« バムの半年パスを更新 | トップページ | 蝙蝠谷 24年6/6 »

2024年6月 5日 (水)

鳳来・治山水/ガンコ岩 24年6/1-2

週末は鳳来。

I根くんと。現地でAまさん、I上さん、N瀬さん、N川さん、K畑さんと合流。

エリアは初めましての治山水。

治山水へは以前1回だけ、パラダイスロックの帰りに寄ったことがあり、その時“お散歩すえちゃん”だけ登っている。


http://cholio.cocolog-nifty.com/blog/2021/10/post-49e494.html


駐車スペースから急登にあえぐこと40分、見覚えのある岩場に到着。

しかし岩は濡れており、ほとんどのルートは登れそうもない。なんてこった…

なので、他のメンバーは隣のパラダイスロックへ。

私とI根くん、N川さんだけ治山水に残った。

I根くんは私に付き合ってくれたみたい。ありがとね。


上部は濡れてるけどなんとか登れそうな“ドキンちゃんの入園式 5.10cd”でアップ。

使えないホールドが多すぎてとても10台とは思えなかった。



アップを終え、我々より先に登っておられる方がいたのでルートを訊いてみると、“花の舞 5.12a”とのこと。

ちょうど登ってみたいルートだったので、トライしてみることにした。


ヌンチャクも掛かっているし、オンサイトするつもりで思い切りトライ!したけど、上部の核心でフォール。

ムーブを解読して次便、しかしそのムーブを忘れてしまって(よくある)フォール。

3便目でなんとかRPできた。

下手したらハマりそうなルートだったので登れて良かった。


他に乾いているルートは“鴨鍋5.12a”があったけど、数人トライされていてなかなか空かない。

ダメ元で“結婚しようよ”と“バック・トゥ・ザ・ベイシック”をおさわりしてみたけど、やはり状態が悪過ぎて全然登れなかった。

16時半頃にようやく“鴨鍋”が空いたのでトライ。

どっかぶりで早々にテンション。諦めて片付けた。


本来なら翌日も治山水かパラダイスロックなのだが、今朝になって天気予報が大幅に悪化。

登れそうもないので全部片付けて下山した。


パラダイスロック組と合流、中華料理で夕食、買い出しして宿で宴会。

翌日雨予報ということもあり(?)遅くまで盛り上がり、とても楽しかった。


翌朝。天気予報を確認してみると雨予報は相変わらず。雨量はさらに増していた。

しかし空は晴れており少し日も差している。

ジムに行こうか、とも話していたのだが、結局ダメ元で岩場に行ってみることに。

エリアは雨に強いガンコ岩。

到着してみるとすでに何人かの物好きな(!?)クライマーが。

我々も早速準備をしてクライミング。

私はとりあえず、“ユカ”、“どすこい”、“冷たい男(やつ)”の3本の11aにヌンチャクを掛けてきた。

掛け終わった頃には雨が降っていた。壁の近くでは雨に当たらないけど、まあまあ降っている。

次に“キツネの嫁入り 5.11c”を登ってみる。

このルートは、このガンコ岩に初めて来た時に登ったルートである。


http://cholio.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/511crp-17916-13.html

↑初めてガンコ岩に来た時のブログ


あの時も雨で、というか雨だったのでガンコ岩に変更したんやった。

辺りは霧、壁はしっとりしていたけどなんとか“キツネの嫁入り”を登ったけど、終了点はドシャ降りでズブ濡れになった。

たしかビレイしてくれていた谷やんが記念撮影しようとしてくれたのに、濡れるから早く降ろしてくれって頼んだのを覚えている。今ではいい思い出だ。

それを思い出し、キツネの嫁入りやったら多少濡れてても登れるやろ、と思ってトライ。

しかし今回は終了点の3ピン前からビショ濡れであえなく敗退。

もういよいよ登れそうもなくなった。

最後にK畑さんが“冷たい男”を、ズブ濡れになりながら気合と根性でオンサイト。

この1本を見れただけでも来たかいがあった。


お昼には撤収、スコールのような大雨、道は川になっており、川はゴウゴウ音をたてて濁流と化していた。

もう少し遅かったら渡渉できなくて帰れなくなってたかもしれない、危なかった。

帰りに雨で冷えた体を温泉で温めて帰宅した。


今回はあんまり登れなかったけど、それでも楽しかった。お付き合いいただいた方々、どうもありがとうございました!

« バムの半年パスを更新 | トップページ | 蝙蝠谷 24年6/6 »

外岩⑤その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バムの半年パスを更新 | トップページ | 蝙蝠谷 24年6/6 »