« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の8件の記事

2010年4月27日 (火)

葛城山・金剛山 10年4月17日

 葛城山と金剛山に登った。越路さんと初めて一緒に山登りしたのが葛城山だった。去年の5月、目当てのツツジはまだ3分咲きで、しかも悪天候だったが、私には印象深い山旅だった。その折り、カタクリとショウジョウバカマ(当然、どちらも咲き終わっていたが)の群生を見、来年是非また来よう、と言っていたのだった。

 そんなわけで、越路さんとY本さん、U田さん、私の4人、水越峠に車を停めて、まず葛城山に登った。

R1017364100417
咲いているツツジは高い上に風で揺れるので、落ちているのを撮った。

R1017366100417
葛城山は、階段の急登りが続く。

R1017369100417
そこかしこに咲いていたスミレの花。

R1017373100417
スミレにもいろんな種類がある。越路さんに教えてもらうも忘れてしまっている。

R1017383100417
残念、カタクリはまだつぼみだった

R1017385100417
頂上へ向かう。枯れ草が滑って登りにくい…

R1017391100417
午前中、天候は今ひとつ。

R1017392100417
葛城山山頂、到着。

R1017397100417
もうひとつのお目当て、ショウジョウバカマは咲いていた。上からのアングル。

R1017401100417
下からのアングル。

578811b
ショウジョウバカマはお気に入りの花。フィルムでもいっぱい撮った。

578807

578808
日陰に咲いているのを印象的に撮ってみる。

R1017431100417
ちっこい花。名は知らん。

 水越峠に戻ってきて、あずまやで昼食。午後からは陽が差してきてポカポカ陽気に。食後、辺りに咲いている花を写真を撮った。

R1017447100417
こういうそこら辺にいっぱい咲いているでも、よく見てみるととてもかわいい。

R1017453100417
ヤマブキ。

 車で金剛登山口へ移動し、お次は金剛山に登る。

R1017463100417

R1017478100417
ニリンソウ。気の早いヤツが少しだけ咲いていた。

R1017498100417

 金剛山なら、越路さんの独壇場。コースはおまかせ。えー、たしか黒栂林道からカトラ谷、途中すごい急登の道に入り、カタクリの群生地へ。

R1017519100417
葛城山のカタクリはダメだったが、こちらは咲いていた。ようやくご対面。

578821b
もちろん、フィルムでも撮る。

 実はカタクリをちゃんと見るのは初めて。まだ満開ではなかったが、陽が差しているとみるみる花が開いていくのがわかった。

R1017530100417
金剛山でも記念撮影。4時過ぎてるな。

R1017533100417
越路さんが白いショウジョウバカマを発見。もちろん、撮影。

578833b_2
ネコノメソウの仲間、だそうな。

578834b
エンレイソウも咲いていた。

R1017536100417
もう1箇所、カタクリの群生地へ立ち寄る。

R1017555100417

R1017561100417
だいぶ陽が傾いている中、カトラ谷を下る。

R1017570100417
駐車場にしていたボタン。

 下山、18時過ぎ。よく歩きました。お付き合いいただいた方々、楽しい一日をありがとうございました。

2010年4月25日 (日)

金毘羅山でロッククライミング 10年4月18日

 「アルパイン友の会」のメンバーで金毘羅山へロッククライミング。参加者はH郎さん、あやさん、チョッパーさん、チョリオの4人。金毘羅山は以前ハイキングで登ったことがある。是非、行ってみたかった。  大原で駐車だが、駐車場が結構遠い。が、さすが用意のいいあやさん、折りたたみ自転車を準備したおかげでずいぶん楽だった。でも、自分の登山靴を車に積み残し、取り付きまで普通の靴で登るハメに… R1017585100418 Y懸の頭までは荷物を担いで移動。 R1017601100418 Y懸の頭より大原を望む。 R1017613100418 ヒカゲツツジがいっぱい咲いていた。 R1017620100418 昼食後。H郎さんとチョッパーさん。 R1017622100418 ビビリフェースとやらに行くことに。懸垂下降で降りる。 R1017657 こんなかんじ。 R1017625100418 まず、チョッパーさんが挑戦。 R1017629100418 Bのテネシー・ワルツやったかな?見事、登りました。 ちなみに私はダメで、右のビビリクラックまでトラバースして登りました。 R1017634100418_2 あやさんの華麗な(?)フォーム。  次はピラミッドに行くはずが通り過ぎてしまい、ゲートロックへ。 R1017656 斜線の箇所はオーバーハングの意。 R1017636100418 見上げるとこんなかんじ。 R1017638100418_2 スタートの確認をするH郎さん。 R1017639100418 Dのアンブリーズ・ハングに挑戦。 R1017642100418 トップロープやけど、なんとか登れました。  この後、Bの逆層フェースにも挑戦。こちらは人気がないらしく、岩が苔生し、ハーケンも錆びだらけだった。 R1017651100418 一日、よく遊びました。

