« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月の4件の記事

2020年12月31日 (木)

今年のクライミングを振り返る 2020年12/31

今年も大晦日になってしまった。

只今8連勤の5日目で正直眠いのだが、書いておこう。

去年の↓

http://cholio.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-163e70.html


今年は肘痛に悩まされた。今も治ってはいないのだが、年始の頃は力が入らずクライミングどころではなかった。

しばらくするとコロナのため、外出がままならなくなり、ジムも閉まり、本当にクライミングができなくなった。

大好きだったジム、パンプ大阪も閉店してしまった。

思い返せば大変な一年だった。


そんな中で思い出に残るルートは、備中ニューエリアの“水の泡 5.12ab”。

RPまで23便、長らく不動岩の“タイコ 5.11c”が私の中で「RPまで一番かかったルート」だったが、ついに抜かれてしまった。

秋からは鳳来の鬼岩によく行くようになり、長年の宿題だった“禁断のセプテンバー 5.12c”をRPできた。

その後手を付けた“枯木のフェイス 5.12d”はずいぶん手こずったものの、なんとか年内にRPできた。

付き合っていただいた方々には本当に感謝。

来年もよろしくお願いします。


1604150306517_20201231212401


=今年の成果=

11a/6本、11b/5本、11c/0本、11d/1本。

12a/5本、12b/2本、12c/1本、12d/1本。

寝ぼけて数えたので間違ってるかも…

2020年12月16日 (水)

不動岩正面壁 20年12/15

火曜日、平日休みの日、不動岩にいってきた。付き合ってくれたのはK本くん。

Kimg6150

岩場の温度計を見ると4℃。寒い!

早速登る。アップはミートアンドポテト。

岩は陽が当たって暖かい。さすが不動正面。

今の季節、週末は賑わうだろうけど、平日とあってほとんど貸し切り。

私はイレブン4本の再RPを試みる。先ずはワンマンショーから。

もちろん一発クリアを狙うも苦手なスラブでフォール。最近の鳳来通いでスラブが更に下手になったみたい…

なんとか2便目でクリア。次はペガサス。こちらは一発クリア。

Kimg6152

次はタイコ。K本くんもタイコをトライ中。ヌンチャクを使わせてもらった。

ここは一発で決めておきたかったが、最初の核心でフォール。2便目でクリア。

最後は小熊物語。時間的にあと1便しか出せない。

しかしまたしても下部スラブでフォール…なかなかうまくいかんなぁ…


K本くんと道場駅で別れ、そのままグラビティへ。

Kimg6158

Kimg6144

前日登れなかったマンスリー6番が1便目で登れた。

その後はあまり難しい課題は登らず、疲れたので早めの20時半に上がり。

そういや土曜日に鳳来に行って、日曜・月曜ジム、なんで4連登。そら疲れるわな。

2020年12月13日 (日)

“枯木のフェイス 5.12d”RP 鳳来・鬼岩 20年12/12

鬼岩へのアプローチ。半時間も歩いていないのに既にヘロヘロ。

ここんとこ毎週のように歩いているので少しは気持ちにゆとりが持てるようにはなったが、まだまだ慣れたという感じはない。

一時間少し歩いて、ようやく岩場へ。座り込んでしばらくは動けない。10年前は雪山に登っていたとは思えない程の衰えっぷりである。

ここの常連さん達は、私よりはるかに大きなザックを背負い、私より早く登る。そして、恐らく私より年長である。自分がそうなるとは到底思えない。

まあ、ともあれ、今日も無事核心(?)のアプローチをこなして鬼岩にやってくることができた。よろよろと立ち上がり、登る準備を始める。

本日のパートナーはリョウさん。急なお願いにも関わらず、付き合ってくださった。感謝。リョウさんは鳳来は初めてとのこと。岩のカブりように圧倒されていた。私も最初来た時はそうだった。

Kimg6123


私の狙いは“枯木のフェイス”。

“禁断のセプテンバー”をRPした後、他の12cをやろうかと考えていたが、常連さんに「禁セプ終わったなら下部を覚えているうちに枯木やった方がいいよ」とアドバイスしてくれたのである。

“禁セプ”と“枯木”は下部5ピン目までは同じである。それだけ登るならそれほど難しいわけではないが、ヨレずに登るのはなかなか難しい。

11月初めに、初めてトライしてみたが、それほど難しい箇所はなく、ちゃんとトップアウトもできたので本格的に狙うことにした。

Fb_img_16049479092802

11/8、枯木のフェイス初トライ。まだ半袖短パン。


次回の2便目にはワンテンに持ち込め、内心(あと一日あったら登れるな)と手応えをつかんだ。

が、その後訪れること3度。登れない。トライは全て核心ワンテン。これが噂に聞く“ワンテン地獄”というやつか。

季節は冬に変わり、来週には寒波がやってくるらしい。

寒がりの私にはとっくに鬼岩は“シーズンオフ”なのだが、なんとか枯木だけは登っておきたい。今日が最後。ラストチャンス。


いつものようにアップ兼ヌンチャク掛け。ムーブを確認しておく。

2時間経って10時半、2便目というか1トライ目。

もはや慣れ親しんだ下部をクリア。少し難しい4ピン目〜5ピン目もあまりヨレることなく登れた。

禁セプとの分岐で大レスト。腕はあまり張っていない。順調。しかし寒さのため、既に指先の感覚がない。チョークバックに入れているカイロを握ったり、うなじに手を当てたりしても感覚が戻ってくることはなかった。

