カテゴリー「 外岩①兵庫・大阪・京都」の73件の記事

2017年9月10日 (日)

T市某岩場 17年9/9

今回、久しぶりにY崎夫妻に会ってきた。タカオさんにヤスコさん。
お二方は以前、私と同じ山岳会で一緒だったのだが、とある事情で退会されてしまったのだった。
しかし、なにかとお世話になった方である。
今回ヤスコさんより「久しぶりにクライミングをしてみたい」といった連絡をいただいたので、一緒に登りにいくこととなった。
A阪さん、リョウさんも加わり、計5名。

P9093815_2

場所は1年ぶり?の某岩場。
ここは私の初12、“ウィルキンソン炭酸水5.12a”がある、思い出の岩場である。
ピン間隔が短く、終了点もキチンとしていて、初心者にはもってこいなので、たまに使わせていただいている。
9時、岩場到着、早速5.8と5.9のルートを登り、トップロープをセット。

P9098483

P9093817

早速、タカオさんに登っていただく。

P9093818

P9098496

タカオさん、ヤスコさんはクライミングは本当に久しぶり。
初めはビレイもたどたどしかったけど、やっているうちに少しづつ慣れてきたみたい。

P9093822
タカオさん、まだまだイケそう!

お次はヤスコさん。

P9098498

P9093839
ヤスコさん、アスリート魂は健在!

P9093833
10aを登るA阪さん。先週に続いての外岩、2週連続だからか動きもいい感じ?

P9093846
リョウさんは“水平思考5.11bc”にトライ。


さて、私は。
トップロープセットの後、リョウさんの“水平思考”のヌンチャク掛け。
久しぶりのトライで全く覚えていなかったけど、無事再RP。
ただ、ムーブ的には全然ダメ。
誰も使っていないゴミカチで思い切り引付けて、無理やり登った。
自分の成長を実感したかったのだが、悪いホールドが使えるようになったのは良し、ムーブの解読はバツ。

次は、“ウィルキンソン炭酸水5.12a”。
記録を見ると、2015年9月12日RP、とある。
2年前。かなり嬉しかった覚えがある。
それ以来、このルートは触っていない。さて、今回成長が感じられるか。

P9098505_2
出だし。

P9098509
中間部。

出だしと中間部の水平クラックで苦労した覚えがあるが、問題なし。
最後の核心部へ。全く覚えてなく、ホールドを探っているうちにフォール。
ぶら下がって見てみると、なんとなく思い出した。が、ムーブはわからないまま一旦降りる。

P9098524
核心部。ホールド探してる。

2便目、ムーブを思い出せた。最後の一手まで進む。
そうだ。思い出した。ここから、この体勢から、あのガバへデッド。そうそう。
いやぁ、遠いわ。
結局、少しクライムダウンし、テンション掛けて敗退。

P9098533
2便目、核心部へ。

P9098536
終了点まで、あと一手の体勢。

RPかかってたら、迷わずイクやろなぁ、ちょうど2年前のあの日のように。
しかも初12やったから、脳内麻薬も相当量出ていたやろな。
今回デッドでなくスタティックにいくムーブも思いついたが、失敗したらケガしそうやし止めておいた。

まあ、以前の自分からしたら、かなりの“フヌケ”だ。
内心、悔しい想いもあるが、しゃあない、という想いもある。


タカオさんが夕方からお仕事とのことで、Y崎夫妻は昼過ぎにお帰りに。
一方、リョウさんの“水平思考”は、かなり便数を重ね、核心部もキレイに登れるようになった。
私のような無理やりではなく、あまり力を使わず、バランスよく登れている。
最終便、核心を越え、スラブを越え、最後のハングで、まさかのフォール…
ああ…なんともったいない…

P9098569
リョウさん、“水平思考”。核心を無事越えたものの、

P9098572
このあと、まさかのフォール…


好調のA阪さん、最後に“パッショネイト5.10c”トライ。
スムーズに高度を稼いでいたが、終了点直下でヌンチャクを掴んでしまい、OSならず。
逆クリップしてしまったのを直しているうちにパンプしてしまったのだとか。
こちらももったいない…

P9093879_2
“パッショネイト5.10c”トライのA阪さん。

P9093881

とまあ、各人それぞれ宿題ができた。ので、また来ようと思う。
次に来る時は涼しい方がええかな。

2017年9月 3日 (日)

仏岩 17年9/2

久しぶりに仏岩に行ってきた。メンバーはA阪さんと谷やん。
約束事のようにアプローチで迷った(ちなみに下山時も)けど、10時に無事到着。
しかし、先に来ていた方より、上仏の上部に大きな浮き岩があると教えていただく。
も一つ、下仏のハング下にはスズメバチの巣がある、とも。
それならばメインウォールはキッパリ諦め、奥仏へ移動。