2010年4月22日 (木)

高見山・八経ヶ岳・御嶽山・淡路島 10年1月〜4月

 ようやくポジフィルムのスキャンを終えた。ブログに載せ損なった写真です。
 まず、1月に行った高見山。暖かく、霧氷見られず。ブログも書く気がしなかった。でもせっかく夜に登って日の出の写真を撮ったので、載せておく。

915923

R0035315_2
この時の登山で憶えているのは、雪の上に残っていた自転車の轍。たぶん誰かが押して登ったのだろう。物好きがいるもんだ。人のことは言えないが…

R0035319

915906

 次は2月に登った八経ヶ岳。この時は天候が悪く、撮影をほとんどせずにひたすら歩いた。下山時、ようやく太陽が覗き、夕日に染まる霧氷が見られた。

952617b

952627b

449805b

449806b

 次は3月に登った御嶽山。

550512

550514

550530
天気は良かったけど、すごい風でした。

 最後は4月に行った淡路島。ママチャリで島を一周した時の写真。

299305
明石海峡大橋。

299311

299321

299325

299333
鵜が濡れた羽を広げて乾かしていた。

299336

ムスコと岩湧山 10年4月4日

 ムスコのあっちゃんと2人で岩湧山に登ってきた。岩湧山はムスコが初めて、助けなしで登った山である。当時3歳。さて、小学生になったあっちゃんの成長ぶりは…?

R1016502100404
登山口の岩湧寺。

R1016513100404
ミヤマカタバミがたくさん咲いていた。

R1016514100404
登山口に着いて、私は登山靴を持ってくるのを忘れたことに気付く。車に積んであった「たびぐつ」での登山となった。この靴は以前西表島に行った時に買った靴。

R1016544100404
早いな、ムスコ。

R1016550100404
「おとうちゃん、はよう!」のんびり歩く私をせかすあっちゃん。

R1016561100404
眺めのいい休憩所に到着。

R1016569100404
ヤマネコノメソウ。

R1016576100404
ちょっと気味悪い花。名前はわからない。

R1016585100404
トウゴクサバノオ。ってこの花、先日金剛山で探してた花やん…ここで見ていたとは。

R1016602100404
スミレもいっぱい咲いていました。

R1016608100404
ムスコはお手軽な岩を見つけると、登ってみたくなるようです。誰に似たのだが…
そういえば、先日はタンスによじ登り、倒して頭をしたたか打ちました。

R1016612100404
はい、登頂。

R1016625100404
もうすぐ頂上。

R1016638100404
頂上到着。3歳の時は、やっとこさ登れた山だったが、今回は余裕しゃくしゃくやったな。

R1016672100404
ツルシキミ。

R1016680100404
この花はなんだっけ…いつも忘れる。

R1016690100404
これもツルシキミかな。

R1016697100404
無事、下山しました。

R1016717100404
岩湧寺では桜が満開だった。

R1016653100404
楽しい一日でした。

2010年4月21日 (水)

北小松でロッククライミング 10年3月22日

 ちょうど1ヶ月前。もうそんなに経つのか。前夜テントを張り、宴会で士気を高めた後、いざ、北小松へ!メンバーはチョッパーさんと一休さん、チョリオの3人。
 実は私、外岩は初めて。屋内ジムで2度ほど練習しました。

R1016431100322
懸垂下降前のチョッパーさん。

R1016440100322
こんな写真を撮っているということは…

R1016441100322
たぶん、⑧の課題「空高く」に挑戦した、ということだろう。はっきり言って、まるで憶えていない。

R1016444100322
まず、チョッパーさんが挑戦。ビレーは一休さん。

R1016445100322

R1016448100322

R1016450100322

R1016456100322
ここが核心、やったかな?

