カテゴリー「 外岩③中国」の9件の記事

2017年3月22日 (水)

備中長屋坂 17年3/18~20

三連休で長屋坂へ行ってきた。約1年ぶり。
狙いは“女王様5.12b”。だったが、結果から言うと、8便出して登れずじまい。
いや、難しい。女性や小柄な人向きという噂は聞いていたけど。
とても窮屈で、他のホールドでのムーブをやってみるが、これがかなり強烈。
フレッシュならこなせるが、パンプした状態ではなかなか…

P3194129
I原センセにお手本をみせてもらうが、狭すぎて私にはムリ…


さて、今回大活躍だったのは谷やん。
初日に目標だった“スプリング5.11a”をMOSし、2日目に“ストライクバック5.11bc”、3日目に“いさみ足5.11bc”をRP。
3日間に3本のイレブン。これで彼も“正真正銘の”イレブンクライマーになりました。
ワンデイでイレブンが登れるようになったら、クライミングがますます楽しくなる。

P3184092
“スプリング5.11a”谷やん。

P3194132
“ストライクバック5.11bc”。ムーブ解読した後からが長かったな。

P3204169
ヨッシーは“Morisama5.12ab”と“いさみ足5.11bc”にトライ。

P3204158
“黒鳥の交差点5.11c”トライのI村ちゃん。

P3204172
見事RP!すごい!

ちなみに私のお土産は“猫だまし5.11c”のみ。
このルートは、1年前にMOSトライした際、見事にだまされ、ロングフォールした挙句、左踵を骨折したという因縁の(?)課題。
2便目でRP。思ってたよりてこずった。
谷やんのトライした“ストライクバック”、“いさみ足”も再RP。どちらも楽しかった。

1489997217415_2
“猫だまし5.11c”RP。


今回、目標だった女王様には登れなかった。けど、いい目標ができた。
自分に合わないムーブ、苦手な課題、というのは、確かにある。
が、それは自分を上達させてくれるルート、でもある。
逃げない。言い訳しない。そして必ず、登る。

P3204153
“女王様”、登らせてね、そのうち。

2016年10月31日 (月)

備中ニューエリア 16年10/29・30

はぁ、あまり気が乗らないが、こういう時こそちゃんと書いておこう。
K本ちゃんと二人、備中のニューエリアに行ってきた。
ニューエリアは初めての岩場。わくわくする。

6時半起床、8時前に岩場に着いた。

Pa291605

5.9でアップをし、“二度目の春5.11c”へ。
1便目、核心でフォール。ムーブを探ってトップアウト。
2便目も同じく。
3便目、さすがに核心もさほどキツくなくクリア。細かいホールドを繋げて終了点に届いた!…と思ったら5cm足りずにフォール。
アレ?よく見てみると、決めておいたフットホールドの下に似たようなホールドがあり、間違えていたようだ。自分の馬鹿さ加減が、本当に腹立たしい。

いつの間にか夕暮れ。
K本ちゃんは「自分のタイミングで」と言ってくれるものの、そんなにのんびりするわけにもいかない。
3便目からあまり間をおかずに4便目。
やっぱりヨレてて、登れず。

でもまあ、翌日もあるし、ええか。
ちなみにK本ちゃんは、色んな課題に触る、と言っていたが、二度目の春にドはまりし、結局私と“二度目の春”ばかりしていた。

Pa291609
“二度目の春”ドはまり中。

泊りはいつもの杉田さんのクライマーズくろどりへ。
ここで久しぶりにアキトくんと会った。元気そうでなにより。
カレーとUFOとお菓子で夕食。クライミングの話をして、9時頃には寝てしまった。

翌朝、寒さで目が覚める。山あいなので、かなり冷える。
6時起床、8時過ぎには岩場に着いた。
10bでアップ、早速“二度目の春”へ。

登り始めてすぐに違和感を感じる。いや、アップの時にも違和感があったが、1本目だからだろう、と思っていた。
核心のカチを取った時、完全におかしい、と感じた。
そのままフォール。
ハングドッグして核心ムーブをやってみるが、全然できない。カチが持てない。

(なんでだ?)
前日、あれほど“カチッ”とした感触があったのに。
なにか岩と指の間に隙間があるような。手袋をはめているような感覚。
手の指だけでなく、足も似たような感じ。
シューズの上から靴下をはいているような。乗っている感覚がない。

前日決めていたムーブが全くできず、K本ちゃんのムーブを試してみたが、これも全くダメ。
完全に気持ちが切れ、降りてきた。
続くK本ちゃんも、核心でフォール、ワンテンのまま、“二度目の春”は終了。
春は来なかった。

Pa301626
一体、どうしたのだろう?