こちらは誰もおらず静かで、ミンミンゼミの鳴き声がひときわ際立つ。
奥仏岩はほんとに久しぶり。
難しいルートはないけれど、9月になったとはいえまだまだ暑いし、何よりちょっとリハビリが必要な今の私にはピッタリな岩場だ。

まず“沙悟浄5.9”“パナソニック5.8”でアップ。

P9023752

P9023751
“沙悟浄”終了点より。

P9028257
谷やんもアップ。

P9023772_3
“パナソニック”を登るA阪さん。コレは墜ちられない(笑)

アップの後は、“まるいのがお好き?5.11a”を登る。
過去の印象では登りやすかったけど、改めて登ってみても、登りやすかった。
しかし、内心では登れてかなりホッとしたことは確かである。

P9028281_3
“まるいのがお好き?”再RP。

P9028284
今回、A阪さんがいっぱい写真を撮ってくださった。

P9028307
谷やん、“まるいのがお好き?”OSトライ。

P9028301

P9023774
無事OS!

A阪さんは壁右側の“松の下シリーズ”を順番にトライ。

P9023783
“ナショナル5.10a”のA阪さん。コレも墜ちられへんなぁ…

P9028319
私も“ナショナル”。

昼休憩後、もう一つの11a、“孫悟空”へ。
こちらも過去MOSしたのだが、今回は核心でフォール。
ホールドとムーブを思い出して、2便目で再RP。

P9028328
下部はカンタン。

P9028332
いよいよ核心のハング部。

P9028333
遠いカチガバを取って…

P9028351
最後は左足ハイステップ。A阪さん、写真ありがとう。

P9028353
谷やんも“孫悟空”にトライ。

P9023795
OSトライは…

P9023796_2
フォール、残念。

P9028363
2便目は、

P9028365
カチガバ取りもハイステップも決まり、

P9028370
後は慎重に登って…

P9023797
無事RP!

P9023804
壁右側の“松の下シリーズ”4本を全てOSで決めたA阪さん。最後は“天竺5.8”?で〆。

P9023806
もちろん、MOS、今回ノーテンション!

私は最後に“昆明の彼方へ5.10d”。
実は記憶ではこのルートの印象が一番悪い。
それでも気持ち悪いトラバースをクリアして、無事再RP、と思いきや、終了点にスズメバチの巣が!隣の終了点から降りました。

P9023811

2本の11aをゲットした谷やんは“玉龍5.9”?で〆。

17時過ぎまで遊び、片付けて下山。帰りは王将で夕食。
よく遊びました。お付き合いいただいたお二方、ありがとうございました。

P9023813

2017年8月 9日 (水)

初!蝙蝠谷 17年8/6

ウワサの蝙蝠谷へ行ってきた。
蝙蝠谷の岩場は登録制になっており、無許可でのクライミングはできない。
許可を得るためには、年に一度の清掃活動に参加、が条件となっている。
前年、前々年と用事が重なって参加できなかったので、今年こそ、の思いがあった。

メンバーは、谷やん、シャントくん、ショーンくん、久しぶりのM西くん。
梅田で6時に待ち合わせ。7時頃現地着。早く着き過ぎた…

勝手が分からないので、7時半頃に現れた、ゴミ袋を持って移動する人々の後ろについていくと、神社に到着。どうやらここが清掃場所のようだ。
後からどんどん人が増えてくる。秀さんも到着、合流できた。
よく岩場で会う方、久しぶりの方、まるでクライマーの同窓会のようである。

P8063408
あらかた掃除が終わり、細かいゴミを奪い合う(?)我々。

P8063412
掃除の後の記念撮影。最上段より。
前にいらっしゃるのは蝙蝠谷再開に尽力いただいたUさんと、いつも岩場の整備をしてくださっているNさん。
クライミングが楽しめるのは、こういう方々のおかげである。本当にありがたいことだし、いつも心に留めておくことだと思う。

来たことのある秀さんの案内で、いよいよ岩場へと向かう。
対岸(左岸)エリアが涼しいらしいが、既に人がいっぱい。反対の右岸、正面壁へ。

P8063417
正面壁。

こちらもかなりの混雑だが、空いていた“コーナー5.10b”にトライ。
OSできたけど、ちょっと危なかった。更に、後から来た常連の方が「昔はこんなん5.9とかやで」と話していた。
さもありなん、きっとここは裏六甲、烏帽子や不動と似たような“辛口”グレーディングなのだ。

