カテゴリー「登山」の66件の記事

2011年6月16日 (木)

バリゴヤの頭 2011年6月4日

バリゴヤの頭。
なんとも気になる名前である。
その奇妙な山名は以前から知っていたし、いつか登ってみたいとも思っていた。

だからChikaさんよりお誘いがあった時には、即、「行きます!」と返事。
メンバーは、ひいちゃん、Shigeoさん、Chikaさん、I坂さん、K坂さん、H本くん、チョリオの7人である。
今回のルートはちょっと難しいらしいが、K坂さんは以前一度行ったことがあるらしいし、
H本くんは途中敗退ながらも、過去二度、単独で挑戦したことがあるらしい。
まあ、なんとかなるでしょう、では出発!

前夜、母子堂の駐車場で集合し、レンゲ谷登山口へ移動、そこで車中泊。
4時に起床、4時40分出発。

Imgp2464110604
汗をふきふき、登ります。

谷沿いの登山道は緑が美しく、歩いていて心地よい。
ただ、残念ながら、まだ薄暗くて写真を撮ってもブレてしまう。

Imgp2459110604
風景だったらブレないんやけど・・・

Imgp2465110604
緑に見入る(?)K坂さん。

Imgp2675110604
エンレイソウ。

Imgp2476110604

Imgp2484110604
6時、女人結界のあるレンゲ辻に到着。

Imgp2492110604
稜線まで登ってようやく日が差してきた。

レンゲ辻から念仏山をトラバースして稲村小屋へ向かう。
ここはこないだ冬に通った所だ。(興味のある方はどうぞ↓↓)
http://cholio.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/201120-058f.html
もちろん、今は雪がないので難なく歩ける。6時50分、稲村小屋到着。

Imgp2505110604
もちろん大休止。

Imgp2500110604
Shigeoさん「おい、それオレにもくれ」(想像)Chikaさん「・・・イヤ」(想像)

休憩の間、私はちょっと失礼して写真を撮りに・・・

Imgp2513110604

Imgp2510110604

Imgp2514110604

十分休んで出発。

Imgp2532110604
「あ、シャクナゲ!」「きれいに咲いてる!」みんな写真撮りまくり。

Imgp2522110604
もちろん、私も。

Imgp2535110604
イワカガミも咲いていました。

Imgp2543110604
オオミネコザクラも見つけた。

Imgp2548110604
ミヤマカタバミ。
Shigeoさんがこの花を見て「可憐やな…」とつぶやいた。
普段花には目を向けない人なので、すごく印象的だった。

Imgp2554110604
キノコ発見。栗の味がしそう。いや、食べへんけど。

Imgp2556110604
バリゴヤへの分岐。ShigeoさんとH本くんの“師弟コンビ”

Imgp2557110604
8時、いよいよバリゴヤへ。先頭はK坂さん。

尾根はシャクナゲが咲き乱れていた。
“シャクナゲ・フェスティバル”
まさに祭りのような咲きっぷりである。
しかし歩きにくいことこの上ない。花も半時間もしないうちに飽きた。
薄暗い、歩きにくい尾根を進むと、急に明るく開けた場所に出た。

Imgp2562110604
シャクナゲの洗礼を受ける。

Imgp2565110604

Imgp2573110604
木を越えて・・・

Imgp2576110604
またシャクナゲ・・・

Imgp2584110604
ようやく歩きやすい所に出た。

Imgp2589110604
Chikaさん、よほどうれしい様子。

「ここで一息入れましょう」
もちろん、気持ちはみんな同じである。
私はGPSを出してどこまで歩いたかを確認してみた。

・・・アレ?

周りでも「おかしいな…」「間違ってる?」という声が聞こえる。
「あの、ココはどこですか?」訊いてみた。考えてみるとかなり恥ずかしい質問である。

我々は尾根を間違えて歩いていたのである。
しかも90度、直角に!

ここまで誰もコンパスを見ず、疑うことなく歩いてしまった。
なんてこった・・・

Imgp2593110604
なんかおかしい思ったんや、とK坂さん。聞けば前回バリゴヤへ行ったのは15年前とのこと。そら忘れるわ…

Imgp2590110604
迷い込んだ所は緑のきれいな場所だった。

Imgp2595110604
この景色を見られたから良しとするか…

Imgp2602110604
9時出発、再び“シャクナゲ・フェスティバル”を通る。
しばらく写真なし。歩くことに専念する。

Imgp2604110604
9時40分、スタート地点へ戻ってきた。

ところで、とH本くんに質問した。
「バリゴヤに向かって2回歩いたんやろ?間違ってるのに気付かんかったん?」
「ええ、ボク、2回ともこの尾根歩いてました」
「・・・そ、そうなんか・・・」
彼がすごい根性の持ち主でなくてよかったと思う。
もしそうなら、おそらく彼はえらい所に導かれていたであろう。

Imgp2610110604
稲村ヶ岳山頂で話し合い。
時間もまだあるので、バリゴヤを目指すことに。
ただし、13時までに登頂できなければ引き返すことにする。

10時、再出発。今度は慎重に歩き出す。
道にはテープもあり、けっこうしっかりとした踏み跡もあった。

Getthumbforlist01
難所にはロープもあった。(Chikaさん撮影)

Imgp2613110604

Imgp2612110604
しかしやっぱりここも“シャクナゲ・フェスティバル”

Imgp2619110604
先程の尾根と比べると断然歩きやすい。

Imgp2620110604
鞍部のドンブリ辻で昼食。金欠のため、またも手作り弁当。ケチャップ味で統一。

Imgp2621110604
「コレ、飲んでください!」H本くんのザックからポンジュースが出てきた時には本当に驚いた。

Imgp2625110604
稲村ヶ岳を振り返る。

Imgp2628110604

Imgp2636110604
今こそ岩トレの成果を見せる時!パートナーを見守るChikaさんの表情がいつになく真剣だ(左下)

Imgp2639110604
疲れました…

Imgp2637110604
シャクナゲ〜

Imgp2641110604

Imgp2647110604
シャクナゲ〜

Imgp2649110604
ようやく到着しました!12時48分。

Getthumbforlist3
(ひいちゃん撮影)

バリゴヤの頭には二人連れの先客がいた。
「まさかここで人に会うとは思いませんでした」
とのことだったが、それはこちらも同じ。
記念撮影のシャッターを押してもらった。
頂上にはやたら標識が立ててあるくらいで展望もなし。
それでもシャクナゲを漕ぎながら苦労してやって来れたのだから気分はよかった。

Imgp2652110604
バリゴヤの頭にて。

12時56分、出発。
目指す稲村ヶ岳の方がバリゴヤよりも高いのだから、帰りの方が登りが多くなる。
私は頂上に着いたら、なんだか力が抜けてしまい、下山(登りだが)はヘロヘロだった。
そんなわけで写真もなし。
15時34分稲村ヶ岳。16時7分稲村小屋。

Imgp2666110604
大日岳。

Imgp2670110604
稲村小屋で待ちくたびれるK坂さんとShigeoさん。
今回この二人は非常に元気だった。

17時5分レンゲ辻。17時56分登山口。

Imgp2678110604
帰ってきた〜。づがれだ〜。

なんとかヘッドライトを使わないで、明るいうちに戻って来られた。
今回の反省点は何といっても、あの尾根間違い。
いや、反省すべきは間違えたことではなく、他人まかせになっていたこと。
でもその後、諦めずにみんなで力を合わせてバリゴヤの頭まで行けたことはすごく良かった。
今回の山行で一層、皆の絆が深まったと思う。

これからはシャクナゲを見るたびに、この山行を思い出しそう。
もう当分、シャクナゲは見たくないッス・・・

2011年5月26日 (木)

大杉谷 2011年5月15日

チョリオさん、大杉谷へ行きましょう、nakamura君に誘われた。
え?大杉谷?大台の?あそこ通行禁止ちがうの?と訊くと、大丈夫!とのこと。

nakamura君が警察に連絡やらなんやら、いろいろ面倒なことをやってくれた。
話しは通しておきましたと言うので、じゃ早速行ってみよう!