昼からは気分を変えて、違う課題をやってみる。
私は“かぐら坂5.12a”をやってみる。
相変わらず、指先・足先のもさっと感は残ったまま。
かなり恐ろしい。ルートの半分、これから面白くなりそう、というところまで登って敗退。

K本ちゃんは“時間よ止まれ5.12a”。
こちらもコテンパン。途中敗退。

初のニューエリアは二人してコテンパンにされて終了。
悔しかったが、それでも楽しかった。
やはり、備中でのクライミングは面白い。

2016年5月30日 (月)

備中長屋坂 16年5/29

この日も、元祖奥の院に行く予定だった。
が、あいにくの雨。
小雨程度なら、と思っていたが、出発時には、結構しっかり降っていた。
で、予定を変更して、長屋坂に行くことにした。

P5298264
誰もいない長屋坂。初めて見た。

長屋坂は岩の傾斜のため、濡れていない。
そして誰もいない。
後で2人ペアが二組来ただけだった。

登り放題、どれにしよう。
前回、染み出しで登れなかった“猫だまし 5.11c”を片付けることにした。

P5298274_2 P5298279_2
K本ちゃんは“黒鳥の交差点”

さて、“猫だまし”。
1ピン目が、はるか上にあり、(ホンマに大丈夫かいな?)と恐るおそるスタート。
1ピン目はおろか、最終ピンまで順調に登り、(えらいカンタンやな?)と、逆に不安になる。
その不安は的中。見事に“だまされ”ました。
しかも、フォール時、かなり振られ、左足カカトを痛打。

墜ちた時、治りたての右足を庇う意識が強すぎて、モロに左足だけで衝撃を受けてしまった。

(また、やってしまった…?)

予感は的中。
左足、痛すぎて、歩くのもやっと。
あ~あ…

P5298288
“猫だまし 5.11c”


一晩経って、今日。
なんとか出社したものの、私の歩き方を見て上司が、「病院行け」と言ってくれた。
実は今週は結構ヒマな週で、人が余る。助かった…

病院へ行くと、案の定、2週間前の右足捻挫の件と勘違いされた。
「え?今度は左足?」
お医者も呆れ顔である。
診察の結果、ちょっとヒビがいってるかも?数週間安静にしてれば治ります、とのこと。
分かっていたが、また“日にち薬”か。

当分トレーニングもできんな…

2016年5月29日 (日)

“ステップダンス5.12a”RP 備中 元祖奥の院 16年5/28

長かった。
この5月はろくでもない1ヶ月間だった。

ことの始まりは、GW、会の合宿で行った備中からだった。
(参照↓)
http://cholio.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1642951-c40c.html

備中、元祖奥の院で、“ステップダンス5.12a”をRPし損ねて以来。
まず、左肘痛が悪化。雪彦山の“上昇気流”、大台ケ原の“サンダーボルト”のOSを逃し、さらに右足首捻挫。ジムでも登れなくなった。

捻挫から2週間。
医者の言ったことは本当だった。右足首は治った。
早速、ことの始まり“ステップダンス5.12a”を片付けに、備中へ。

今回はK本ちゃんと二人。
K本ちゃんは先日、念願の“女王様 5.12b”をRPし、私とは逆にモチベーションが高い。
朝6時に江坂待ち合わせ、10時前には元祖奥の院に到着。
岩場には我々の他に、愛媛から来たという数人のみで空いていた。
彼らは皆、気さくな方ばかりで楽しく過ごせた。
さらにこの日はずっと曇っていて暑くなく、過ごし易い気候だった。

まず“みちびき5.10c”でアップ。
K本ちゃんは元祖奥の院が初めて。
OS権があるので、先に登ってもらい、ヌンチャクを掛けてもらう。
次に私が登り、降りしなに隣のステップダンスにヌンチャク掛けをするが、半分しか掛けられず。