R1016458100322
もう少し…

R1016459100322
見事、攀ぼりました!

次に一休さんが登ったハズやけど、写真はナシ。私が確保しているから。

R1016461100322
最後に私が挑戦。

R1016465100322
攀りました。写真少な…(チョッパーさん写す)

R1016482100322
別の課題。⑦やったかな?

 この日は結局、4つの課題に挑戦。全部クリアーできたのはチョッパーさんのみ。私に至っては一度墜ちて、ビレーの一休さんに救われる始末…まあ、これもいい経験になりました。

R1016497100322
攀ぼって振り返ると、琵琶湖が見える。気持ちのいい一日でした。

2010年4月12日 (月)

ママチャリで淡路島一周 10年4月9日〜11日

 ママチャリで淡路島を一周するという企画に参加した。参加者は主催者のあやさん、サポートのうねさん、くろげんさん、どんかっちょ!さん、こごせさん、おむコロさん、smochさん、jennyさん、トリコローマさん、みかりんさん、チョリオの11名。
 はっきり言って、私はこのツアーをナメていた。(チャリで淡路島一周?はは、楽勝、楽勝)ところがどっこい、そんな甘いものではなかったのである。

 4月9日、20時明石駅に集合。レンタサイクルを借りる。フェリー乗り場に移動中、早速アクシデント発生。私の借りた自転車のチューブが外れ、急いで交換しに戻った。フェリーに乗る前で良かった…

R101673810041011
タコフェリー乗り場。

R101675910041011
フェリーで明石海峡大橋をくぐる。

 フェリーを降りて暫く進んだ所で宴会。ハタから見るとかなり怪しい集団である。宴会は0時頃まで続いた。

R101685810041011
翌朝5時に起きて日の出を撮りに行った。

 朝食、準備を済ませて6時半に出発。

R101686810041011
朝陽を浴びて快走。

R101688610041011
でかい観音様がいた。

R101688710041011
天気は上々、気持ちいい。

R101688910041011
海岸に咲いていた花。そこら辺にいっぱい咲いてた。

R101690410041011
最初は走りやすい道が続く。気持ちいい。

R101691210041011
この花もよく見かけた。

R101692010041011

R101693410041011
山もええけど海もええな。

R101694110041011
昼食はタコヤキ。すごくおいしかった。それにしてもあやさん、ええ顔してまんな。

R101694910041011
南国チックな道。

R101697710041011
浜辺に一台のゴミ清掃車。なんかシュール。

R101697910041011


R101698510041011
ちょうど桜が満開だった。

R101699010041011
笑える看板だが、ここは全コース中で最難関だった箇所。山道で、とにかく登りがキツイ。全く笑えない。

R101699810041011
休憩。うねさんからイチゴの差し入れ。すごく甘かった。

R101700810041011
ようやく難所を越えた。

R101701010041011
ずいぶん走ってきました。

R101704910041011

R101705210041011
けっこう、疲れてます。

R101706010041011
アクシデント発生。
 あやさんの自転車がパンク。何度も空気を入れながら、だましだまし修理屋まで走っていった。この時もうねさんが、よくサポートして下さった。
 この日の行程はあらかた終了、温泉へ。しかしこの温泉がまた遠かった。
 お風呂の後、スーパーで買いだし。

R101706410041011
スーパー「トビスケ」品揃え悪し。

R101706710041011

R101706810041011
長い上り坂。この時、すでに私の尻は悲鳴を上げており、みかりんさんにタオルを借りてサドルに巻いている。
18時、ようやくこの日泊まる場所に到着。やれやれ。尻も痛かったが、左ヒザもかなり痛くなっていた。