今回のメンバーは、nakamura君にうっちぃさんと私チョリオの3人。
20時に集合して大台ヶ原駐車場到着が23時。準備を済ませて23時17分、出発。

Imgp2116110515

Imgp2119110515
ヘッデンを点けて日出ヶ岳を目指す。
当初、駐車場で車中泊すれば?と私が提案していたのだが、
それなら静かな日出ヶ岳でテン泊しましょう!とnakamura君が言うので、そうすることにした。

ちなみにnakamura君はまたも助手席で宴会状態で、到着した時にはヘベレケになっていた。
「ナメてました…」と言っていたように、歩きやすい遊歩道でさえ、ふらふらしながら歩いていた。
時折ヘッデンを消してみる。快晴で満天の星空だ。
あいにく月が明るいので、すごい星空というわけではないけど、
月明かりだけの夜間ハイクも悪くなかった。

0時日出ヶ岳到着、展望台の中にはすでに2名の先客がいた。
すんません、と挨拶をして横にテントを張らせてもらう。(ほんまはアカン)
テントに入って人心地ついたところで、本宴会。

Imgp2132

翌朝は4時起床。私は準備を済ませて展望台の上へ。日の出を待つ。
するとすごい団体さんがやってきて、展望台はあっという間に人だらけ。
賑やかなのには閉口したが、結構イイ感じの日の出だったんで満足。

437428b
日出ヶ岳より日の出。

437420
山並みを見る。

Dscn3248b_2
私の撮影風景。うっちぃさん撮影。

Imgp2148110515
朝の撮影を終え、5時34分、出発。

Imgp2154110515
いい天気!にごきげんなうっちぃさん。

Imgp2155110515
少し下った所でテントやマット、寝袋などをデポ。

Imgp2163110515
バイケイソウのいっぱい生えている素敵なところがあった。

6時23分、シャクナゲ平。
シャクナゲ坂というのもあったが、ずっとシャクナゲだらけでどこだったのかは不明。

Imgp2166110515
すごいシャクナゲの群落だった。満開の時期に訪れてみたい。
ちなみに今回はいつもの登山と違って、最初に下って、帰りは登り返す。
どんどん下りながら、(帰りはコレ登るんか…)と思うと少々ゲンナリした。

7時31分、堂倉避難小屋着。
ここまで下ってくると、シャクナゲが咲いていた。せっかくなので大休止。

437417

Imgp2187

7時53分、出発。すぐに林道に出る。
新緑が青い空に映え、美しい。
今回は渓谷美も素晴らしかったが、新緑もすごく綺麗だった。

Imgp2214

Imgp2215

Imgp2218

林道を少し行くと、立ち入り禁止のゲートが。
横に回って進入。さあ、ここから荒れ道だ、と思っていたが、
意に反して登山道はまだしっかりしており、歩きやすい。

Imgp2220
シャクナゲ見納め。

Imgp2227

Imgp2231

Imgp2235b

Imgp2240110515
堂倉滝到着。8時40分。
その堂々とした姿にみんな嬉しくなり、なぜかハイタッチ。

437521b
堂倉滝。(ちなみに帰りに写したもの。)

437519b

Imgp2244110515
記念撮影も撮りました。

Imgp2238
堂倉滝の背後の新緑も見事だった。

Imgp2248110515
ちょっとひん曲がった吊り橋を渡る。ここから川沿いの道を歩く。

437407b
絶対入ってるって。バスクリン。

Imgp2255110515b
緑に染まってしまいそうなくらい、鮮やかな新緑だった。

Imgp2268110515
またすぐ吊り橋。

Imgp2264
吊り橋の上から撮影。

Imgp2269110515b
難所っぽいところも押さえておく。(実際はラクショー)

437523b
すばらしい…!

437406b
渓谷美!

Imgp2277b
新緑!

Imgp2280110515
隠滝。9時41分。

Imgp2285110515

Imgp2295b
イワカガミ。

437526b
光滝。10時9分。

437535b

Imgp2312110515_2

Imgp2311110515_2

Imgp2313110515_2
沢に下り、裸足で渡渉。冷た過ぎて痛い…

Imgp2316110515_2
続いてうっちぃさん。ガンバレ!

Imgp2317110515_2
渡渉には成功したものの、河原に置いた靴が転がって川へドボン…

Imgp2318110515_2
いよいよ大崩落箇所へ。

Dscn3317b_2
真ん中にいるのが私。うっちぃさん撮影。

Imgp2321110515_2
ちょいと登ってみる。上から撮影。

Imgp2322110515_2

Imgp2327110515_2
うっちぃさんと。

437533_2

今回の目玉だった、光滝の大崩落箇所。
凄まじかった。家くらいのサイズの岩がゴロゴロ。
あまりに異質な光景だった。
当初、この先の七ツ釜滝まで行ってみようと言っていたが、
ルートも分かりにくいし、ここから引き返すことに。

Imgp2334110515
再び渡渉して…

Imgp2335110515
気持ちのいい河原で昼食。

Imgp2336110515
昼食後はのんびり過ごす。

437534b
カッパが棲んでそうなくらいに綺麗な水。

Dscn3326b
おった。カッパや! うっちぃさん撮影。

Imgp2338110515_2
nakamura君がカッパ化している間、私は手頃な岩でクライミングしてた。

Imgp2339110515
ぼつぼつ行くか。12時41分。ここで2時間も遊んでいた。

Imgp2342110515

Imgp2344110515
センチコガネ。美しいがウンコを食べる糞虫。

14時50分、粟谷小屋近くの水場で休憩。
ここからはいよいよキツイ登り返し。

437517b

Dscn3335b
うっちぃさん撮影。

437516b

Imgp2352110515
一部ダイトレ風なところも。

Imgp2355110515
ごついヒメシャラの木。

Imgp2363110515
うっちぃさんに先頭で歩いてもらうと、ついていくのがしんどい…

シャクナゲだらけの道をひたすら登り、シャクナゲ平に16時13分着。もうひとふんばり。

Imgp2365110515
向こうに目指す日出ヶ岳が見える。

437514b

Imgp2366110515
バイケイソウゾーン。

Imgp2373110515
帰ってきた〜!17時11分。

Dscn3336b
日出ヶ岳三角点で記念撮影!

男二人が展望台でへばっていると、うっちぃさんが、
「あっちまで行ってきてもいい?」と正木峠を指さして言う。
「別にええですけど…なんで?」
「せっかくなんで、向こうの景色も見てみたい!」とのこと。
遅くならないように走ってきます!と行ってしまった。
なんとも元気な…
ちなみにうっちぃさんは、近畿で山登りをしている人にしては珍しく、大台ヶ原は今回が初めてとのことでした。

437513b
気持ちのいい昼下がり。

437512b
向こうに大峰山脈。

437510b

Imgp2377110515
駐車場に帰ってきた。18時20分。

ところで、帰りの写真が少ないのは、デジカメの予備バッテリーを忘れたため。あしからず。

437501b
夕焼け。ドライブウェイ途中から。

2011年5月18日 (水)

弥山川遡行 2011年5月7日

気になるヤツと出会った。
nakamura君である。
はっきり言って、ハンドルネームになっていない。

風貌は、第一の義弟、ユンオとなんとなく似ている。
性格は、第二の義弟、サクライとなんとなく似ている。
名前は、第三の義弟、…とおんなじだ。

ちょっとコイツと二人で山に行ってみたいと思った。
のだが、なかなか日程が合わず、先送りになり、ちょうど山岳会の合宿の翌々日になってしまった。
行き先は大峰、弥山川の遡行。過去4度、行ったことのあるコースだが、結構しんどい。
しかも今回は初めての日帰りコースである。
「せっかくチョリオさんと二人やし、少しハードな弥山川にしましょ!」
という彼の案に安易に乗ってしまったことが、少し悔やまれた。

まあ悔やんでいても仕方ない。
合宿でくたびれた体で翌日仕事をし、その夜、出発。
「nakamura君、言うとくけど、オレ、疲れてるから」
と最初にジャブを打ち、運転開始。彼は助手席で勝手に宴会を開いていた。

