« ダイエットの思い出 | トップページ | 鳳来・ガンコ岩 24年4/27-29 »

2024年4月16日 (火)

備中・2ルンゼ 24年4/13-14

肘の具合もだいぶ良くなり、リハビリクライミングで備中の2ルンゼに行ってきた。

権現か2ルンゼか迷ったが、週の中頃に大雨が降ったようなので、濡れに弱い権現は止めておいた。

2ルンゼには2年前の夏、22年7月に行ったことがある。アプローチ等はなんとなく覚えている、ハズだった。


http://cholio.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-c395cd.html


しかし間違えた。なぜか遠い方のガレ場を登っていき、(こんなに遠いはずはない)と思うところまで登って引き返した。

ようやく岩場に着いたがなかなかの濡れ具合。

天気もいいのしこんなに濡れてるとは思わなかった。

しかし結構歩いたし、転戦する気もない。

幸いリベンジ対象の“象の鼻5.11a”はあんまり濡れてなかった。ので、そのまま荷物を置き、準備を始めた。


そう、今回のパートナーと私にとって、2ルンゼの“象の鼻”はリベンジなのだ。

私は2年前に登っているが、パートナーは8年ぶり?あの頃はまだ二人とも12はおろか11もやっとこさくらいのクライマーだった。

あの時、二人でなんとか“象の鼻”を完登したかったが叶わず、暗い中必死こいてヌンチャクをヘッデン回収したのだった。


私がヌンチャクを掛けに行くが下部が濡れているせいか、私がポンコツだからか、すごく難しく感じる。(あれ?こんな難しかったっけ?)

なんとかヌンチャクを掛けてパートナーもトライ。彼女も同じ感想。

そしてしばらくして、そのルートが“象の鼻5.11a”ではなく“バットマン5.11bc”だと判明。間違えていた。

いくら記憶力が弱いとはいえ2年前に登ったルートが分からないとは…そしてその時に登った“寺島ルート”も見間違えていた。やれやれ…


まあでもせっかくヌンチャクを掛けたし、“バットマン”も面白いのでそのままトライ。なんとかRP。

その後私は“半分バナナ5.11c”をトライ。オンサイトできそうだったけど、理性が働いて無理をせずにテンション。

2便目も登れず、今日はここまで。買い物をしてクライマーズくろどりへ。


くろどりにはJさんやSさん、Tさんがおられ、一緒にお話しさせていただいた。お陰でとても楽しく過ごせました。ありがとうございます。


翌日、8時頃に出発。昨日夕方には岩はかなり乾いていたが朝には再び濡れていた。

この時期はこんな感じなんだろうか。

私は懲りずに“半分バナナ”にトライ。パートナーは1便目で“バットマン”をRP。ナイストライだった。

私の半分バナナは(たぶんすぐに登れるやろ)との思いとは裏腹になかなか登れず。

肘の故障で「無理矢理登り」を封印したらホントに登れない。今までいかに脳内麻薬で無理に登っていたか。そら故障するわな…

5便目、計7便目でようやく完登。でも自分でもキレイに登れたと思える、嬉しい1本だった。

そういえば、この日は高知からツヨツヨクライマーが来られていた。

みなさん強かったが、その中のお一人は特に強くて上手かった。“身の程知らず”や“寺島ルート”の12ルートをマスターでオンサイトされていた。

落ちそうになりながらもなんとかホールドとスタンスを見出して耐えて登られる姿を見て、私も心を動かされ、(これぞクライミング、よしオレも!)と思ったけど(いや、今はイカン)と考え直したのは我ながらエライなと感じた。

その後はパートナーと“象の鼻”のリベンジ、といきたかったけど、そうはいかず。また今度。


今回は久しぶりにとても楽しいクライミングだった。時間の経つのが早かった。パートナーに感謝です、ありがとうございました。


« ダイエットの思い出 | トップページ | 鳳来・ガンコ岩 24年4/27-29 »

外岩③中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイエットの思い出 | トップページ | 鳳来・ガンコ岩 24年4/27-29 »