続いて、K本ちゃん、ステップダンスのOSトライ。
下部核心でテンション。まあ、そうなるか。

P5288224
ステップダンスにトライ中のK本ちゃん。

次は私の1便目。
(一発で決めてやる!)と意気込んでスタートしたが、上部核心でキーホールドを忘れていて、あえなくテンション。

2便目。
下部核心は、既に核心ではない。
テラスでレスト。
ヨレてないし、長居しても仕方ないので、すぐに上部核心へ突入。
1便目で確認した新しいムーブを使えば、すごく楽に登れる。
ジムの11cを登ってるみたい。
あんまりにもアッサリしてたので、終了点のホールドを取りに行く時に、ちょっと声を出してみたが、白々しいだけだった。

無事RP。白々しくても、やっぱり嬉しい。
それに胸のつかえが取れたようにスッキリした。

P5288226_2
“ステップダンス5.12a”無事RP!

降りてきて、K本ちゃんに「全然ヨレてないんちゃう?」と訊かれ、
「せやな、なんならもう一回登ったろか?」と応える。
やっぱりクライミングは“ムーブ”やな、と実感。

P5288234_2
K本ちゃん、ムーブ探り中。

続いてK本ちゃんもRP!
なんと4便、ワンデイ12!

P5288243
無事RP!

さて、スッキリしたところで、もう一つの宿題、“DONK(ダンク) 5.11a”へ。
この課題も前回1便出して、OSし損ねたルート。
また(一撃で終わらせる!)と息巻いてスタートするも、テンション。
ホンマ、つくづく記憶力ないな。
しっかり確認し、2便目でRP。

P5288257
K本ちゃんも、しっかりRP!2撃。

私はこの後、“チアキ 5.11a”をMOS、“蜉蝣(カゲロウ)5.11a”をOS。
久しぶりに溜まったウップンを晴らせた。

しかし。
後でK本ちゃんに言われた。「ステップダンス、宿題はアカンやろ」。
私はその言葉に、「お?ちょっと自分がワンデイで落とせたからって、えらい上からやな?」。
「いやいや、ちゃうちゃう、私が4便で落とせる位の課題は、チョリオさんなら3便、2便で落としとかんと」。とK本ちゃん。
(んん…今度はエラい持ち上げられたな…)

でも確かに、OSは難しいとしても、1便目で確認、2便目で確実に、が理想。
終わってみれば、の話になるが、ステップダンスでは、それが可能なルートだった。
ルートを読み、数あるホールドからどれを使うかを選ぶ目、それらを使って自分に合ったムーブを導き出す力。
ああ…圧倒的に足りんな。

P5288263
泊まりはいつもの杉田ハウス。

2016年5月 2日 (月)

備中・山岳会合宿 16年4/29~5/1

あー、悔しい。
クライミングでこんな思いをするのは久しぶりだ。
備中、元祖奥の院にある課題、“ステップダンス5.12a”が落とせなかった。

思えば最近、遠征に行っても“宿題”を持ち帰らなかった。
(これは登りたい!)という課題は落としている。
次に行った時には必ず登ってやる!みたいなのがなく、
モチベーションを上げる為に宿題の一つや二つはあった方がええかな、
なんて分不相応な、ヘタっぴのくせに贅沢な思いもあった。

そしてそんなんだから、望みどおり“宿題”が提出された。

4月29日の夕方、なべぞうさんと待ち合わせて備中用瀬キャンプ場へ。
29日から5月1日までの3日間、備中の岩場で山岳会の合宿なのだ。
私となべぞうさんは29日に用事があり、遅れての参加。
キャンプ場に到着すると、既に宴会が始まっていた。

P4296896
すでに呂律が回ってない方も…

P4306901
翌朝。

30日、新しく拓かれた岩場に別れて行くことに。
メンバーの大半は、西林ロックへ。
イサミン、たにやん、K代さんと私の4人は、元祖奥の院へ。

P4306913
まず五つ星ルート“みちびき5.10c”でアップ。

そして早速、“ステップダンス5.12a”へ。
しかし1便目は下部ハング越えのムーブを決めるのにてこずり、その上でさらにヨレて終了。
2便目は一応ムーブを固めたものの、なんとなく確率が悪い。
降りしなに、左から登っていたのを右から登るラインを見つける。