“コーナー”の後は、隣の“グリーンノート5.11a”にトライ。
先にパートナーのシャントくんがトライしたが、3ピン目で敗退してしまった。
半分MOSトライだったが、上部でテンション。
終了点直下でもテンション、なんやコレ?全然ワカラン?
とりあえず無理矢理っぽいけどムーブを解決しておいて、降りてきた。
(これで11aかぁ…)

P8063419_2
グリーンノートが空かないので、合間に“マーメイド5.10b”。1テン…

P8063427
谷やんもマーメイド。

さて、グリーンノート2便目。
下部、なんか無理やり。でも大レストポイントがあるので大丈夫。
中間部も少しいやらしいが、この上でもレストができる。
いよいよ上部。
さっき解決したハズの“無理やりムーブ”は忘れてしまい、更に無理やりになってしまったけど、なんとか終了点にロープを掛けて、無事RP。
イヤ、危なかった。ほんまギリギリや…

P8063436
シャントくん、グリーンノート。ラストトライは惜しかった!

P8063445
秀さん。

P8063434
ショーンくん。

16時終了。
ちょっと登り足りないけど、混んでいるし、なにしろ暑い。それでも下界と比べたら天国やけど。
片付けた後、行けなかった左岸エリアに寄ってみる。
こちらにもルートがいっぱい、楽しそう!

P8063449

P8063452

帰りに、近くの銀河の湯で汗を流し、サイゼリアで夕食。
少し遅くまでクライミング談義、楽しかった。

蝙蝠谷、いい岩場だった。
スケールも申し分ないし、トライしたいルートがいっぱいある。
翌日、早速申請。早く通えるようになればいいな…

2017年6月25日 (日)

初!山家 立岩

後輩のシャントくんと二人で京都・山家の立岩に行ってきた。
立岩は初めての岩場。ワクワクし過ぎて前の晩、1時まで眠れなかった。

4時にシャントくんに我が家まで迎えに来てもらい、6時に駐車スペースに到着。
そこから歩いて10分ほどで岩場に到着。アプローチ、楽!

P6242581

P6242602

P6242597
すぐそばに由良川が流れている。

早速、西面にある“エゴサポニン5.10b”でアップ。
アップに適したルートがこれくらいしかないので、シャントくんも続いて登る。

P6242608
シャントくん、ニューシューズ。

P6242612

がんばったけど、10bのフラッシュはちょっと難しかったか。
でも、自分でいろいろムーブとホールドを探り、3便目でRP!ナイスクライミングだった。

P6242632
シャントくん“エゴサポニン5.10b”RP!

私はまず、“リーチアウト5.11a”をトライ。
ボルト3本だけの、いかにもボルダーチックなルート。
そしてやはりボルダーが苦手な私はOSできず…
2便目でRP。お土産ができて、一安心。

P6242626_2
心にゆとりができて、花なんぞを撮影してみる。

P6242621

P6242629
ついでにシャントも撮ってやる。

次に南面に移り、“一筆啓上5.11b”にトライ。
MOSを狙うも、出だしでフォール…とりあえずヌンチャク掛け。
“一筆啓上”からもう2ピン登ると“追伸5.11c/d”になる。らしい。(100岩のトポ、分かりにくい…)
ので、ついでに上にも掛けておく。

2便目、気合で出だしをクリアし、後は慎重に終了点へ。このまま“追伸”も継続トライ。
岩の出っ張ったとこを登るので、露出感満点。
クリップが私のリーチでギリギリ、(ここでたぐり落ちしたら、エライこっちゃ…)と恐怖との闘いだった。
なんとか恐怖に打ち勝ち、あとはガムシャラに終了点へ。無事RP!
いや~よかった~怖かった~

P6242637_2
“一筆啓上5.11b”。上部でっぱりの側面を登ると“追伸5.11c/d”。

P6242641
シャントくんは隣のナチュプロルート“クラック5.10a”へ。

無事、MOS!だが、ナッツが1つ回収できず、残置…

この後は東面へ移動。
この東面が一番高く、立岩のメインウォールな感じ。

P6242644_2
立岩の東面。

私は早速、“オペラグラス5.11b/c”にトライ。
しかし、またもや出だしでフォール、MOS失敗…
とりあえずヌンチャク掛け、めぼしいホールドにアタリをつける。
結構ランナウトしているため、A1駆使のヌンチャク掛けでもかなり怖い。
最終ピンを掛けて終了点までもランナウトしているが、下からみる限りガバばっかな感じ。
(いけるやろ)と思って登り始めたが、どのホールドも悪くはないが、そんなに良くもない。
焦って登ったせいか、パンプしてしまい、もうすぐ終了点という所でフォール。
4~5m墜ちた。なかなかのドカ落ち、久しぶり。
気持ちの糸も切れてしまい、終了点のヌンチャク掛けは諦め、降ろしてもらった。