Imgp1677110507
そして夜中、熊渡に着いてから、本格的に宴会。

2時頃?車の中で寝て、5時半起き。6時19分、熊渡出発。

Imgp1682b
出発の図。

Imgp1692
マムシグサ。

6時53分、林道終点。
「すんません、チョリオさん、紙忘れてきました…持ってます?」
「そら持ってるけど。ほれ」
nakamura君、早くも最初のキジ打ちへ。

Imgp1708
その間に私は花の撮影。

Imgp1714

石がゴロゴロの白川八丁に出た。この辺りは伏流になっている。
ちょうど新緑が見頃だった。

Imgp1716

Imgp1718
ヤマザクラも。

Imgp1722b
大きなカツラの木。

Imgp1728110507
白川八丁を歩くnakamura君。まだ肌寒いというのに半ズボンだ。

Imgp1731
7時30分、釜滝。水量はかなり少ないみたい。

Imgp1739b
山に入ると、いきなり花のオンパレード。

Imgp1742
少し進んでは撮影。

Imgp1746
その度にnakamura君に待ってもらう。

Imgp1749
それにしても、花の名前、全然覚えてへん…

Imgp1750110507
橋を渡り…

Imgp1753110507
鎖を伝って進む。

Imgp1769
苔のきれいな所に出た。

Imgp1781110507
nakamura君も見とれる。

Imgp1784
スミレ。いっぱい咲いていた。

Imgp1809110507
へつり。

Imgp1818110507
一ノ滝に到着。9時。

Imgp1819

Imgp1854
ホワイトバランスを変えて撮影。

半時間ほど休憩して、9時25分、出発。

Imgp1888110507
ギンリョウソウ。

Imgp1907110507
ハシゴ連発。

Imgp1911110507
どんどん登る。

Imgp1913110507

Imgp1923
仙人グラ前のテラスに到着。10時30分。

Imgp1925110507
双門滝と記念撮影、失敗。新しいカメラはまだ不慣れ…

また半時間休憩、11時出発。

Imgp1940
ショウジョウバカマ。

Imgp1942110507
急登を登りきると、視界が開ける所に出る。11時22分。またまた休憩。

Imgp1943110507_2
金剛山・葛城山が見える。11時44分出発。

Imgp1949110507
またしばらく鎖とハシゴの連発。今度は下り。

Imgp1961110507

Imgp1970

川まで下りきり、12時42分、河原小屋に到着。
もちろん休憩、昼食を摂る。
河原小屋ノートというのがあり、見てみると、前回来た時に私が書いたのが残っていた。

Imgp1973110507
書いたのは全然覚えてない。

Imgp1977
nakamura君は何度目かのキジ打ちへ…

Imgp1983
私は花撮りへ…

Imgp1984110507
さあ、ぼちぼち行こや…

Imgp1985110507
はい。13時48分出発。

Imgp1990110507

Imgp1996

Imgp2001110507

Imgp2007

Imgp2018
水キレイ…

Imgp2028

Imgp2037110507
マンサクがまだ咲いていた。

Imgp2040110507
フキノトウも。この辺はまだ春先のようだ。

Imgp2042110507
雪も残っている。

Imgp2044110507

Imgp2050110507
見覚えのある鉄ハシゴ。

Imgp2059b
オオミネコザクラ発見!

Imgp2062110507
しかしよりによってこんなところに咲かなくても…撮影はちょっと怖かった。

Imgp2064110507
その空中回廊(というのだっけ?)で遊ぶnakamura君。

Imgp2072110507
渡渉も何度かあった。

Imgp2075110507
吊り橋を渡ると…

Imgp2079110507_2
今回の目的地、狼平に到着!15時34分。

冗談で「ほんだら弥山登ろか」と言うと
「ええ〜いいですよ〜」と答えやがった。
いや、冗談やし。明日もムスコと遊びに行かなあかんし。また今度な。
15時56分出発。

高崎横手出合まで登り、頂仙岳を巻いてナベの耳、
ナメリ坂を下りて行ってカナビキ尾根を下りる。実はここを通るのは初めて。

Imgp2087
頂仙岳の巻き道から西方。

Imgp2092110507
カナビキ尾根道は目印がいっぱいあって分かり易い。でもあまり尾根っぽくなかった。

最後に長いつづら折れを下って金引橋に18時34分。
ここからは林道、ぎりぎりヘッドライトの世話にはならなかった。

Imgp2108
19時12分、熊渡に帰ってきた。

彼とは一日でずいぶんたくさん話しをした。楽しい一日だった。
いつの間にか彼は私のことを“兄さん”と呼んでいるし、どうやらまた一人、義弟が増えたようだ。

Imgp2113110507
反省会付き。どんだけ飲んでるねん。

2011年5月14日 (土)

唐松岳〜五竜岳 2011年5月3日〜5日(3)

121729b

五竜アタックを終え、テントに戻って夕食。
アルファ米の赤飯とみそ汁くらいの献立だが、いつもお菓子ばっかり食っている私にとっては大ご馳走である。
外に出てみると、夕陽がきれいだった。何枚か写真を撮り、少しまた小宴会の後、就寝。
この日は珍しく、一度も目が覚めることなく、朝まで眠れた。

121734b

合宿3日目。快晴。
きれいな雲海が出ていたので、トイレのついでに少し写真を撮る。

121605b

Getthumbforlist43
テン場の朝。(Chikaさん撮影)

Getthumbforlist24
テント撤収。(ひいちゃん撮影)

121608b
朝の五竜岳。

本当にいい天気だった。はっきりと五竜岳が見える。
五竜を眺めながら「今登ったら、最高やろなあ」とふるぽんと言い合う。
「今から登ってきたら?30分で」
彼は昨日体調が悪く、アタックを断念していた。
しかし、彼ならきっといつでも登れるだろう。私と違って天気運もいいらしいし。

R103245411050305
テント撤収後も、名残を惜しんでしばらく写真を取り合ったりしていた。

R103245811050305

121609b

Getthumbforlist46
Shigeoさん、駱駝さんと。

R103246211050305
mayumiさんと。

Getthumbforlist26
ひいちゃんと。

Getthumbforlist48
五竜岳をバックに記念撮影。

R103246411050305
名残惜しいけど、出発。6時27分。

R1032469
尾根ではなく、トラバースルートを選択。

R103247811050305

Getthumbforlist49

R103248211050305
あ。
っという間に約一名、滑り落ちてしまいました…(もちろん、大丈夫です)
それを間近で見ていたY崎さん、ずいぶんビビってしまったようで…
M田コーチより実践マンツーマン指導を受けておられました。

R1032513b
ふるぽん。

R103251711050305

R1032526

R103254011050305
トラバースが終わり、尾根へ。雪のひび割れがなんか嫌な感じやな…

R1032547
先行するうさぎチーム。まあ、こっちは亀なんで、のんびり行きましょう。

R103255311050305

R103256411050305

121613b
頸城山塊。

R1032574

R103259811050305
8時3分、大遠見山にて休憩。

121615b
五竜岳を振り返る。

Getthumbforlist15
ええ景色です。(A坂さん撮影)

R103263311050305
9時10分、中遠見山でうさぎチームに追いつく。「チョリオくん、待ちくたびれたでぇ」

121621b
鹿島槍ヶ岳。

121622b_2

R1032654b

R1032678
ずいぶん下りてきました。

R1032705
ここまで下りてくると、五竜の「武田菱」もはっきり分かる。

11時にスキー場に到着。アルプス平まで歩き、
ゴンドラの駅で半時間ほどくつろいで、テレキャビンで下界へ下りた。

R103273111050305
テレキャビン内。

R103274611050305
下界は春まっ盛り。

「みみずくの湯」で汗を流し、「まえだ」で昼食。車に分乗して大阪へ戻りました。
今回リーダーだったA坂さん、ベテランの一徹さん・mayumiさん・M田さん、
そして参加の皆さん、どうもありがとうございました。

R103276611050305
まえだの蕎麦。

R1032762
みみずくの湯から見る五竜岳。
登山の後に、自分の登った山を眺められるというのはいいもんだ。

2011年5月12日 (木)

唐松岳〜五竜岳 2011年5月3日〜5日(2)

7時10分、ガスの中を五竜岳に向けて唐松岳のテン場を出発。
ほどなく難所の牛首に出た。
雪はあまり付いておらず、岩がむき出しの所がほとんどだ。
私一人なら、間違いなくアイゼンを外す。
私はアイゼンが岩をこする甲高い音がすごい苦手なのである。
しかしこれだけの人数、そんな広い場所もなければ時間もない。

R1032150

R1032160
アイゼン着けて、グローブはめて、ピッケル握って、おまけに装備も重いとなると、やはり動きにくい。

R1032172

Getthumbforlist
(一徹さん撮影)

R1032183

R1032186
ルートファインディング中のmayumiさん。

Getthumbforlist23
(Chikaさん撮影)

R1032201b
ガスが晴れて景色が見え始めた。でも見る余裕ナシ?

R1032223
今こそアイゼントレの成果を見せる時!

R1032224

難所の牛首と大黒岳のトラバースを通過。
Y崎さんが足を滑らせてヒヤッとした場面もあった。
そんなこともあり、うさぎチームからM田さんが亀チームに来て下さった。
この後は難しい箇所もない。いつの間にか青空ものぞき、前方に五竜の雄姿を見ながら進んだ。

R1032233
難所を越えて一安心。

121727b_2

R1032249
雄大な五竜岳を見ながら歩く。

五竜のテン場に到着したのが12時頃。
少し休んだ後、整地とテント設営。場所が狭い上、雪が硬く、けっこう時間がかかってしまった。

R103226511050305
整地は結構重労働。

R1032288
トイレから見た五竜岳。

R1032292

テントの設営にずいぶん時間がかかってしまった。
雪をスノーソーで切り出したりしながら(もう五竜登頂はナシかな…)と思っていた。
テントの設置が終わったのが14時過ぎ。
リーダーのA坂さんが一徹さんと相談している声が聞こえてきた。
(…往復で3時間は見ておかないと…)
(…天候の心配はそれほど…)
(…下山時刻は…)
ほどなく、全員集合。A坂リーダーより大本営発表。
「これより五竜岳アタックへ向かいます。ただし、疲労も溜まっているでしょうから全員ではなく有志とします」
続いて、「アタック希望者は?」の声に、挙手で応じる。(せっかくここまで来たんやから当然でしょう)
意外と言っては申し訳ないが、やる気満々だったのがShigeoさんとChikaさん。
お二人のヤボウである百高山登頂への心意気は相当のものである。
このお二方にはアイゼン(以外にも色々)の借りがある。
ここは私が少しでもお役に立てれば、とトップで歩くことにした。
もう白状しておくが、後で聞いたところによると、
「チョリオさん、もー早い早い」
「もっとゆっくり行って欲しかったわ」
「後から見た姿が宇宙人みたいやった」
とボロボロであった。どうやら恩を仇で返してしまったようだ。えらいすんまへん…