そして3便目。
ハング越えでまたてこずり、登って降りてを繰り返し、3回目でようやく越える。
上部もさっき見つけたラインで、なんとか高度を稼ぎ、終了点まであと一手…

フォール。

ガバからガバなのに、そのガバが保持できないほどヨレていた。
でも、次は登れる自信を持って降りる。

4便目、知らぬ間に結構時間が経っていて、3便目からあまり時間が取れずにヨレたまま。
上部のガバを取れずにフォール。

ああ…思えばあの3便目。
いつもの気合が出なかったなぁ。

他にも“コーナーワーク5.11b”と“DONK(ダンク)5.11a”を1便ずつ出したが、登れず。
なんともしまらないクライミングだった。

P4306920
“みちびき”を登るK代さん。左のルートが“ステップダンス”。

P4306957
たにやん。

キャンプ場へ戻り、今夜ももちろん、宴会。

P4306962
食担のK西さん。ご苦労サマ。

P4306968
今宵のメニューはチーズフォンデュ!

P4306986
大いに盛り上がりました。

翌、5月1日。
朝起きると左肘がモーレツに痛い。
最近違和感があって、伸ばしたり曲げたりした状態で力を入れると痛かったのが、昨日のクライミングで悪化したようだ。
イサミンと長屋坂に行く予定だったが、みんなとリバーパークへ“まったり”クライミング。

P5016996_2
10a課題を登るK村くん。

P5017006_2
たにやんは“レスケープ5.11b”をRP、グレード更新。
そういやオレも初11bはコレだった。

P5017004
N川さん。

せっかく来たので、前回登れなかった“せせらぎ5.12a”を。
…ん?簡単過ぎる…?限定があるかも?
あっさりRP。

確かに“宇宙一簡単な12a”という噂は聞いたことがある。
でも、なんで前回、このルートが登れなかったんやろ?と思う。

前回来たのは1年半前、2014年の10月。
ジムで11cが登れたり登れなかったり。
まあ、成長したんやろ、ということにしておこう。
あまり納得できんけど。

合宿最終日で12時で終了。
終わってみれば6本、“まったり”という割には誰よりも登ったな。

P5017022 P5017023
帰りに温泉に寄って解散。

あ、そうそう。
温泉でO村さん、「貴重品入れたロッカーの鍵がない!」と一騒動。

P5017026_2

腕にはめてました…

2016年4月11日 (月)

“99 5.11c”“いさみ足5.11b/c”RP 備中長屋坂(2日目) 16年4/10

寝不足だ。
先日朝早起きした上に、夜遅くまで起きていたのだから当然である。
酒を飲まない私はまだいい。けっこう飲んだらしいY村くんは、私の呼びかけにピクリとも反応がなかった。

P4106588
Y村くん。

寝不足はまだいいが、背中、右肩甲骨辺りに違和感がある。
2週間前、この長屋坂でぎっくり腰になり、今は治っているのだが、治った後に背中が痛くなることは、よくあることだ。
恐らく、腰をかばって無理をしたツケだと思う。
なんか、(いつでも「ピキッ」とイキまっせ)って感じだ。

ゆっくりストレッチして徐々に緩めていく。
のハズだったが、違和感からハッキリ痛みへと変わった。
(ひどくなっとるやんけ。どんなけ虚弱やねん)
己の身体の脆さを呪いつつ、イサミンに頼んでバンテリンを塗ってもらった。

(こらもう、長くもたんな)
短期決戦、1撃で昨日の宿題を終わらせねば。

早速、“99 5.11c”へ。
ちょっと忘れていたところもあったが、思惑通り1便目で落とせた。
通算4便目。

P4106595
(ふう、登れてよかった…)

P4106609
イサミン、“99”の核心。かなり無理があるな…

壁の右側を見に行く。
昨日だいぶ乾いていたのに、今日になってまた染み出して濡れている。
左の“猫だまし”は絶望的。右の“いさみ足”をやってみることにした。

“いさみ足5.11b/c”1便目。
最初の右手、ポケットが濡れている。
右足ホールドもズブ濡れ。
次の左手、瘤ホールドも濡れてて滑る。
ここで1ピン目クリップ。一安心。