墜ちた私も怖かったが、ビレイヤーのシャントくんもだいぶ怖かったみたい。
当初“センリュウ5.10c”をトライするつもりだったらしいが、私のフォールを目の当たりにして止めてしまった。
ちなみに“センリュウ”も結構な高さなのに、ボルトは2本というランナウトルート。

なので、次の私のトライまで休憩。休憩中にオオサンショウウオの仔を捕まえた。

P6242655
撮影の後、すぐに逃がしてやりました。

“オペラグラス”2便目は無理をせず、ホールドとムーブの探り。
終了点にヌンチャク掛けて、ランナウトするとこにスリング掛けて降りてきた。

少し休んで3便目。
悪い出だしをこなし、上のテラスで長レスト。シャントくんに「登る時には声かけるから」と言っておく。
レスト後、シャントくんに声掛けついでに自分にも気合を入れる。
中間部は難しくないが、ランナウトしていて少し緊張する。

上部核心、左へのトラバースをこなし、いよいよ終了点直下。
4手、決めておいたのに、最後のホールドが目につき、真ん中2手を省いてしまう。
最終ホールドに右手が届いたものの、足が上がってなくてバランスが悪い。
終了点のヌンチャクにロープを掛けようと左手を放すと、体がはがされそうになる。

(うおー!最後の最後でしくじった!)
落ち着いて足を上げれば良かったのだろうが、もう意識が終了点にロープを掛けることにばかりいっていた。
(これでたぐり落ちしたら、またドカ落ち?)
さっきのフォールが頭をよぎる。
(怖い…)
しかし、(これで登れなかったら、また最初から登り直さなアカン)と思うと、
(それは堪忍)と、少し、覚悟が決まった。

ゆっくり、左手を離し、ゆっくり、ロープをたぐり、ゆっくり、ヌンチャクに掛ける。
(頼む!)
掛かった!「テンション!」
安堵して力が抜けた。
するとギリギリだと感じていたところが、ちょっとバランスが悪いだけで、まあまあ普通に立てることが分かった。
(なんやねん、チョリオ、お前大げさやねん)

ヌンチャクを回収して降りてくると汗だくになっていることに気づいた。
普段、クライミングではほとんど汗をかかないのだが、これは冷や汗?
なんにせよ、無事RP!ほんまよかった。

P6242669
“オペラグラス”をバックに、ほとんど見えないか。

少し休んで、シャントくんのために“センリュウ5.10c”にヌンチャクを掛けにいく。
1ピン目がすでに結構高い。が、落ち着いて登れば大丈夫。
2ピン目も掛け、これでグランドフォールはしない、と思うと気が楽になった。
しかし、終了点までもかなりのランナウト。
終了点直下まで登り、右手、まずまずのカチ、右足、まあまあのホールド。
これで右足に立ちこめば、たぶん終了点のチェーンに手が届く。
のだが、そのムーブを起こす踏ん切りがつかない。
最後のピン、2ピン目は、すでに足元からかなり下。
(もし墜ちたら…)
またこの思いが頭の中をめぐりだす。

何度か行こか戻ろかを繰り返した挙句、シャントくんに「すまん、降りる!」と伝え、3手クライムダウンした後、壁を蹴ってフォール。
かなりピンのそばまで降りれたが、それでも結構落ちた。
後は懸垂下降でヌンチャク回収しながら降りた。

この後、もちろんシャントくんはトライすることなく、クライミング終了。
早いな、と思ったけど、もう17時半、頃合だった。

P6242677
力の余っているシャントくんは懸垂トレで〆。

初めての立岩、楽しかった。
トライしてみたいルートもまだまだある。
各ルート総じてピン間隔が遠いのと、10台が少ないのがアレだけど、また来たい岩場である。
シャントくん、付き合ってくれてありがとう!車もありがとう!またよろしく!

2017年6月19日 (月)

山神社~百丈岩レスキュー訓練 17年6/17・18

土曜日は、先週に続いて山神社へ。メンバーはA阪さん、H井くん、F田さん。
7時梅田集合、9時半、岩場着。

P6172326
いい天気、すでにけっこう暑い。

P6172333
早速アップ、“陽だまりの樹5.8”のつもりが“色は黒いが5.10b”に取り付いてしまったH井くん。
上部の核心でもたついたが、なんとかMOS。

P6172340
となりでF田さんもアップ。

P6172348_2
私も“色は黒いが”でアップ。終了点より。

P6172353
A阪さんもアップ。

アップを終え、H井くん、宿題の“柿(こけら)落とし5.10c”へ。
前回来た時は9月、9ヶ月の成長を感じることができるか?

P6172358

P6172361
無事、RP、おめでとう!

さて、私はめぼしいルートは登ってしまっているので、マイナーなルートを。
H井くんを連れて、まず、“スラフエ5.11a”。MOS。
ワンムーブ。ハイステップで乗り込んでおしまい。あっけなさすぎ…

次は茸岩の“マラゲーニャ5.11a”。
こちらも乗り込み、終了。MOS。

続けて拳岩の11cも、と思ってたけど、トポを読み間違えたと勘違い(合っていた)し、いったん左岩へ戻る。

P6172365
茸岩。ホールドいっぱいで案外登り易い。ただし剥離には注意。

P6172374
戻ってみると、F田さんも“柿(こけら)落とし5.10c”にトライ中。
1便目はダメだったけど、2便目でRP。

H井くんは、“紺碧の宇宙(ソラ)へ5.11a”へ。
MOSトライ、イレブンクライマー誕生なるか!?

P6172378
それなりの雰囲気はある。

P6172385
が、外岩はそれほどアマくはない。下部で早々にテンション。

さて、私は改めて拳岩へ。ビレイはA阪さんにお願いする。

P6172386
拳岩の“グッバイボーイ5.11c”。

トポには「もろいハングを登る、岩がはがれそうで怖い」とある。なかなかの脅しっぷりだ。
MOSトライ。
岩を叩いて登る。ポコポコいうてる岩は使わない。
核心と思われる乗り越しの上を覗く。明らかなホールドにトゲトゲ植物が生えており、ソッコーフォール。
ヌンチャクを掛けて確認してみると、ご丁寧にクモの巣まで張ってあった。

P6177797
MOSトライ中。A阪さん、撮影してくれていた。

P6177798
ムーブ探り中。眩しい…ビレイ大変でしたね、すいません。

あれやこれやムーブを試し、2便目で無事RP。
結局トゲトゲ植物ホールドは使わず。
暑い中お付き合いいただいたA阪さん、ありがとうございました。

P6177799
登れました。

P6172388
拳岩。

P6177801
アプローチの踏み跡は消えかけ。

P6172394
左岩へ戻ってみると、H井くんの“紺碧の宇宙”2便目。やっぱり“雰囲気”はある。

が、やっぱり登れず…

そろそろ予定していた中岩・獅子岩へ移動しようか、と時間を確認してみると、なんと既に15時。
まだ昼過ぎくらいや思てたのに…中岩は諦める。

諦めたところで、久しぶりに左岩西面を登ってみる。
“黄昏の大地5.11b”。終了点手前でフォール。気合、足りませんな。

P6177806
久しぶりに黄昏の大地を登る。登れてないけど…

P6172400
黄昏の大地の終了点より。

P6172403
F田さん、“紺碧の宇宙”OSトライ。

P6172419

P6172422
諦めない、粘りのクライミングで見事OS!すばらしい、お見事!

P6172426
A阪さんは“アイビールート5.10b”トライ。だいぶ粘ったものの、惜しくも途中敗退。私も登ってみたけど、案外悪かった。

P6172441
F田さん、“古きを讃えて5.10c”。こちらもMOS。

P6172436
おつかれのA阪さんは午睡。

P6172433
H井くん、紺碧のラストトライも登れず。残念、また次回。

18時半まで遊びたおし、片付けて下山。

P6172452
誰?


この後、川西池田までF田さんを送り、谷やんと合流。
4人で道場、百丈岩へ。
ここで翌日、山岳会例会があるので、前入り。

P6172472
現地にはS藤さんがいた。

5人で宴会。ホタルもチラホラ飛んでおり、なかなか風流。

P6172478

楽しい時間を過ごし、テントでゆっくり眠った。
しかし翌朝、悲劇が起こった。
テントを片付けている時、「ピキッ」(あ…)ぎっくり腰だ…
前日はクライミングだったし、朝は結構涼しくて冷やしてしまったのだろう。
ここ1~2週間前から、なんとなく前兆はあったし。

ここ数年、何度も体験したおかげで、ぎっくり腰の対処法は分かっている。
常に持ち歩いているバンテリンを塗り、腰痛ベルトをきつく締める。
これだけでずいぶんマシ。歩ける。丁度みゆさんが来たので、シップを貼ってもらう。
後はなるべく安静に。例会はもちろん、見学。

