« 蝙蝠谷 24年6/8 | トップページ | 山家 立岩 24年6/22 »

2024年6月17日 (月)

初!島根半島・地合の岩場 24年6/15-16

島根半島は地合(ちごう)の岩場。以前からず〜っと行ってみたかった。

ようやく念願がかなった。お付き合いいただいたのはI上さん。そして1日目の土曜日のみ、はじめましてのI橋さんも参加。


早朝に大阪を出発、4時間半かかって地合漁港に到着。
米子在住のI橋さんと合流、岩場へと向かう。
ちなみに向かう岩は漁港から見えており、すぐに着きそうやけど40分ほどかかる、とどのブログにも書いてあった。
そしてやっぱり我々もそれくらいかけて岩場到着。10時くらい。
岩は大きく、高く、見てるだけで登攀意欲をくすぐられる。おお〜っとなる。

いつもの私なら、すぐに準備してアップして、となるのだが、寝不足での1時間近くの海岸歩きがこたえた。

そしてなんといっても暑い!!


この日の最高気温は33度。ピーカン。東向きの壁で影がほとんどない。
そもそも天気予報では週末は悪天予報。ホントは鳳来の治山水のリベンジに行きたかったのだが中止。どこもイマイチの天気やけど、日本海側はマシなようなので今回ここに決めたのだった。

曇か雨予報やったのに、朝の天気予報では土日とも快晴に変わっていた。

狭い日陰で少し休んでゆっくりと準備。


アップで“爆チャビー5.11b”にトライ。

アップで11bなんて、って思うけどこの岩場の一番低いグレードが11bなのである。

傾斜の強い箇所もあるけれどホールドが大きく楽しかった。無事にMOS。


次は“ゴンちゃん5.12a”にトライ。
マスターオンサイトを狙うも核心ではねかえされてフォール。
ちなみにここの岩場は海のすぐそばで、しかもチョーク跡がほぼ見られないことからあまり登られている感じではない。ので、ボルトの状態が心配。なのでできればあんまり激落ちはしたくない…
“ゴンちゃん”は2トライ目で無事にRP。
とりあえず1本12が登れて目標達成。一安心。


次にもうひとつの12a、“センチメンタルフレンド5.12a”をトライ。

壁の左側でちょっと湿っぽい感じ。しかも岩がもろかった。ガバの奥が濡れてたりフナムシが飛び出したりするサプライズ付き。

最初の“ゴンちゃん”よりも難しい印象だったけど、こちらも2便でRP。


17時くらいに終了。片付けて漁港へ戻る。

I橋さんと別れ、I上さんと私は松江市の宿へ。
中華料理店で夕食、宿でくつろいで就寝。


翌朝はゆっくり起床。起きてからものんびり。というのも、昨日分かったのが岩場はこの時期午前中は灼熱だということ。
そして午後からは太陽が岩の向こう側に沈んで影になり、涼しくなるのである。
なので慌てて行っても暑くてあまり楽しめないのである。実際前日はずっとクライミングしてて軽い脱水症状になってしまった。


朝風呂にも浸かり、9時にチェックアウト。まだ時間があるので松江城を観光。

見慣れた派手な大阪城とは違い地味で重厚な感じ。渋いお城だった。


その後ゆっくりと岩場へ。11時頃到着。

まだ影になっていなかったけどアップで“ブルーライン5.11c”をトライ。

この岩場で最初にひかれたラインとのこと。そして昨日登った“ゴンちゃん”と下部は共通。

無事にOS、楽しいルートだった。


次は“波浪警報5.12b”。一番右、海側にあっていかにも難しそうなルート。

ドキドキしながらいざトライ!とその一手目でホールドが欠け、まだ1ピンもクリップしていなかったので、そのまま背中から倒れてしまった。

磯なので地面はゴツゴツとした大きな岩。そこにお尻の左側と背中を思い切りぶつけてしまった。

コケた私もビレイヤーのI上さんもびっくり。

私はとりあえず靴を脱いでロープを解き、ハーネスも外して横になった。

頭はぶつけてなかった、ヘルメットもかぶってたし。ぶつけた箇所がすごく痛いが、徐々に痛みは治まってきた。

20分ほど経ち、痛みはかなり和らいだ。身体の異常もなさそう。良かった、クライミングできそう。

先日ようやく肘痛から復帰したのにまた怪我してクライミングができなくなるのは本当に勘弁。


改めて“波浪警報”にトライ。

思った通り難しく、1便目はトップアウトできず。

核心はランナウトしており、何度かフォールした。大きくフォールした時はかなりヒヤッとした。

2便目でなんとかムーブを作ったがかなり確率が低い。距離のあるデッド、一か八か止まるか…

3便目、核心手前でレスト、意を決して核心ムーブをこなす。デッド、デッド、もう一発デッド!止まった!!

身体を安定させてクリップ、安堵。大きく息をつく。いや〜、怖かった…

この後は少々脆そうなので3点支持で確実に登る。終了点。やった!登れた!うれしい!!

終了点からの海の眺め、感じる風は、もう格別だった。


最後に“待ち伏せ5.11d”をトライ。

オンサイトを決めて気持ちよく終わりたかったが思いの外難しくオンサイト失敗。そんなに甘くはない。ここでクライミング終了。

それでも2日間で12を3本はでき過ぎ、運を使い果たして帰りは事故らないように安全運転に努めよう。

そういえば帰りに夕食で立ち寄ったサービスエリア。車から降りるとお尻の左が痛い。今日コケてしたたかぶつけたところ。

さっきまでそんなに痛くなかったのにここにきてまた痛みがぶり返してきた。歩くのも一苦労。

やっぱりクライミング中はアドレナリンが出てたんやと思う。こんなんでよくあの“波浪警報”が登れたもんだ。


初めて訪れた“地合の岩場”はとても素敵なところだった。

海の近くの壁といえば私は日和佐を思いつくのだが、ここも日和佐と同じく海をバックに“映える”写真が撮れる。

ただし、ボルトや終了点は要確認。海風にさらされた残置ビナはほとんど開かなくなっていたので、数枚新たに足してきた。

今回ご一緒いただいたI上さん、I橋さん、お疲れさまでした。楽しかったですね!またよろしくお願いします!


※このブログでは写真が載せられないのでインスタでどうぞ。映える写真が撮れます。

↓↓↓

https://www.instagram.com/p/C8W74DMy983/?igsh=MXhsdng2cHdzcmpudw==

« 蝙蝠谷 24年6/8 | トップページ | 山家 立岩 24年6/22 »

外岩③中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝙蝠谷 24年6/8 | トップページ | 山家 立岩 24年6/22 »