Getthumbforlist13
アタック直前。(ひいちゃん撮影)

Getthumbforlist14
順番の確認。(ひいちゃん撮影)

Getthumbforlist16
いざ、五竜岳頂上へ!(ひいちゃん撮影)

Getthumbforlist27
(Chikaさん撮影)

R1032297

Getthumbforlist28
(Chikaさん撮影)

R1032300

R1032331

R1032334

有志メンバーはA坂リーダーに一徹さん、M田さん、Shigeoさん、Chikaさん、山秀さん、駱駝さん、チョリオの8名。
歩き始めて5分。実は少し後悔した。
すごく体が重い。(今から「やっぱ戻ります」言うたら怒られるやろな)なんて考えたほどだ。
たぶん、テント設営に時間を取られすぎたのと、
自分で勝手に(五竜登頂はないやろな)と知らず知らずの間に気持ちを切ってしまったことが原因。
それでも、やはり雪の五竜は登っておきたい。
(辺りを見渡してみろ、いい景色だ。それに体力だって、実はまだまだ大丈夫やろ?チョリオ)
と自分に言い聞かせる。(ん、大丈夫。足だってまだまだしっかりしている)
後から「もっとゆっくり〜」の声が聞こえる。いかんいかん、独りじゃないんやった。

危険箇所と思われた急斜面も、階段状になっていた。
さすがはGW、多くの登山者がいたようである。
急斜面を登り切ると、あとはなだらかな痩せた尾根。
(あ、標識が見える、頂上だ)
「もうすぐ頂上ですよ〜!」と後に声を掛ける。「おお〜!」と元気な応えが返ってきた。
15時23分、五竜岳の頂上に着いた。

R103234211050305
もうすぐ頂上。

R103236611050305
登頂!

Getthumbforlist32
歓喜のハイタッチ!(Chikaさん撮影)

R1032367

Getthumbforlist35
記念撮影(Chikaさん撮影)

いい気分だった。やはり来て良かった。他のメンバーも晴れ晴れとした表情だった。
記念撮影も終わり、そそくさとザックを担ぎ出す。
「下り、ロープ出してもらえません?」という駱駝さんに
「バカモノ!!」という一徹さんのCDG(ちゃぶ台返し)が炸裂したところで、
15時33分、下山開始。10分間だけの慌ただしい滞在だった。

Getthumbforlist40
下山開始(Chikaさん撮影)

R1032391
Chikaさん、登頂オメデトー!

R1032400
ブロッケンが見えたが、薄くて写真には写らず。

Getthumbforlist13_2
(A坂さん撮影)

R1032414

R1032406

Getthumbforlist42
五竜山荘が見えた。(Chikaさん撮影)

下に五竜山荘が見えてきた。もう少し。
お、誰か出てきた。誰やろ?
テン場に残っていたメンバーが出迎えてくれる中、無事アタック終了。

ところで、残ったメンバーが何をしていたのか?不明だ↓

Getthumbforlist17mayumi
(ひいちゃん撮影)

…冗談です。水作りや、食事の準備をしてくれていました。
疲れた体には大変助かりました。

〜まだ続く〜

2011年5月11日 (水)

唐松岳〜五竜岳 2011年5月3日〜5日(1)

山岳会の春合宿で、後立山の唐松・五竜岳に登ることが決まった。
しかし私には問題が…GWは休暇が取りにくい。
というより、取ってはならないという暗黙のルールがあった。
そこをなんとか、と上司に頼んで休みを入れてもらった。
(やった!これで晴れて合宿に参加できる!)
と喜んだのもつかの間、直前のアイゼントレで長年愛用のアイゼンが折れてしまった。
経済的な理由もあり、またも合宿が遠のきかけたが、
ShigeoさんとChikaさんが「ウチに余ってるアイゼンあるわ、それ使ったら?」
という、とんでもなくありがたいお言葉を戴いた。
「靴に合ったらあげるで」とおっしゃるので、
いやいや、それではいくらなんでも、買い取らせていただき、え?いいんですか、そうですか、それでは…
と、気が変わる前にずうずうしくも、さっさといただきました。なにせ経済的に…もうええか。

そんなわけで、5月2日の夜、多賀SAで合宿参加者13名が集合。
一番行きたがっていたY崎夫人は直前に捻挫したそうで不参加。旦那さんのみ参加である。
そのY崎さんが一人で車を運転してこられていたので、寂しかろうと私が替わって運転。
二人で楽しく話しをしながら、長野へ向かった。

R103179211050305
八方尾根の駐車場に到着。すでに5時前…この後2時間ほど仮眠。

Getthumbforlist00
準備中。(Chikaさん撮影)

R103180511050305
ゴンドラ内。

R1031822

121713
八方池山荘付近より鹿島槍ヶ岳・五竜岳。

ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、9時15分、八方池山荘に到着。
標高すでに1830m、ずいぶん高い所まで楽に登らせてもらったが、
これよりいよいよ自分の足で登ることになる。
今回のリーダーはA坂さん。今回は人数が多いのでパーティーを2つに分け、
それぞれの班にShigeoさんと私チョリオがサブリーダーとして任命された。
準備を済ませて9時35分、出発。

R1031833
「ねぇ、アンタ…もう三度目よ」「ああ…今度は登れたらええな…」あの、ソレ鹿島槍…

R103183911050305
出発!

R1031845

R1031863

R103187411050305

Getthumbforlist07
(Chikaさん撮影)

121715b
白馬三山。

1時間ほど歩いていると、Shigeoさんチームとチョリオチームの差が出始めた。
比較的足の揃っているShigeoさんとこは“うさぎチーム”、うちんとこは“亀チーム”と呼ぶようになった。
休憩中にウチの影のボス、mayumiさんより助言。
「無理にウサギチームについていくことあらへん。そのために2班に分かれてるんやし。
うちはもっとスローペース、かめかめで行こう」
なるほど。メンバーの表情を見てみる。
「しんどいなぁ」としきりに言っているふるぽん。元気そうだ。コイツは放っておいて大丈夫。
Chikaさんもまだまだ元気そう。実は一番心配だったひいちゃん。意外と元気かな。
Y崎さん…顔色悪…汗いっぱいかいてはるし。了解。並び順を変えて出発。もちろん、かめかめで。

R103189411050305

R1031906b

R1031970

R1031975

Getthumbforlist12
雷鳥(Chikaさん撮影)

R1032016

R103204311050305
唐松岳頂上山荘到着。

13時55分、唐松岳のテン場に到着。
結局ここまでアイゼンは着けず終いだった。
さっそく全員で整地、テントの設営。4張りもあるからけっこう大変だ。

R103205011050305
ピッケルからショベルに持ち替えて。

R103205411050305
GWなので、テン場も大賑わい。

テント設営中、朝から薄曇りだった天気がどんどん悪くなり、ガスが出て雪が舞い始めた。
「あ〜また〜チョリオさん」なんて声も聞こえたが、なんのなんの。
「私が仕事をしたら大吹雪ですよ、この程度なら私の分ではありませんよ」と言っておいた。
まあでも、視界も悪くなっていたし、全員寝不足だったので、予定されていた唐松登頂は明日に持ち越された。

Getthumbforlist04

121719b_2
日没の頃には少し天気も回復。きれいな夕焼けが見られた。

夕食を食べて、ささやかな(?)宴会、就寝。
どうも山では眠りの浅い私は、いつも通り23時頃目を覚ました。
トイレに行くためにテントの外へ。外に出てもそれほど寒くない。
ガスが晴れ、満天の星が輝いていた。
ちょうど新月なのか月が出ていないのか分からないが、空が暗く、その分星がすごくきれいだった。
明日は晴れそうだな、と期待を胸にテントに戻った。

翌朝3時30分起床。
外を見てみると、真っ白。あれ…?
ともあれ朝食と準備を済ませ、5時18分、唐松岳へ向けて出発。

R103209711050305

R103209911050305

なあんも景色の見えないガスの中、淡々と登って5時39分、唐松岳頂上に到着。
こんな天気だが、やっぱり嬉しい。記念撮影をしている時、雲が割れて太陽が覗き、少しだけ景色が見えた。

Getthumbforlist17
記念撮影。

R103212711050305
下山もガスの中。

6時前にテン場へ戻ってきて、テントの撤収。
出発準備を終えて、7時。いよいよ五竜岳への縦走である。
途中には今回のルートで一番危険と思われる牛首の岩稜通過。
何年か前、雪のない時に一度歩いたことがあるが、全く覚えていない。
私の記憶力はアテにできないが、たしかそれほど危なくなかったはず。
しかし、それが積雪期にはどうなのか。いざ、出発。待て、次号!