P6182508
A阪さん指導の下、例会開始。この日はレスキュー。

P6182512

P6182530
見つめあう二人、その1。

P6182574
見つめあう二人、その2。

P6182548
カゲロウの羽。レスキューとは関係ナシ。

レスキューどころではない方も何人かいたけど、無事例会終了。

P6182575
最後に恒例のダブルヘッダー。後輩のおつきあい。

2017年6月11日 (日)

山神社 17年6/10

山岳会の登攀訓練として、山神社の岩場に行ってきた。
山神社は比較的空いているし、登り易いので、新人を含めた練習にはちょうどいい。
ただ、この時期はすでにかなり暑い…

メンバーは、mayumiさん、ナベさん、亀さん、N田くん、ショーンくん、チョリオ。
新人はリアクションの薄いショーンくんと、もっと薄いN田くん。
特にN田くんは印象が薄い。今回アピールすることができるか!?ガンバレ!

11時、岩場に到着、左岩南面でさっそくクライミング。

P6102022
左、“つるべ落とし5.10b”、右、“旧きを越えて5.10a”。

P6102027

2ルートにトップロープを張り終え、その2ルートをアッサリ登ってしまったショーンくんと、隣の西面へ。
10cの“柿(こけら)落とし”を勧める。
柿落としは、出だしでカブリをこなし、その後スラブを登るルート。

P6102033_2

ちょっとてこずるかな、思ってたけど、結構アッサリ登ってまいよった。

P6102044
見事FL!

私はここではトライするルートがないので、少し離れた“ミストラル5.11a”へ。MOS。
踏み跡はブッシュが生い茂り、自然にかえりつつあるルートだった。
お付き合いいただいたmayumiさん、ありがとうございました。

P6102046
ワッペンがステキなmayumiさん。

P6102051
不安げな表情の亀さん。

P6102052
ちなみに男前バージョンもあります。

P6102024
ナベさん、先に謝っときます、登ってる写真撮ってなかったみたいです。すいません。
(もちろん、みんなと同じようにトライされていました)

お昼過ぎ、中岩へ移動。このエリアは初めて。楽しみ。

P6102062
中岩。左岩より短いが、斜度は強い。

中岩には5ルートあり、一番人気(?)にして一番易しい“ブラボーシックスティワン5.9”にトップロープを、と思ってたら、ショーンくんがMOSして張ってくれた。

P6102076
“ブラボーシックスティワン5.9”。

亀さん曰く、5.9だけど左岩の“旧きを越えて5.10a”より難しいらしい。

P6102089
初めてのN田くんには厳しかった?

P6102098
亀さんもトライ!

ショーンくんは隣の“ちから水5.10a”もOS。やるねぇ。

私はこの面で唯一のイレブン、“復活5.11a”をトライ。
無事MOS、なかなか楽しいルートだった。

仲間たちが“ブラボーシックスティワン5.9”と“ちから水5.10a”で楽しんでいる間、ショーンくんを連れ出して、隣の獅子岩へ。
獅子岩には、新しく引かれた12や13のルートがある、らしい。

P6102063
獅子岩。けっこうカブってる。

まず、一番易しい“十三の春5.11c”へ。このルートは新しいものではなく、以前からある課題、らしい。
MOSを狙うも、失敗。2便目でRP。
面白い課題だったけど、人気がないみたい?支点も終了点もかなり怪しい感じ。トライされる方はお気をつけて。
12のルートを触ってみたかったけど、結局このトライだけでフラフラに。また次回。
しかし、やっぱり前傾壁に弱い…

中岩に戻ると、仲間たちはまだ頑張っていた。

P6102122
新人N田くんも頑張ってた!

P6102136
mayumiさん、カッコイイ!

P6102150

梅雨入りの暑さもなんのその、17時まで遊びました。

P6102160
みなさん、お疲れさまでした!

2017年5月15日 (月)

新人研修会~蓬莱峡 17年5/14

今年も8名の新人が入会してきた。今回はその新人のための研修会、第2回目。

P5141114
今年の新人。残りの1名、ショーンくんは“重役出勤”なのでまだ来ていない。

P5141121_2

P5141122
新人教育委員や、去年新人だった人達が中心になって教える。
“万年ヒラ”の私は、まあ撮影係かな。

P5141129

P5141130

P5141131

新人の皆さん、当たり前やけどなかなか上手にはできない。
たどたどしいロープさばき、しかし一生懸命学ぼうとする姿勢。すごくほほえましい。
ただ、予習・復習をやってきている者、あまりやっていない者とで、早くも差が出ている感じ。
新人以外でできていない者は、もはや問題外やけどな。

