぎだ。小学生やあるまいし。

Dsc_0219
そういや岸和田店には、なんばでお世話になった、ももやんがいた。久しぶりに話できてよかった。

壁の高さは15m、登る距離は17~18mだそうで、かなり登り応えがありそう。
ジムではめったにお目にかかれないスケールである。

メインウォールの裏側はオートビレイのトップロープで、一人でも楽しめる。
谷やんが来るまではコレで遊ぶ。

Dsc_0221
“スピード”も体験できる。

小手調べにサクッと終わらせるつもりだったが、11cで苦戦。
2便出して登れず…ちょうど谷やんが来て助かった。
メインウォール触る前に終わってしまうとこだった。
優しいももやんは11dありますね~言うてくれたけど、私の実力不足。

メインウォールは高さもさることながら、カブリ具合もなかなかである。
一番易しいルートでも10d、他は11以上である。

Dsc_0210

まず、11ab。次は11c。どちらもOS。
長い分、ホールドが甘めな感じ。

せっかくなので、12aもトライ。
1便目、あと5手の所でフォール。
先を触りたかったが、壁から離れ過ぎて戻れず。

2便目、さっきより1手進んでフォール。
キィ~!悔しい~!
今度は何とか壁に戻って終了点まで確認できた。

3便目、さすがに頭の悪い私でも、下部は省エネになっている。
でもやっぱり、墜ちた箇所まで登るとかなりヨレヨレ。
顔を上げると、少し上に終了点が見える。
(あと少し…)
声をあげ、力を振り絞って、何とか終了点へ。
やったー!RP!
持久力はちょっと自信があったけど、カブリ壁ではまだまだやな。疲れた…

Dsc_0213

もう1つの12aにもトライ。
こちらは傾斜がマシな分、ホールドが悪い。
3テンでようやくTO。
ポケットで肘が痛くなったので、止めておく。

それにしても寒い!
海のすぐそばで、風が強い。
半袖半ズボン、サンダルで出掛けたのは間違いだった。
隣の店でウィンドブレーカーとジャージと靴を購入。各1000円。
どれも買う予定のものだったので、ちょうどよかった。

谷やんは11bcにトライ中、キョンで膝を傷めたようで、かなり痛そう。
陽もだいぶ傾いてきたので、ヨレトレをする。
11b、11aを連登。11bc、10dを連登。
これにて終了。

帰りに二人で鳥貴族で反省会。
楽しい一日だった。

Dsc_0211


2018年5月13日 (日)

グラビティなんば 18年5/13

雨の日曜日。19時前にジムに到着。
雨天のため昼間は賑わっていただろうが、閉店2時間前とあってガラガラ。
約束してる人もいないので独り。でも新しいマンスリー課題をトライしたかったのでちょうどいい。

前月からトップロープエリアの右端は“マンスリーエリア”となっており、4本の課題が引かれるようだ。
先月の4番の課題はとても良くできていて、かなり楽しめた。
今回新しく引かれた4番もなかなかおもしろく、先日谷やんと一緒にトライしたが、RPできなかった。

Dsc_0192

どうもサンドイッチみたいなホールドをマッチするみたいなのだが、これができそうでできない。
もう少し指が細ければできそうやのに、、、キィ~~!

以前も書いたが、オートビレイのため、通常のリードと違い、ハングドッグできない。
失敗したら即、一番下まで降ろされる。

デッドでマッチ、右足ヒールフック、左手を先に送ってみたり、もう色々試した。
普通ならハングドッグでできるのが1回1回下から登り直すので時間がかかって仕方がない。
まあおかげで下部のオートマ化の精度はハンパない。

https://youtu.be/Ma_mDW7GZtY

今回もだいぶてこずったけど、ようやく登れた。
まだ時間があるので3番もやってみる。
前回、谷やんが苦戦していたので難しいやろな、とは思ってたけど、やっぱり一筋縄ではいかず。
結局3便かかった。

https://youtu.be/dkFJHJUzC6A

2番と1番はOS。ああ、楽しかった!

Dsc_0202


より以前の記事一覧