〜続きます〜

2011年4月20日 (水)

雪彦山 2011年4月17日

先日、兵庫の雪彦山に登ってきた。
雪彦山は2度目。前回登ったのは2001年の11月。
もう10年も経っているが、それでも(面白い山だった)という記憶は残っている。

今回のメンバーは、はんていさん、nakamuraさん、チョリオのオッサン3人。
そもそも今回は、フツーのハイキング行きましょう、ということで、
nakamuraさんが「じゃ、雪彦山行きません?」と提案したのが始まり。
しかし集合した時に、はんていさんが「50mロープ持ってきた」という所から、なんだか雲行きが怪しくなる。

「こんなこともあろうかと」と私も負けずにヘルメットとハーネスをザックに詰める。
これらの装備は結局、ほとんどただのお荷物だったのだが、
なんとなく気分的に“ハイキング”から“岩遊び”への色が濃くなったのは確かである。

そんなこんなで登山口に駐車、登山届けを出して、9時出発。
のっけから急坂である。nakamuraさんは“酒抜坂”と呼んでいる。
前日の酒を抜くのにちょうどいい、ということらしい。

Imgp1236110417
登山口にて。

Imgp1239110417
nakamuraさん。酒、抜けました?

Dsc00314110417
急登が続く。

20分ほど登ると尾根に出た。
そこが展望岩で、正面に大天井岳、不行岳、地蔵岳が大迫力で出迎えてくれた。

Imgp1247
地形図とは別に、一般的にはこれらの岩峰群が雪彦山と呼ばれているらしい。

Imgp1249110417
岩峰をバックにはんていさん。

Imgp1255110417
でかいトカゲ、捕まえた。

展望岩からしばらく歩くと出雲岩に到着。
nakamuraさんが「この辺り、クライミングのゲレンデですよ」と教えてくれる。
なるほど、たくさんハーケンが打たれているのが見える。が…
いきなりハングばかり…(これはアカンで…)
と思いつつ、はんていさんがビレイしてくれるというので、少しだけ登ってみた。

今回はクライミングではなく、あくまで“岩遊び”。
「チョリオくん、そこの岩棚までやで」とはんていさん。高さは4mほど?
「わかってますって」(って、たぶんムリやで…)
と思った通り、岩棚どころか、ほとんど登ることなく終了。

Dsc00332110417
出雲岩。アカンやろ、コレは…

この出雲岩で思いのほか時間を取ってしまったが、再び出発。
やたら狭い岩の間を通り、また展望のよい覗き岩に到着。

Imgp1286110417
狭い岩の間を抜ける。

Dsc00337110417
大柄なnakamuraさん、辛そう。

Dsc00345110417
覗き岩にて。

Imgp1302110417
覗き岩より下を覗く。

この後、いくつか鎖場を越える。
なぜかみんな鎖を使わない。暗黙のルールのようだ。
馬の背を越えて、いや、となりにトラバースルートがあるのに、
文字通り馬の背を越えて、大天井岳に到着。11時30分。
ここで昼食。日曜日の好天とあって、今日は登山者が多い。
バッジを売っているおじさんが印象的だった。昔の私なら買っていたに違いない。

Dsc00347110417
鎖やロープは、なるべく使わない、が今回のルール(?)

Imgp1304110417

大天井岳を辞し、しばらく進んで天狗岩。
この天狗岩が“岩遊び”にぴったりで、ザックをおろし、みんなで勝手なルートで登ったり下りたりして楽しんだ。

Imgp1311
天狗岩から先程までいた大天井岳を見る。

Dsc00355110417
上の写真を撮っているところ。

Dsc00357110417
天狗岩での“岩遊び”

天狗岩から先はなだらかな道で、しかも植林帯。
さして面白味もないが、とりあえずピークを踏もう、と進む。
12時51分、雪彦山頂上に到着。ここでも大休止。

Imgp1345
スミレ。

Imgp1315
コブシが咲いていた。

Imgp1328
アップで。

Dsc00361110417
さっきまでの岩場とは一転、金剛山地の趣き。

Imgp1320110417
雪彦山山頂。

Imgp1324
お、日輪。天気下り坂かな?

山頂から来た道を引き返し、天狗岩辺りの分岐で虹ガ滝へ下る道を行く。
この道は鎖場が多く、nakamuraさんオススメのルートである。

Imgp1358
ここでもやはり、鎖は使わない。

Imgp1352110417
あ…使ってしまったね…

Imgp1360110417
けっこう長いルート。

Imgp1362110417
あ…

この鎖場でちょっと変わった女性と出会った。
一人で我々と同じように、鎖を使わずに岩を登ったり下りたりしている。
少し話しをすると、堰を切ったかのように自分のことを話し始めた。
「…その娘がね、ワルイオトコと結婚しそうになってハラたったから雪山に行くんです!剱岳!だから練習してるんです!」
「そ、そうですか…」オッサン3人はのっけから食われ気味。
「これから下山ですか?ご一緒させてもらってもいいでしょうか?」
「え、ええ…」主導権は完全に彼女に移っていた。

Imgp1364110417
いつの間にかメンバー1人増えてるし。

Dsc00373110417
「これ、登れそうですか?」「う〜ん」「とりあえず登ってみましょ」

Imgp1379110417
地蔵岳到着。14時36分。

Dsc00387110417
岩壁をバックにオッサン3人。

Imgp1388
この花なんだったっけ?毎年忘れてる…

Imgp1397
これは憶えていた。ミヤマカタバミ。

Imgp1391110417
クライミングのゲレンデまで行ってみよう、とルートを探る。

Dsc00395110417
ゲレンデより岩壁を見上げる。ほんまにこんなん登れんのか?

下山路は知り合った女性が「バリルートで下りませんか」と提案、もちろん賛成のオッサントリオ。
そのバリルートを下っていると、途中で「さらにバリルートがありますが、行ってみます?」とのこと。
是非もなし。完全にこのお姉さん(と言っておこう)主導である。
バリのバリやからバリバリルートやな。
しかしお姉さんも、あまりよく憶えていなかったらしく、
「こっちかな?間違ってたらどうしよう?ま、いいか、二度と会うことないし。はは。」
えー、独り言が思い切り聞こえてますけど…

Imgp1411110417

Imgp1413

Imgp1418110417
カツラの木。

Imgp1419
佇むnakamuraさん。

Imgp1422

Imgp1428
ミツマタの花。

Imgp1433

Imgp1439

Imgp1435
雪彦岩峰群を眺め、旅の最後を締めくくる。

16時52分、登山口に戻ってきた。
お姉さんと別れ、我々は一路大阪へ。
後部座席では、はんていさんとnakamuraさんが早くも酒宴を開いていた。

のんびりハイキングのはずが、メニュー盛りだくさんのガッツリ登山になってしまったが、
本当に楽しい一日だった。お付き合いいただいた、はんていさん・nakamuraさん、
と、謎のお姉さん、どうもありがとうございました。

Dsc00421110417
山帰りの居酒屋にて反省会。

2011年4月 5日 (火)

爺ヶ岳南尾根より鹿島槍ヶ岳(2) 2011年3月18日〜20日

凄い風だ。
雪煙が渦を巻いて空へと舞い上がっていく。
鹿島槍ヶ岳の前衛峰、布引山へは長い登りである。
荷物が軽くなったとはいえ、疲れた足には堪える。
本当に、過酷な登りだった。
登るにつれ、さらに風は強まっていく。
まだ、これ以上強くなるというのか、と感心してしまうほどの烈風である。
もはや、普通に立っていることもできない。
もし、風に掠われたら。
風下、右側には張り出した雪庇が見える。その向こうは…空中である。恐らく深い谷だろう。

05381226b_2
大きな雪庇。

05381222b_2
雪煙。

いつの間にか独特の歩き方をしていた。
右足、つま先を風下に向けて一歩。
左足、つま先を頂上方向に向けて一歩。
右手に握ったピッケルを突き刺す。
これを素早く行い、風に背を向けた耐風姿勢で休む。

山頂を見る。頂はガスに覆われて見えなかった。
(なにもこんな時に山に行かなくても…)
オレだって、そう思う。本当に、そう思っている。
しんどい。辛い。苦しい。寒い。寂しい。怖い。
そして、いつもは感じるはずの、ぎりぎりの充実感も、今回は感じない。
全く、楽しくない。

布引山を越えた。
最後の登りは雪が飛ばされ、地面が見えていた。
岩を掴みながら這うようにして登った。
16時13分、鹿島槍ヶ岳南峰、登頂。
達成感は、なかった。
感動も、ない。

R103152711031820
鹿島槍ヶ岳頂上到着。

山頂は相変わらずガスに覆われていたが、時折ガスが流れて青空が見えた。
バンダナショットを撮ろうと試みたが、強風のためうまくいかなかった。
五竜岳へと続く稜線を見てみようという気持ちも湧かず、すぐさま下山を始めた。

R103153311031820
バンダナショット、失敗。

05381213b_2
烈風の尾根。

R103154511031820

05381219b_2

下山は早い。
相変わらずミスの許されない、緊張の連続ではあるが、
登る時と違い、高度を下げるにつれ、風がだんだん弱まってくるのが分かる。
布引山を再び越え、おおかた下りてくるとようやく気持ちにゆとりが出てきた。
日の没する西側の景色がきれいだった。
冷池山荘は樹林帯にあるため、展望があまりよくない。
この辺りで夕景の写真を撮り、18時に小屋に戻った。

05381209b_2
剱岳は雲に隠れてしまったが、雲間から光が差す光景が見られた。

05381207b
爺ヶ岳に最後の光が差す。

05381204b
いわゆる“天使のカーテン”

06381031b
鹿島槍方面。ピークはずっとガスに覆われたままだった。

小屋内にテントを張り、コンロに火を点ける。
ようやく人心地がついた。
昨晩に続き、チキンラーメンを作る。
依然、食欲はなかった。この日も朝からほとんど何も食べていない。
お菓子少々とカーボショッツ1本。
それなのに、チキンラーメンを半分も食べると吐き気がしてきた。
我慢して全部食べる。後は昨晩と同じように小説を読み、眠りに就いた。

目が覚める。また23時半。
(またか。またなんか。)
長い夜を思うとうんざりした。
iPodを出して音楽を聴く。
色んな考えが頭に浮かぶ。なかなか眠れない。眠ったのは、たぶん朝方。

20日朝。また少し寝過ごした。
カメラを持って外に出てみる。晴れていた。
やはり展望は良くなく、木が邪魔して鹿島槍や剱岳は見えない。
少し、北へ登るか、南へ下るかしたら朝陽に染まる鹿島槍や、剱が見られたかもしれない。
しかしその気は起こらない。
以前まですごく見たかった光景。
今回の山行は、そもそもそれを見たいがために計画したはずだったのだが。

06381015b
朝。

06381018b

06381017b

06381006b
頸城山塊。

06381002b

何枚か朝の風景を写真に収め、小屋に戻って下山準備。
8時、お世話になった冷池山荘を後にした。
来た時と同様、最初は樹林帯のラッセル。
ただし、ワカンを着けていたし、トレースも残っていたので、登りの時ほど苦労はしない。
それでも冷乗越に着いたのが8時38分、40分近くかかった。
地図上で10分の距離である。

07380927b
爺ヶ岳。左下に雪に埋まった冷池山荘が写っている。

07380909b
雪庇。

R103162611031820
冷乗越から剱岳。

冷乗越からは爺ヶ岳の登りである。
ラッセルから解放される代わりに強風の洗礼を受ける。
ワカンを外し、アイゼンに履き替える。

07380920b
爺ヶ岳の登り。

07380917b_2
連山の向こうに頸城山塊。

R103163811031820
稜線上は絶えず強風が吹いている。

登りの、一歩一歩が辛く、苦しい。
息も絶え絶えに、爺ヶ岳の南峰に着いたのが11時37分だった。
冷乗越から3時間も掛かってしまった。

R103166711031820
爺ヶ岳南峰。向こうに剱岳。

ここからは下るばかりである。
下りてしまうと鹿島槍ヶ岳は見えなくなってしまう。
今一度、その姿を見る。
曇ってはいたが、鹿島槍ははっきり見えた。
美しい姿だった。厳しく、冷たく、凛と立っていた。
もっと感動するかな、と思ったが、相変わらず感動は薄かった。
それどころか、昨日本当にあの頂に立ったのだろうか、なんて思ったりした。

07380925b
剱岳。

07380922b
鹿島槍ヶ岳。

下りは早い。
1時間で一昨日の幕営地、ジャンクションピークに着いた。
ようやく風から解放され、ここで大休止。
樹林帯に入り、またツボ足が始まったが、下りは楽である。
いつの間にか空はどんより雲に覆われ、雪が降り始めた。
一度、尾根を間違えて沢側に下りてしまって時間をロスしてしまった。
それでも最後の沢部分は一気に尻セードで滑り降り、登りで2時間半費やした所を5分ほどで下りた。
15時22分にアルペンラインの舗装路に出る。
下りてきたら、雪は雨へと変わっていた。

R103167811031820
“沢側に迷い込まないように”とわざわざ書いてあるのに、迷い込んでしまった。

アルペンラインに積もっていた雪はあらかた溶けてしまっていた。
雨に打たれながらとぼとぼと歩く。
傍らを何台かの車とバスが走っていった。
アルペンライン開通に向けての準備かなにかなのだろう。
16時42分、冬季ゲートに到着。

R103169111031820
冬季ゲート到着。

(終わったな…)
今回も過酷な登山だった。
恐らく、自分独りの力でできる、ギリギリのところだったと思う。
天候も良く、素晴らしい景色に恵まれ、まさに思った通りの登山だった。
ただ、ついにオレの心が晴れることはなかった。

それでも、オレは、頂を目指した。
なぜなんだろう、と思う。
登っている時、眠れない夜、散々、考えた。
いや、今回の山行中、絶えず思考から消えることがなかったと思う。
わからない。
結局、わからない。
でも、もう、わからなくてもいいや、という気分になっていた。

大町市民浴場で体をほぐし、途中のSAでソースカツ丼を食べる。
間違えて新名神に入ってしまったりしたが、0時過ぎには帰宅することができた。
ムスコの寝顔を見る。
気持ちよさそうに眠っている。
自然と顔がほころぶのがわかった。
なんだか笑うのは久しぶりだな、と思った。

22

2011年4月 2日 (土)

爺ヶ岳南尾根より鹿島槍ヶ岳(1) 2011年3月18日〜20日

なにもこんな時にまで山に行かなくても…

先程から猛烈な風が山にへばりついているオレを引っぺがそうとしている。
絶えずゴオッという轟音が聞こえてくるが、
それでも嫁さんの言った言葉が耳にこびりついて離れなかった。
(オレもそう思う…)
チラッと頂に目を向ける。鹿島槍ヶ岳の頂はガスに覆われていて見えなかった。
(いったい、あの頂に何があるというのか)
先程から動いている時間より止まっている時間の方が長い。
ジリッと少しだけ体を上に上げる。かなり疲れてはいるが、気を抜くわけにはいかない。
(いったい、オレは何をしているのか)
また、ジリジリッと体を上げる。荒く息を吐く。
(こんなにもしんどい思いをして、危険を冒してまで…)
いつしかオレの体はガスの中へと吸い込まれていった。

雪の鹿島槍を目指そうと思いついたのは去年の11月頃だったと思う。
コツコツと準備を進め、装備を揃え、情報を集めていった。
情報を集めているうちに、後立山連峰の豪雪と強風が想像以上に恐ろしいものであることがわかってきた。
厳冬期ではない3月後半ではあるが、それでもすごいのだろう。
実は恐れをなして、予備で別に計画していた山行を第一候補に変えたこともあった。
しかし、雪を戴いた鹿島槍の魅力は強く、
またトレースのない後立山の深雪に単独で挑んでみたいという思いもあった。

少しずつ装備を揃え、徐々にテンションを高めていったのだが、
突如、そのやる気がなくなってしまった。
3月11日に起こった東日本大震災。
テレビに映し出された映像は非常に衝撃的だった。
やる気がなくなってしまった。いや、山登りなんてしてる場合じゃない、と思った。
しかしその思いとは裏腹にオレは17日の夜、ひっそりと出発した。
うまく表せないが、なんだか義務をこなしにいくような感じだった。

R103115511031820
途中に寄った菩提寺PA。雪がたくさん降っていた。

18日午前1時31分、大町アルペンラインの冬季ゲートに到着。
車内で仮眠をとり、3時半起床、4時22分出発。
暗い車道をヘッドライトの灯りで歩いていく。
天気はいい。よく晴れている。しかし気分はどんよりしたままであった。
6時扇沢に到着予定だったが半時間遅れて6時22分、扇沢登山口に到着。

R103116611031820
出発。

R103116911031820
夜明け前。

R103117311031820
スノーシェード。

R103117411031820
扇沢手前。よく晴れている。

望み通り、トレースはなかった。実はほんの少しだけ、期待していたのだが。
尾根の取り付きはスノーシェードになっているため、脇の沢から入る。
すごい積雪だった。いきなり股まで潜る深雪のラッセル。
なかなか尾根へ上がれない。雪崩が怖い。
ようやく尾根筋まで上がれた時には8時50分になっていた。