P5141134
お、“重役”ショーンくん、来たね。さっそく“プレジデント”と会談ですか。

P5141140
昼からは、大屏風に移動して、登攀とシステムの練習。ただしフォローのみ。

P5141143
I田さん、今回の取りまとめご苦労さまでした。

P5141150
ちょっとクライマーには見えないS藤さん。

P5141164_2
我が会長ももちろん元気。

P5141180_2
この日の蓬莱峡は大盛況。すだれのようなロープの中を登っていく。

P5141189

P5141193
久々のN川さん、“大根おろし”にトライ。

P5141204

P5141217
最後に懸垂下降も体験。


夕方に終了。その後は恒例の(?)グラビダブルヘッダー。
mayumiさん、H井くん、みゆさんに、新人のショーンくん、N田さん、Y下さん、3人。
N田さんとY下さんは、今回ビレイ検定、共に一発合格。優秀やね。

P5141236
会長直々のご指導。

P5141233
こちらの二人も新人の面倒をきちんと見てました。

H井くんとみゆさんは、今回ロープも持参。もう登る気満々。
城山以降モチベーションだだ下がり、体重急増の私とはえらい違いである。
そしてそれは、そのまま成果に表れる。

まずみゆさんが、蛍の光が流れる中、宿題の11b青■をRP!
ビレイしている私も思わず力が入った、気迫のクライミングだった。
そしてそのRPの直後、プレッシャーのかかる場面。ラストトライでH井くんが11bc赤白をRP!
こちらも、珍しく声の出たナイスクライミング。ビレイの私も少々興奮気味。

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=g_geCRDwamg


この二人は本当に素晴らしい。良き後輩に恵まれて、私は幸せ者である。

2017年5月12日 (金)

烏帽子岩 17年5/8

城山から中1日、烏帽子岩に行ってきた。パートナーはH井くん。
平日の月曜日だというのに、結構登っている人がいた。さすがは人気の岩場である。

さて、H井くんは、まだRPできていない因縁の(?)“エイトマン5.8”でアップ。

P5081078
当然、軽くRP。以前とは違うね。

私は“アフターバイト5.9”でアップ。
ヌンチャク掛けを兼ねて。H井くん、この課題もまだやっけ…

P5081085
こちらもRP。そらそうやわな。

さて、私は今日の目標、“シーズソーデリケート5.11c”へ。

P5081102
“シーズソーデリケート5.11c”

結果は、4便出して登れず…
ムーブも解決できず仕舞い。難しい。
しかも取り付くのに、アフターバイトか寄ってらっしゃいを登ってからになるし、ビレイはしにくいし、大変めんどくさい…
烏帽子岩で残っている課題はこの“シーズソーデリケート”と“ラマーズ”だけで、空いている平日にシーズソー~を片付けたかったけど、そうはうまくいかんな。

H井くんは“サピエンス5.10c”へ。

P5081096_2
こちらも登れず。
でも、核心は越えられそうだったので、次回RPできそう?

私も久々に“サピエンス”をやってみたが、1回目はフォール。
ホールドとムーブを思い出して2度目で再RP。
いやぁ、やっぱ烏帽子は厳しい。これで10c?と思ってしまう。
でも、通う岩場はこれくらい難しくていいと思う。
近郊の烏帽子岩、駒形岩、不動岩は、総じてグレードが辛目だが、こういう所で鍛えられていると、他の岩場に行った時に楽しめるのだと思う。

P5081105
夜はグラビへ、ダブルヘッダー。
H井くんは赤白テープの11bcを落とす気満々だったけど、精彩を欠いてRPならず。
私に至ってはもはや抜け殻同然。

ちなみに翌日火曜もグラビティ。
この日は新人のショーンくんが、魂のクライミングで10c紫をRP。
木曜のグラビティでは、H井くんが11c黄をRP。最高グレードを更新。
ジムでは好調やねんけどな(笑)

私は…城山以降、少々気が抜けてイマイチ。
まあ、それでも12aを3本再RPできたからヨシとするか。

2017年5月 1日 (月)

“タキシードボディ5.11c”RP 烏帽子岩17年4/30

今日は烏帽子岩に行ってきました。
メンバーは、N澤さん、I田さん、シャントくん、H井くん、みゆさん、ひじりん。
加えて新人のショーンくんと、おくさん。新人のお二人は、外岩初体験。

P4300591_2
早速登ってもらいます。“マイルドセブン5.7”TR。おくさんの初トライ。

もう一人の新人、ショーンくんの初トライは、写真を撮る間もなく終わってしまったようで、

P4300618
となりの“エイトマン5.8”TR。ショーンくん。

ショーンくんは、けっこう登れるようなので、リードでも登ってもらうことに。

P4300655
“ゴールドフィンガー5.10a”、さすがに登れず。

遅れてやってきたH井くんも“ゴールドフィンガー”が宿題だったよう、しかし本日2便でRP。
先輩の面目保てたな。

P4300645
シャントくんも“ゴールドフィンガー”。
リーチを生かした、見たことないムーブで、見事にRP!