濡れてる瘤ホールドのマッチが滑りそう。
左上する。ここからは乾いている。
ガバと目論んだホールドがガバでなく、どころか保持もできない。
ここで濡れたシューズを拭こうと考えていたのに。
なんとか違うホールドで耐えるが、濡れた右足がいつ滑るかと思ってしまう。
2ピン目を掛けて、早々にテンション。
その後テンションをかけながら、ムーブとホールドを確認して降りた。

“いさみ足”2便目。
相変わらず出だし濡れている。
濡れたシューズが気になりながらも、2ピン目。3ピン目。
この辺りの使えそうなホールドも濡れており、“限定”ルートみたいなってる。
4ピン目を掛けたところでようやく安定してシューズが拭けた。
最終5ピン目を掛け、最後の縦ポケット。
こいつも濡れているが、慎重に保持、大きく伸び上がって終了点。
無事RP。

P4106647
今回もお世話になった“ドラゴン”

P4106649

この後、“少年ジェット5.11d”を触ってみる。
1ピン目も掛けられず…
オレって、つくづくボルダー弱いな。

懐かしの“ストライクバック5.11b/c”も触ってみる。
再登できなかったが、楽しめた。
以前K本ちゃんと、しつこくトライしたのを思い出した。

P4106635
“99”を登るI村ちゃん。この前に“ストライクバック”をRP!おめでとう!

壁の左側は、夕方になってにわかに活気づいてきた。
高知から来たという、賑やかなチームが“パイナップルクライシス”にトライしていた。
(昨日オレがやった時には全然人気なかったのに…)
まず、元気な兄さんがRP、続いてお姉さんもRP。

こちらの“99”チームも負けてはおられない。
二日酔いでグダグダだったY村くんが、核心ムーブを改良し、見事RP!

P4106679
Y村くん、見事RPで朝の汚名返上。

イサミンも「もう一便出す!」と言い出し、ラスト便。
改良ムーブで無事核心を越えるも、最後の一手が取れずに無念のフォール…
惜しかった。
せめてもう少し早く改良ムーブがわかっていれば、と思うが、これもクライミングである。

今回は、2日間で11台を3本RP、目標の4本はダメだったけど、まずまず納得の結果。
背中はまだ痛いけど、ちょっと無理した甲斐があった。

“パイナップルクライシス5.11b”RP 備中長屋坂(1日目) 16年4/9

春の陽気の中、備中・長屋坂へ。
メンバーは秀さんとイサミン。現地でY村くん、I村ちゃん、K菅さん、K本ちゃんと合流。

今回の目標は、11台をなるべく多くRPすること。
具体的には、壁の左端、“パイナップルクライシス5.11b”“99 5.11c”、壁の右、“いさみ足5.11b/c”“猫だまし5.11c”。
これらを2日間で(全部RPしてやろう)と目論んでいた。

長屋坂に到着すると、K菅さん、K本ちゃんは既に着いており、K本ちゃんは“女王様12b”に取り付いていた。
一方のK菅さんの狙いは“吹屋の娘12c”だが、染み出しで核心がビショ濡れ…ご愁傷様です。


“ザグ”でアップを済ませ、どのルートからしようかと見て回る。
右側の2本は染み出しで濡れていたので、壁の左端、“パイナップルクライシス5.11b”からチャレンジ。

1便目OSチャレンジだが、3ピン目で早くもテンション。
この課題は左上して行くルートなのだが、地面も左上しているため、3ピン目を掛けてもグランドフォールしそうで怖い。
加えて、でかいフットホールドが濡れてて使えず、左への乗り込みが怖い。

P4096545
3~4ピン間。両足のちょうど間が濡れていて、左足を更に左に送らないといけない。

“パイナップルクライシス”2便目。
グランドフォールの恐怖と戦いながら、左上していく。
なんとか最終ピンをクリップ。
ここから終了点までは、けっこうランナウトしているが、ガバばかり。
なのだが、3手ほど進んでガバが見つけられず、慌ててクライムダウン。
もう一度、仕切りなおして、無事RP。