6〜8ピン間は難しくはないけど、一手一手が遠くてすごくヨレる。声をあげながらこなす。

いよいよ核心。だいぶヨレてるみたいだが、もう考えない。指の感覚はとうになくなっているけど、それももういい。息が荒い。頭は真っ白、喉はカラカラ。

ただ、それでもいつもより少し気持ちに余裕があった。突っ込む前に少し息を整え、核心のデッド先のホールドを見て、(あそこが目標)と確認することができた。

そしてその一手。止まった!初めて下から繋げることができた。何度この一手で墜ちたことか。

クリップをしてレストする。この後も油断はできない。しかしここまできて落ちるわけにはいかない。力を振り絞り、声を張り上げ、慎重に登って、ついに終了点。

やった!登れた!うれし〜!

Kimg6121

最近シューズはソイルのフリーレンジプロを使っていたが、ドラゴンに変えたら登れた。またドラゴンの株が上がってしまった…


この後は“入門”を登って15時、クライミング終了。リョウさんも翌日仕事とのことで早めに下山することに。

早かったので食事もせず帰ったら20時には帰阪できた。

付き合っていただいたリョウさん、本当にありがとうございました!



〜枯木メモ〜

11/8 akoさん、N田くん

初トライ、4便、ムーブ・ホールド確認

ほぼムーブが決まる


11/14 ムスコ

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン

4便目テンテン、回収


11/21 N田くん

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン

4便目テンテン、回収


11/28 N田くん

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン

4便目テンテン、回収

N田くん“卒業5.12b”RP


12/8 Y岡くん、K本くん

1便目ヌンチャク掛け

2便目・3便目核心フォール、ワンテン、回収


12/12 リョウさん

1便目ヌンチャク掛け

2便目RP

計6日、21便。


Kimg59302

11/14 ムスコにビレイしてもらった。

Kimg59322


Kimg6019

11/28 “卒業”RPしたN田くん。

1607484454972

12/8のトライ。この日は誕生日。RPで自ら祝ってやろうと思っていたが叶わず。

Kimg6087

12/8 “留年”を登るY岡くん。

Kimg60802

Kimg61072

12/8 鳳来初めてのY岡くんとK本くん、2人仲良く“入門”をRP。

Kimg60922

12/8、2トライ目で左手薬指の第一関節と第二関節の間から流血。核心デッドでそこまで入っていたのに保持できなかった。

Kimg6132

体重は最近60kg前後だったが、帰って計ってみると見たことない数字が出た。

Kimg61332

枯木ホールドメモ。


付き合ってくれた方々、ありがとうございました。内心、来年の宿題やなぁ、と弱気にもなっていたけど、なんとか今シーズン中に登ることができた。

冬の間はローカルエンデュランスやミドルエンデュランスを真面目にやって、肘痛やコロナで登れず衰えた持久力を鍛えなおそうと思う。


2020年12月 1日 (火)

グラビティなんば 20年11/30

久しぶりにグラビティ。ジムは最近ごぶさた。11月は3度しか来ていなかった。

最近は休みが火曜日と土曜日、泊り勤務が木曜日と日曜日。

火曜と土曜に外岩に出かけると、ジムに行くとどうしても連登になる。以前なら連登でも行っていたが、肘の具合が思わしくない今は、やはり外岩を優先してジムには行けなくなってしまう。

今週は外岩に行けないので遠慮なく(?)ジムへ。

Kimg6026

久しぶりに行ってみると垂壁がリニューアルしていた。

今回は少々グレード高め。12aも2本あった。

11台は全てOSできた。11c2本と、ももやん作の11dは楽しかった。

最後にトライした12a2本はいずれも登れず。難しかった。

最近はジムで登るモチベーションも落ちてきている。行けば楽しいのは分かっているが、行くまでが億劫。原付での道中が寒いし。

しかし、やはりジムで登らないと持久力が目に見えて衰える。いくら外岩で登っているといっても、外岩では10本も登らない。

身体を動かしている時間が全然違う。

これからはやっぱり連登でもジム行くかな。

肘と相談してローカルエンデュランス。私の場合、トライしたくなるのを抑えるのが一番の核心やな。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »