« 初!城山(1) 17年5/3~6 | トップページ | 城山(3) 17年5/3~6 »

2017年5月 7日 (日)

城山(2) 17年5/3~6

==城山2日目・チューブロック、ワイルドターキーゴージ 5月4日==

4時50分、目が覚める。
起床時間は5時だが、どうやら身体がクライミングを求めているようである。
我ながら、この肉体の充実ぶりは素晴らしい。

P5040773

準備を済ませ、6時に駐車場着。6時半、チューブロックに到着。
まだ誰も来ていない。また一番乗り。

パートナーのシャントくん、朝からどうも表情が固い。言葉も少なめ。
“ミウラー”RPに賭ける意気込みが、ひしひしと感じられる。
彼にとっては初となる、“11a”というグレード。
私にも経験があるだけに、その気持ちはよく解る。

アップもなしに、ミウラーに取り付きたいと言う。
少しでも力を残したい、ということだろう。
アップはした方がええで、と言いたかったが、本人がそう決めたなら、やってみればいい。
ただ、私はアップしたいので、“ミウラー”に登ることにした。
ヌンチャク掛けもできて、一石二鳥。

P5040785
“ミウラー5.11a”に挑む前、緊張の面持ちのシャントくん。

さて、シャントくんの“ミウラー”トライ。
下部核心は、少々ぎこちなかったが、昨日散々練習したので、クリア。
この後の中部核心も、なんとかクリア。この後、大レストを経て、彼が一番苦手な上部核心。
実は私、下部の動きを見て、(ダメだコリャ)と思っていた。
しかし、ぼーっとした表情の彼だが、何かどことなく頼りない印象を受ける彼なのだが、“ここで”強さを見せてくれた。
それは気合の入った数手だった。
私もついコーフンし、「出せ、出せ!足あげろ!」と大声で応援していた。
そしてついに彼は“ミウラー”の終了点を足下にし、イレブンクライマーとなった。

P5040793
シャントくん、“ミウラー5.11a”RP!おめでとう!

本人は勿論、すごく喜んでいたが、私もとても嬉しかった。
RPできたことよりむしろ私は、彼がフォールを恐れずに手を出したことが、何より嬉しかったのである。
私も昨日の宿題“グレイシー5.11c”をさっさと終わらせ、チューブロックを後にした。

時間はまだ8時。城山頂上を経由してワイルドターキーゴージに着いた時は9時前だった。

P5040796
城山頂上。

P5040799
富士山がキレイに見える。

P5040803

P5040804
頂上で出会った話好きなおじさん。

ワイルドターキーゴージは、城山の北壁にあり、100岩場には紹介されていない。
それでも、この岩場に行ってみたかったのは、30mや40mの長いルートがあるからだ。
今回、ネットで情報を得、トポを自作して行った。

いくつか登ってみたいルートがあったが、最初に確認できたのが“カマドダイレクト5.12a”。
早速トライしてみる。出だし核心との情報だったが、その通りで、早くもフォール…
とりあえずヌンチャク掛けのために登る。上部はそんなに難しくない。
(ホントに12aなのかな?)と思ってしまうけど、眼下の景色と心地良い春の気候の中での快適クライミングは、グレードなんてどうでもええわ、と思えるくらい、すごく楽しい。

約30m上の終了点に着き、さらに上にルートが続いていたけど、傾斜がだいぶなくなり面白くなさそうなのと、懸垂で降りる煩わしさを考えて、ここからロワーダウンすることに。
60mロープでギリギリ降りれた。

P5040807
“カマドダイレクト”トライ中。

2便目。下部をなんとかこなし、あとは上へ、上へ。
少々しんどい箇所があるものの、要所要所でレストできる。
岩が落ち着いていない、という情報もあったので、テイスティングしながら。
景色も堪能しつつ、余裕を持ってRP。

P5040808
“カマドダイレクト5.12a”。ロングルート好きにはオススメ。

次は“ディザイア5.12a”にトライ。
取り付きにコンロがあるという情報、ホントにあって、分かりやすかったので。

P5040843
“ディザイア”取付きのコンロ。

デカい四角の岩をどう攻略するかがカギ。
立体的でジムチック。面白い。MOSトライは核心でフォール。

2便目、またも核心でフォール。
ムーブを探っていると、楽に行ける方法を発見。

3便目、核心突破するも、最後サイコロみたいな岩を右上してしまい、超ランナウト。
恐怖に耐えながら、なんとか終了点へ。無事、RP!

P5040845
“ディザイア5.12a”。立体的なムーブが楽しめる。

一方、パートナーのシャントくんは、“春の予感5.11a”にトライ。
2便目でRP、この日2本目のイレブンをゲット!

P5040820
“春の予感”のシャントくん。

私も登ってみた。核心は最後、カブリの乗っ越し。
かなり“お買い得感”はあるけど、“ミウラー”の時と違い、私の助けなしに、自分で全部解決して登れた、というのがエライ。

P5040841
“春の予感5.11a”RP!

P5040848
“春の予感”終了点より。

P5040850

P5040855

P5040860

P5040863

17時半、クライミング終了。
この日も、メシ、フロ、宴会のゴールデン・コース。

P5040866

P5040867
晩飯は台湾料理。安くて美味くて、ボリューム満点。

~つづく~

« 初!城山(1) 17年5/3~6 | トップページ | 城山(3) 17年5/3~6 »

アウトドアクライミング~外岩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285717/70495441

この記事へのトラックバック一覧です: 城山(2) 17年5/3~6:

« 初!城山(1) 17年5/3~6 | トップページ | 城山(3) 17年5/3~6 »