終了点から「誰かやりますか~?」の問いに、全員無言。
下から見ていても、けっこう怖そうだったみたいだ。

次は何しよう。
壁の右側を見に行くと、“いさみ足”がだいぶ乾いて登れそう。
これに決めた。

P4096566
後から到着、Y村くん、“99”。

P4096550
イサミンも“99”。

“いさみ足”に決めたが、Y村くんとイサミンが“99”を登ってみるのを見ていて、なんとなく触ってみたくなった。
Y村くんにムーブとホールドを教わりながら登ってみる。
(おもしろい)
次の便で落とせそうなので、こちらを先に片付けることにした。

“99”2便目。
落とす気満々で取り付いたが、下部でルートを間違え、核心に着く前に、早くもテンション…

“99”3便目。
何ヶ所かミスしたが、核心を抜け、最終クリップ。
しかし、最後のホールドを取り損ね、フォール。
悔しい…

最後のムーブだけ確認しておこうと、何度かやってみるができない。
(アレ?)
何度目かで、最後のホールドを取る前にクラックを中継に入れるのを思い出した。
こんな肝心なことを忘れているとは…そらフォールするわな…

降りてきて、ビレイヤーのイサミンに
「いつものチョリオさんなら、絶対墜ちなかったのに」
と言われ、
(確かに、明日がなく、この便が最後だったら、飛ばしてでも掴んでいたかも)
と思った。

P4096555

P4096562_2
秀さん、“ストライクバック”。

18時までクライミングを楽しんだ後、買出し、杉田ハウスへ。
宴会は盛り上がり、朝早かったにもかかわらず、ずいぶん遅くまで起きていた。

P4096581

P4096584
K菅さんの緊急ムーブ説明会開催。

~つづく~

2016年3月23日 (水)

“Morisama5.12a/b”RP 備中長屋坂 16年3/21

備中3日目。

長屋坂は、昨日ほどの混雑はなかった。
いい天気。暑くもなく寒くもない、春らしい気候。クライミング日和。
この日は、イサミン、K本ちゃん、アキトくんに、Y村くん、I村さんと私の6人。
山岳会の人達は、昨日に引き続きリバーパークへ行った模様。

“ザグ”でアップ後、“Morisama”1便目。
下部核心を抜け、レスト後、上部核心でフォール。
やはり確率が悪い。

ちょっとまた探っているうちに、突然閃いた。
試してみると、
(イケる!)
少し、光が見えた。

核心後のガバ地帯。
前日までは右が濡れていたので、左側を登っていたのに、この日は左が染み出していた。
(なんでやねん)
試しに足を乗せてみると、ツルツル滑る。とても登れたものではない。
右側を登るルートで、ホールドに目星を付け、降りてきた。

P3216312_2
長屋坂、快晴。

2便目。
上部核心はさっき思いついたムーブでクリア。
あまりヨレてなかったので、“イケる!”と思ったが、最終ピン手前で迷ってるうちにパンプしきってフォール。
昨日と今日とでは、ルートが変わっていているので、焦ると混乱してしまった。
直上するのに、左に見覚えのあるホールドがあり、それを取りに行ってしまったのである。(昨日まではそのホールドを使っていた)
あー、悔しい。惜しかった!

P3216316
Y村くんも“Morisama”

3便目。
間違いさえしなければ、RPできそう。
そんな想いがあった。
たぶん、緊張していたと思う。
ロープを結びながら、靴を履きながら、意識して深呼吸ばかりしていた。

ビレイヤーのK本ちゃんが、
「アカンかっても、あと2便出せるよ」
と声を掛けてくれた。
(それもそやな)
すごく気が楽になった。
安全確認の後、
「核心後のレスト、5分でも10分でも遠慮なく」
という言葉に笑って応えたつもりだったが、笑顔になっていたかどうか。

さて。
いい天気。
緊張してるけど、それも含めて、楽しもう。

最初の核心。
難なく超える。
もう、あまり“核心”ではなくなってきた。

ガバを掴んで、次の核心前で大レスト。
チョークにまみれたガバを両手で持って、腕を伸ばし、腰を沈める。

「ぐき」
(あ)
しまった。ぎっくり腰だ。

実は、朝から腰に違和感があった。
が、まさかここでくるとは。

ここで頭をよぎったことは、
(この便で落とさないとRPはない)
ということだった。
降りようとは、全然考えなかった。

上部核心。
右足ハイステップ後、右手縦カチ。
止まった。クリップ。

3手ガバで繋ぎ、クリップ。
腰はなんとなくフワフワして頼りない感じだが、痛みはない。
それよりパンプしないうちに登らんと。

覚えたての手順でどんどん高度を稼ぐ。
ホールドはいいけど、どんどんヨレてくる。
さっき左に行こうとして間違えた箇所。
思い切り伸び上がって、直上、ガバを掴む。クリップ。最終ピンだ。

息が上がる。喉がカラカラ。
左の遠いカチ。
左手で保持、右手を寄せてマッチ。
体重移動。
体が言うことをきかない。
声を出して気合を入れるが、喉が渇いて出たのかどうか。

さらに左へ体重移動。
マッチした右手が外れそう。
体が剥がれる前に、なんとか左手で次のホールドを掴んだ。

そこからすぐ上が終了点。
ロープを掛けた途端、嬉しさが込み上げてきた。
「おっしゃぁー!」
声を上げた。

大声を出したつもりだが、本当に出ていたのか。
声が出ない。
荒い息を吐き、唾を二、三度飲み込んで、喉を潤した。
下に向かって「テンション!」と声を掛けるのに、たっぷり10秒以上かかった。
「他に誰か登りますか?」と訊くのに、さらに時間がかかった。

“Morisama”のトライは、今までで最高のクライミングだった。
全てを出し切った。
腕はパンパンにパンプし、指は震えて伸ばすことも握ることもできなくなっていた。
喉は渇き過ぎて、熱い呼吸をする度、ひりひりした。

下に降りると、みんな祝福してくれた。
ありがたい気持ちでいっぱいだったが、私は立つのも覚束なかった。
ロープを解き、ハーネスを外す。言うことをきかない指がもどかしい。
いつも持ち歩いている腰痛用の塗り薬とシップを、アキトくんに頼んで貼ってもらった。
I村さんは、飲み薬をくれた。コルセットを絞め、これで万全。
のはずだったが、時間とともに、痛みはどんどんひどくなっていった。

ぎっくり腰とは長い付き合いである。
なった場合の対処法も心得ている。
薬を塗って、コルセットを絞めて、なるべく動かさないこと。
なのだが、なにしろ今回は、なった直後に激しい運動をしてしまっている。
通常なら、痛くて動けないのだろうが、恐らくまた、脳内麻薬が出まくっていたのであろう。
登っている最中、痛みは全然感じなかった。
ああ、かなり傷めてしまったようだ。
RPは嬉しいが、高い代償を支払うことになった。

この後、クライミングはもちろん、ビレイもできなくなった。
それどころか、歩くのもやっとだった。
よぼよぼ歩いていると、人とすれ違う度「大丈夫ですか?」と声を掛けられた。

P3216340_2
イサミン“女王様”。全然アカン感じ。

P3216338
それを、あーだこーだ言う二人。

P3216412_3
K本ちゃん“女王様”。だいぶ精度が上がってきた。もうひとふんばり。

RP後、私は当にフヌケだった。
ぽかぽか陽気の中、ボーっと他の人のクライミングを眺めて過ごした。

山岳会の人達のクライミングが終わったらしく、A坂さんとN澤さんが長屋坂へやってきた。
他の人は帰ったらしい。
二人ともクライミングはしないらしく、見学者が3人に増えた。

夕方、アキトくんの“ストライクバック11b/c”ラストトライ。

P3216366_2

P3216379
見事RP!
さすがに地力がある。強いわ。

クライミングを終え、みんなで夕食。後、解散。
私はA坂さんの車に乗せてもらった。
普段なら運転するが、今回は後部座席を占領して横にならせてもらった。
そればかりか、A坂さん、遠回りして自宅まで送って下さった。
これには心底、助かった。ありがとうございました。

翌日。仕事。
クソ重い機械やボンベを持って、小学校の階段を、5階まで4往復。
気が遠くなりかけたが、“Morisama”のしんどさを思い出したら頑張れた。

P3216443
“Morisama”のメモ。黒字は去年10月に書いたもの。
赤字は今回修正した部分。ほとんど変わっている。

P3226446
払った代償はデカい…

2016年3月22日 (火)

備中長屋坂 16年3/19・20

3連休、備中にクライミングに行ってきた。
今回の狙いは、長屋坂の“Morisama 5.12a/b”。
実は前回、去年の10月に初めてトライし、いい感触を掴んだまま、宿題になっていた。