01380735b
最初、少しだけ見れた樹氷。

尾根に上ると雪崩の恐怖からはだいぶ解放される。
もちろん、絶対大丈夫というわけではないが。
しばし休憩。大町の街が遠くに見えた。

R103118811031820
尾根まで上り、見下ろす。アルペンラインの向こうに大町が見える。

現地点で標高1500メートル程。
幕営予定のジャンクションピークは2300メートル程。
あと標高差800メートル。扇沢からまだ200メートルしか上っていない。
当初、うまくいけばジャンクションピークを越して冷池まで一気に行けるかも、
と考えていたが、この地点でそんな甘い考えは消えてしまった。

01380722b
よく晴れていた。

深雪のラッセルは続いた。
(よかったなぁ、チョリオ。望み通りやで)
それほど汗をかかない体質だが、さすがに汗まみれである。
(本当にこんなことがしたかったのか…)
膝まで、股まで、時には腰以上潜る深雪に悪戦苦闘しながら、そう思った。

R103122311031820
おにぎりせんべいに“ソース味”があるとは知らなかった。

01380719b
鳴沢岳(右)と赤沢岳(左)だと思う…たぶん。

相変わらず天気は良く、左に木々の間から針木岳を始めとするアルプスの山々が見える。
しかしその眩しい姿もくすんで見えた。
(なにをやっているのか…)
延々と、雪との格闘が続いていた。
疲労はどんどん蓄積され、止まっている時間が長くなる。
(もう、ここでええか)
ソロ・テントを張る場所はどこにでもあった。
(いや、もう少し)
深い雪。ラッセルを交代してくれる者はいない。
猛烈にしんどい。
(ここまで頑張ったんやから、もうええやないか)
と思うのだが、なにか意地を張ったように体を動かす。
のろのろと足を上げ、少しずつ体を持ち上げていった。

ふと、見上げると、青空をトンビが飛んでいるのが見えた。
(いいなぁ…)
あのトンビから見ればオレなんて止まって見えるのだろう。
(それでも、オレは登っている)
登っているのだ。

01380718b
高度を上げると、向こうに槍穂高が見え始めた。

15時18分、ようやくジャンクションピークに到着。
実に9時間に及ぶ、ラッセルの連続だった。
木がまばらになり、風が強い。しかしおかげで雪が締まって歩きやすい。
ピークの少し先に風除けになりそうな大木を見つけ、その脇にテントを張った。
テントで落ち着いた後、外に出て夕景の写真を撮った。
素晴らしい光景だったが、相変わらず感動は薄く、磨りガラスを通して景色を見ているようだった。

01380716
八ヶ岳と富士山。

01380713
彼方に南アルプスを望む。

R103128411031820
ジャンクションピーク付近にテントを設営。

01380705b
雪紋。向こうに八ヶ岳。

01380703b
シュカブラと爺ヶ岳。

01380701b

01380708
雪紋。

01380702b
西側。

02381329b
針ノ木岳。

02381317b
夕焼け。

02381314b

02381318
夕日に染まる爺ヶ岳。

02381310b

02381311b
家でフィルムをスキャンしながら思ったこと。
私が撮る程度の写真なら、別に気持ちがどうであれ、美しく写せる、ということ。

テントに戻る。ものすごく疲れていた。
朝、車を出る時にバナナを2本。行動中は「とっておき」と考えているカーボショッツを3本。
それとおにぎりせんべいとチョコレートを少々。
それなのに、食欲は余りなかった。夕食にチキンラーメンを作って食べる。
美味くなかった。
いつもより多めに持ってきていた、大好物なはずのお菓子もなんだか食べたくない。
過労で食欲のなくなった時でも、食べる自信のある“厳選した”食料だったのだが。
持ってきた小説を読み、早々に眠りに就いた。

目を覚ます。風の音。
時間はまだ23時半だった。まだ3時間ほどしか眠っていない。
そのまままた眠りたかったが、小便がしたい。
外に出た。満月で辺りは仄明るい。その光に照らされた針ノ木岳が冷たく聳えていた。
眼下には大町の夜景が見える。
こういう光景も写真に写したいと思って、今回は三脚とマニュアル式の一眼レフカメラも持ってきていた。
しかし写真を撮る意欲は全く湧かない。少しだけ眺めた後、テントに戻った。
眠いはずだが、眠気はなかなかやってこなかった。

19日、朝。アラームをセットしていたはずだが、寝過ごしてしまった。
6時40分起床。外に出る。好天。
逆光に輝く、風で巻き上げられた雪煙。
夜のうちにできた、風に刻まれた雪模様。
そして神々しい山々。
それらを目の当たりにしても興奮は、ない。
ただ黙々とシャッターを押し、風景を切り取る。
寂しい。
この広い雪の中に、ポツンと独りでいることを実感する。

03381136b
朝。東方向。風が強く、雪煙が舞っていた。

03381129b
爺ヶ岳。

03381125b

03381126b

03381122b

03381119b
針ノ木岳。

03381117b

テントに戻る。食欲はない。コーヒーだけ飲む。
(帰ろうか…)
そんな考えが頭をよぎる。
今し方見た爺ヶ岳。その奥にあるはずの鹿島槍ヶ岳を想う。
テントを撤収し、8時1分に出発した。

歩き始め、木の生えている所はよく潜る。
ワカンを着ければ良かったかな、と思う。
そのうち樹林帯を完全に抜けた。
爺ヶ岳の直登が始まった。
雪が締まってアイゼンが良く効く。ただし所々雪が風に飛ばされて地面がむき出しの所もある。
ラッセルはしなくてよくなったが、今度は風との格闘が始まった。
風は高度を上げるにつれ、どんどん強くなっていった。

03381112b

03381109b
雪紋。

03381103b

R103139311031820
木の側の、大きな雪穴にはまってしまう。

04380834b

04380830b
もうすぐ爺ヶ岳の登り。

04380828b
樹林帯を抜けると凄い風と雪煙。まだまだ序の口、写真を撮っているので余裕があるのが分かる。

04380820b
爺ヶ岳の登り。

爺ヶ岳南峰に到着したのが9時25分。
樹林帯を抜けて直登1時間。ジャンクションピークの幕営地から1時間半。
疲れているわりにはいいペースだ。
鹿島槍ヶ岳が見えた。剱岳も見える。
風が強いので休憩できない。そのまま鞍部に下ると朽ちた看板があり、それを風除けにして休憩した。

04380819b
剱岳。左下に赤い屋根の種池山荘が見える。

04380814b
爺ヶ岳南峰から見た中峰(右)と北峰(左)。

04380813b
鹿島槍ヶ岳。

04380804b
槍ヶ岳。

爺ヶ岳の本峰(中峰)に到着が10時40分。
ここからはほとんど下りばかりなので早いだろうと考えていたが、
予想以上にしんどかった。
特に爺ヶ岳北峰を過ぎて冷池山荘が見えてからはなかなか進まない。
樹林帯が再び現れ、強風と引き替えにラッセルを強いられる。
12時40分、やっとの思いで冷池山荘に到着した。

R103141311031820
爺ヶ岳中峰到着。

04380801b
頸城山塊。

05381230b
鹿島槍ヶ岳。稜線の中程に冷池山荘が見える。

R103150211031820
ようやく冷池山荘が近づいてきた。が、ここからでもずいぶん時間が掛かった。

05381228b
冷池山荘手前で雷鳥を見かけた。

冬季避難小屋に入り、一息入れる。
そして考えた。
(鹿島槍に登頂するには今が最後のチャンスかもしれない)
二日間、好天が続いていた。
明日は天気が崩れる可能性が大である。
ん、行こうか…。
要らない荷物を置いておき、カーボショッツを飲んで出発した。

〜つづく〜

22

2011年4月 1日 (金)

大普賢岳 2011年3月8日

大普賢岳は思い出深い山である。
2000年1月30日、初めての雪山で登った山だ。
もう11年も前。その山に、お礼の気持ちで今回、義弟のサクライと登ることにした。

R1031777b
11年前。とてもじゃないが雪山へ向かうようには見えない。車は懐かしのワゴンRだ。

前日の7日夜、サクライと合流、王将でメシを食っていた。
「サクライ、前の大普賢作戦、憶えているか」
「ハッ、憶えておりまする。」
「どんなだった」
「…まあ…あまりしんどくなかったかと…」
「うん。確かにな。オレもそんなに苦労した憶えはない。ただ、今回はキツいかもしれん」
今年は雪が多いこと、昨日今日新雪が積もっていること、それが今までの硬い雪に積もっていること。
「念のためにこれを着けておけ」
彼に長短のスリング2本とカラビナ2枚を渡した。

R1030178110308
行く途中。雪が降っている。

R1030189110308
和佐又ヒュッテへいく林道でチェーンを巻く。

R1031779b
11年前。同じチェーンを使っている…もう交換しないと。

「押せぇ!サクライィ!」
「イケません!推進力低下!」
「出力全開、取り舵!」
「ダメです…どうしても…左のわだちに…」
オレとサクライは登山をする前から大変な目に遭っていた。
アトレー号はもっさり積もった雪を乗り越えることができない。
サクライを降ろして押してもらうもチェーンが火花を散らすばかりでタイヤは空転し、どうしても前へ進めない。
「しゃあない。ここらで駐車して寝よ」
我々は和佐又ヒュッテまで車で上るのを諦め、車中で仮眠をとった。

8日、4時半起床、朝食・準備を済ませて5時32分、出発。
和佐又ヒュッテには10分程で着いた。
しばらく歩いて6時11分、和佐又のコルに到着、少し休憩。

R1030197110308
出発。

R1030230110308
和佐又山付近。

6時58分、シタンノ窟を通過し、日本岳の険しい岩壁の脇をトラバースして進む。
朝日窟で休憩を入れて、笙の窟に着いたのが7時42分。ここまでは順調である。

R1030256110308
シタンノ窟より先のトラバース。

R1030283110308
朝日窟にて。

R1030289110308
笙ノ窟にて。

R1031775
11年前、笙ノ窟での二人。サクライはオレのカメラと三脚を持たされている。

笙ノ窟を過ぎると、積雪量がぐっと増した。
ハシゴも出てくる。いや、ハシゴが埋まっていなくてラッキーだった。

R1030312110308
サクライは久々のラッセル。楽しいか?

R1030316110308

R1030324
日本岳のコル到着8時15分。この辺りから霧氷が出始めた。

R1031782b
11年前、恐らく日本岳のコル付近。

R1031784b
11年前、この時のカメラはニコンF3、マニュアルカメラだ。面倒すぎて今では考えられない。

R1030347110308

R1030354110308

高度を上げていくにつれ、積雪量がさらに増してくる。
石ノ鼻到着8時34分。見晴らしの良い所だが、ガスで展望はなかった。

R1030383110308

R1030390110308

R1030422110308

小普賢岳を越え、大普賢岳とのコルに下り立ったのが9時23分。
ガスに覆われた大普賢岳が我々の眼前に迫る。
なかなかの迫力である。さあ、ここからが本番、
「行くぞ、サクライ!」
「ハッ!」

R1030443
我々の眼前に立ちはだかる大普賢岳。

R1030446110308

R1030463110308

R1030469110308

(どうもおかしい…)
たまにあったピンク色の目印テープを長いこと見ていない。
(それにトラバースが長すぎる)
基本的に尾根づたいのはずなのだが、なかなか尾根へ上がれない。
(戻るか…)
いや、あそこから登れそうだ。そこをトラバースしてあそこを登ろう。

・・・これはもう、これまでに幾度となく失敗してきたことである。
“間違えたと気付いたら戻る”
この鉄則を知っていながらまた同じ過ちを犯してしまった。

R1030479110308
やはりルートミスだった。

R1030487110308
事前に渡しておいたカラビナとスリングが役に立った。

R1030491110308
尾根へ直登。

R1030501110308
サクライ、はよ登ってこい。

R1030509110308
キツイっス!

R1030508
頂上はまだ遠い…

R1030523110308
尾根へ到達。小普賢岳を振り返る。向こうには青空が…!

R1030529110308
ラッセルはまだまだ続く。

R1030536110308

R1030539110308

R1030552110308
「こっからお前トップな」「押忍!」

R1030563110308
「…」

「報告します!前方に看板らしきもの、発見!」
「GPS確認中…頂上まで直線距離、約50!」
11時47分、オレとサクライは大普賢岳の頂上を踏んだ。

R1030592110308
登頂!抱き合って健闘をたたえ合った。

R1030627110308
サクライ、喜びの舞い。

R1030633110308
オレも負けていられない。

R1030602110308
サクライにバンダナショットを撮ってもらった。

登頂後、記念撮影を済ませ、テントを張った。
ツェルト代わりに雪山にいつも持ってきているソロ・テントだ。
中に入ってコンロに火を点けるとすごく暖かい。
湯を沸かして昼食のカップラーメンを食べる。
やはり雪山で食べるカップラーメンは格別にうまい。
実を言うと、今回、もし楽に登頂できたら国見岳〜七曜岳の周回コースを行ってみようと考えていた。
2週間ほど前に行った山上ヶ岳〜稲村ヶ岳がわりと簡単に行けたからである。
しかし、無論、そんな気はなくなっていた。
“もう、お腹いっぱい、ごっつぁんです”てな案配である。

R1030600110308
テントを張って…

R1030638110308
中で休憩。

R1030644110308
雪山の山頂でのラーメンはいつも格別。

しばらくすると明るくなってきた。
外に出ると青空が広がっている。
周囲の山々が見える。
二人で雪の大峰の、大展望を愉しむ。
サクライは大普賢岳は2度目だ。2000年以来である。
前回はガスで展望がなかったので、今回初めて。感動しきりである。
オレも雪山の展望は随分、見慣れてはいるものの、やはり二人して苦労して登った分、感動は大きかった。

R1030618
晴れてきた!

R1030679
奥駆道の先、弥山・八経方面。

R1030682
見事な霧氷の斜面。

R1030696

R1030712
やはり霧氷には青空。

R1031786b
11年前。積雪量が全然違う。

R1031788b
イワタニのガスコンロと飯盒を使っている。

R1031790b
この時のカップヌードルは…心底うまかった。

たっぷり1時間半以上頂上を堪能し、13時28分下山開始。

R1030764110308
「コレ、なんの足跡っスかね?」「こらお前、やっぱり、く、くまさんちゃうか…」

R1030776

R1030806110308
「ああ〜!イイっス!」

R1030841110308
下りはルートミスしないように慎重に…埋まってるし。

R1030847110308
慎重に…埋まってるし。

ハシゴや鎖はことごとく雪で埋まっていた。
ここでもカラビナとスリングが大いに役立った。

R1030864110308
いやぁ、手強いっス。

下っていくと、登る時にルートミスをした箇所に出た。
大きな岩がある所だった。我々はその岩の右側をトラバースして進んだのだが、
本当は左側の雪の急斜面を登るのが正解だった。
「ああ、コレを登れば良かったんか。しかし分かりにくいな」
右側のトラバースは“いかにも登山道”という感じである。
「こんな分かりにくい箇所なら目印があるはずだが…」
よく探すと、やはり目印はあった。
ピンク色のテープが木に巻き付いて霧氷に覆われていた。
「ああ、ここにあったんスね、気付きませんでした…」
“キャッサバー・アイ”を持つ、視力に絶対の自信有りのサクライはしきりに悔しがっていた。
彼は最近、視力が落ちたと嘆いている。
「ほんで今の視力なんぼなん?」
「1.5っス」
「…十分やん」
「いやぁ、見えにくいっス」
なんにせよ、今回のルートミスはもちろん、私のせいである。
目印が見えにくかったもなにも、目印に頼っていること自体、まだまだ甘いということである。
無事に通過できてよかった。

R1030877110308
小普賢岳との鞍部に到着。大普賢岳を望む。登る時に比べると、ずいぶん穏やかな表情に見えた。

R1030885110308
小普賢岳を登り返した直後。これがけっこうキツかった。

R1030916
霧氷もそろそろ見納め。

R1030947110308
石ノ鼻15時32分。登りの時とは違い、景色が見渡せた。

この先、もう難所はない。日本岳のコル15時52分、笙ノ窟16時10分。
ゆったりとした気分で下山した。
特にシタンの窟を過ぎてからは雪も深くない。
辺りはブナの大木。風はなく、気温も少し涼しいくらい。
夕暮れの中、なんとなくノスタルジックな、言いようのない良い雰囲気。
下りてしまうのがもったいないような気分だった。
サクライも似たような気分だったのだろう。
我々は急ぐことなく、いや、さらにゆったりと下った。

R1031003110308

R1031014110308
夕暮れの中、ゆっくり下った。

R1031028110308
「コレ、何スかね?」「え?ええっ!こらお前、く、くまさんの爪跡ちゃうか」
「登る時はなかったっスよね」「…そうだね」

和佐又のコル17時03分。

R1031043110308
和佐又ヒュッテ付近より。大普賢岳が少し見えた。感謝の気持ちでそれを眺めた。

R1031058
すっかり暮れて、いい雰囲気。

R1031082
見覚えのある巨木。

R1031097110308
無事下山。17時47分。

R1031101110308
いつものラーメン屋で夕食。疲れた…

今回の大普賢岳は本格的な雪山だった。
トレースもなく、雪も多かった。
11年前の時は、積雪量が少なく、ルートも分かりやすく
“登らせてもらった”登山だったと、今にして思う。
前回、今回と目一杯楽しませてくれてありがとう、大普賢さん。

22


より以前の記事一覧