P4300607
I田さん、“竹取物語”。

P4300649_2
N澤さんだって、負けてません!

P4300634

P4300658
ひじりんとみゆさんは“サピエンス10c”にハマってた。
私も昔、苦労したルート、カンタンに登られては立つ瀬がなくなる。

P4300664
H井くんは“ジャスティス5.11a”トライするも、歯が立たず。
宿題の“アフターバイト5.9”でも返り討ちに…なかなかジムのようにはいかんな。


さて、私は最初の2本、トップロープで新人の相手をし、N澤さんとI田さんに後をお任せし、自分の課題へ。

本日の目標は“タキシードボディ5.11c”。
まず、“ジャスティス”を(A0で)登り、ヌンチャク掛け。
2ピン目を掛けるのが怖かった…
最初のカブリを越えるムーブが、いきなり解らず、四苦八苦。
ようやく、めったに使わない“キョン”で解決。
と思ったら、降りた後、右壁は限定で使わないらしい。ああ…せっかくの“キョン”の出番が…

居合わせた栞さんと、S村さんに限定を教えていただき、2便目トライ、というよりムーブ探り。
最初のカブリはなんとかなったけど、次のカブリが難しい。
なんか無理矢理なムーブしか思いつかなかったけど、指が限界で降りてきた。

S村さんが「分かってしまえば楽にいけるで」と教えてくれるも、どうもそのムーブが分からない。
まあ、そこが私の未熟なとこであり、ヘタクソなとこなんだろな。

ともあれ、3便目。
下部を無難にこなし、核心。
かなり無理矢理で確率の低いムーブだが…(できる!)気合一発、遠い縦カチへ…届いた!
あとは慎重に足を運び、終了点へ。
無事RP!うれし~!

P4300684
“タキシードボディ”。下から撮ったら、なんやようワカランな。

帰宅して足を見たら、傷だらけだった。
このルートは練習で墜ちる度にぶつけてしまうし、クリップもヒヤヒヤ。
ビレイヤーにはかなり気を遣わせてしまったと思う。
それでも嫌な顔を見せず、それどころか声援を送り続けてくれたシャントくん、ありがとう。

P4300682
夕方まで、よく遊びました。

P4300688
恒例の反省会。

P4300689
そして恒例の(?)ダブルヘッダー。

あ、新人ショーンくん、10b緑■をRP。よくがんばったね。

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=B-gB1JNPjA4

2017年4月24日 (月)

K口隊長生誕フェス・例会~蓬莱峡 17年4/22~23

星田の後、ひじりんの車で蓬莱峡へ。
翌日は会の例会、で、夜から乗り込む。
ちょうど会員のK口さんが誕生日なので“K口隊長生誕フェス”と銘打っているが、要は宴会である。

買出しをして、現地へ。
まず火を起こす。薪は先に着いたキタさんと亀さんが集めてくれていた。
元ノジュカーズの阿含将軍としては、失敗は許されない。

P4220350
いい焚き火ができた。

P4220359

P4220361

宴会は大盛り上がり、大変楽しかった。
個人的には“もろこし姐さんとひー坊”ネタが一番よかったが、酔っ払いのみんなは憶えているだろうか。

P4220374
何回目かの乾杯。

P4220383
みほちゃんが誕生日ケーキを用意してくれていた。

P4220385
照れてるK口隊長がカワイイ。

P4220393
宴会は夜更けまで続いた。


P4230399
そして朝。

P4230403
私と隊長以外の熱心な会員達は早朝練習。
5時(!?)に起きてやってたらしい。いや~感心感心。

9時になり、例会開始。この日はレスキュー。

P4230409
講師はA阪さん。相変わらず要領の良い教え方。
なのだが、私のザル頭では…

P4230420
背負い懸垂。これは私にはほぼ無理…

P4230427
各自でやってみる。

P4230429
意外と(失礼!)手際が良かったF原さん。


昼過ぎ、人が墜落する事故があり、例会も中断。
救急隊が出動し、一時騒然となった。

P4230432
なんか一人紛れ込んでますが。


例会後はグラビティ。

P4230433
救急隊のヒトが?

寝不足でちょっとフラついていたけど、12aを2本、再RPできたので満足。
みゆさんは11b赤をRP、RPグレードを更新。
通い始めて1年で11b、いやぁ立派!

より以前の記事一覧