初日の19日、イサミン、K本ちゃん、S橋さん、アキトくんと備中へ。
当初、到着が昼過ぎになるので、この日は羽山エリアをちょこっとだけ触ってみる、という予定だった。
しかし羽山は、前日の雨でビショ濡れ…到底登れたものではなかった。

予定を変更し、長屋坂へ。
到着した時は、すでに15時頃だった。

“ザグ5.9”でアップ、だが、これも濡れており、いきなりテンション。
次に目的の“Morisama”に取り付く。
ちょうどトライ中の若者2人がいて、快くヌンチャクを貸してくれた。

実は前回来た時に、ホールドやムーブをメモしておいた。
とりあえず、そのムーブの確認。

(アレ?)
全然できない。
2つある核心の1つ目。
何度かホールドを探ったり、ムーブを起こしたりするが、できない。

できないまま、2つ目の核心へ。
こちらもできない。
つーか、自分で書いたメモが解読できない。

前回掴んだ好感触は消え、ちょっと心が暗くなった。
(まあ、明日から2日間、ゆっくりやるか)
この日のクライミングはこれで終了。

みんなでスーパーへ買出しに行き、宿へ戻った。
今回の宿は、新しい杉田ハウス、“クライマーズハウスくろどり”である。
初めて泊まったが、とても良かった。

さて、夜は鍋&宴会!
私は酒は呑まないが、宴会は大好きである。

P3196264

P3196262_2

P3196270
めちゃ楽しかった。寝たのは0時頃。

翌、20日。備中2日目。
9時頃長屋坂に着くと、すでに岩場は人でいっぱいだった。
我々の後からも、どんどん人が増える。
しかも、落石や染み出しで登れないルートも多く、一本のルートに人が集中した。

後から来たY村くん・I村さんと、イサミン、S橋さん、アキトくんは長屋坂を諦め、他のエリアへ行ってしまった。
残ったのは、“女王様5.12b”狙いのK本ちゃんと、私だけ。

P3206274
混雑の長屋坂。

昨日の若者2人も来ており、ヌンチャクを借りて早速“Morisama”トライ。
下部核心がやはりできない。
いろいろ試している時に、下からI原先生がヒントを授けてくれた。
やってみると、格段に確率が上がった。
I原先生、ありがとうございます!

P3206275
K本ちゃんとI原先生。
I原先生は私が四苦八苦している“Morisama”を、いとも軽がる登っておられた。
すごい!当に「老いて益々盛ん」!

上部核心も、前回のムーブができないので、最初からあれこれ試してみる。
結果、新たなホールドを使ったり、前回使っていたホールドを使わなくなったり。
だいたい固めて、その上へ。

上部核心の上はいいホールドも多く、そこだけだったら10台後半か、せいぜい11aくらい。
だが、上手くセーブした登りでないと、私はもたない。
右側が染み出しで濡れており、左側を登るルートで、だいたい目星をつけた。

この日、あと2便、計3便出したが、結局登れなかった。
上部核心の確率が悪い。
それと、核心後も、できるだけホールドを覚えておかないと。

一緒にトライしていた若者の一人は早々にRPを決め、夕方、もう一人の若者の最終トライ。
彼はケアレスミスを連発していたし、ムーブも固まっていない様子だったので、内心登れないだろうな、と思っていた。
むりやり、ガシガシ登っていく姿は、ハッキリ言って不恰好だった。
が、根性剥き出しのその姿に、私は感動を覚えた。
すごい登りだった。
彼は完登した。
降りてきた彼は、疲れ果てていたが、私の「おめでとう」の言葉に、最高の笑顔で返してくれた。

長屋坂を後にし、K本ちゃんと私が宿に戻ると、ほどなく山岳会の仲間達が買出しから帰ってきた。
彼らは20日からの参加で、この日はリバーパークエリアに行ってきたらしい。
メンバーはmayumiさん、A坂さん、N澤さん、O村さん、たにやん。

イサミン達も戻ってきて、総勢11人!(S橋さんは帰宅)
イサミン達はレイクビューエリアに行ってきたらしく、
アキトくんが「全員RPしてきましたよ!RP祭りですわ!」
と報告してくれた。

P3206277

P3206284

P3206285
この夜も、もちろん宴会。