R101707310041011
夕暮れの鳴門海峡。

R101707710041011
夕食、宴会。桜の花びらが舞っていた。

 この日は疲れもあり、翌朝4時起床ということもあり、早くに就寝。

R101708810041011
11日は4時40分に出発。

R101709010041011
ウン…じゃなかった、アンモナイトのオブジェ。

R101711110041011
風車の見渡せる港で休憩。

R101711310041011
バンダナショット。

R101712710041011
鳴門海峡大橋をバックにもう一枚。

R101713410041011
朝食風景。

R101713910041011
朝食中に日の出。

R101714810041011

 この日は快適な道が続くが、私はかなりバテており、少しの登り坂でもかなりしんどい。みかりんさんに「息あがってますやん」と言われて「うっさいわ!」とキレてる始末。

R101715310041011

R101717610041011
西淡は瓦の町。

R101718110041011
慶野松原で一息入れる。

R101718910041011

R101719310041011
菜の花と、どんかっちょ!さん

R101720110041011
きれいな海を眺めながら走る。

R101720410041011

R101721110041011
おむころさん。

R101721610041011
ヤドカリに遊んでもらった。

R101724110041011

R101725210041011
祭りをやっている所があった。

R101725310041011
あと少し。

 時間があったので、震災記念公園に立ち寄る。しかし記念館は有料なので、ほとんどの人が入らなかったようだ。もちろん、私も入らずに、そこらで花の写真を撮っていた。

R101728410041011

R101731910041011
れんげ畑。

R101731610041011
タンポポ。

R101732410041011
あともうちょっと。

R101733410041011
明石海峡大橋が見えた!

R1017341
道の駅で昼食。橋をバックにバンダナショットを撮っておく。

R101734810041011
淡路島一周、全員完走!みなさん、お疲れ様でした。

22

2010年4月 9日 (金)

御嶽山 10年3月12日〜13日

 3月とはいえ、御嶽山はまだまだ冬の装い。いわなさんと帆亭さんの三人で挑んできました。

R101620710031213
まずロープウェイに乗り、スキー場上部へ。

R101621310031213
いざ、出発。

R101623110031213
天候は…吹雪。けっこう大変。

R101623410031213
予定を変更して、8合目でテントを張る。右のテントは荷物置き場。

R101624010031213
さっそく宴会。やっぱ寒い時は鍋でしょう。

R101624610031213

R101624710031213
他の登山者が作った雪洞に入ってみる。

R101625810031213
翌朝。天気は快晴!

R101626410031213
準備して…

R101626710031213
いざ、出発!

R101627310031213
太陽が顔を出した。

R101627910031213

R101629110031213
強風の中、どんどん登っていく。

R101629410031213

R101630210031213
上部は烈風が吹き荒れる。

R101630410031213

R101630810031213
9合目の小屋で風をしのぐ。

R101631210031213

R101631310031213
なおも上を目指すが…

R101633910031213
あえなく撤退。

R101634510031213

R101634610031213
8合目まで戻ってきた。

R101636510031213
テントをたたんで下山。

R101637210031213
強風地帯をぬけて一安心。

R101638510031213
ロープウェイ駅に到着。

 しかし、強風のためロープウェイは運休。ゲレンデを歩いて下ることに…

R101639510031213
天気もいいし、まあ、これも一興。

R101640810031213
下界ではフクジュソウがたくさん咲いていた。

R101641110031213_2
もちろん、アップで。

 いわなさん、帆亭さん、楽しい山旅ありがとうございました。(ブログ、手抜き気味ですんまへん…)

2010年4月 8日 (木)

ムスコと長居公園 10年3月6日

 ずいぶん長いことほったらかしにしてしまった。
引っ越しも無事終わり、ようやく落ち着いたので溜まった分からボチボチ載せていきます。

 えー、3月の最初の頃、ムスコと二人で長居公園に行った。まだ引っ越し前で、たしか岸和田からの荷物を新居に運んだついでだった。

R1016081100306
長居博物館の入り口。

R1016085100306

R1016096100306

R1016097100306

R1016104100306
恐竜の足跡に、すっぽり収まる。

R1016127100306
リュウグウノツカイ。オレの小学生の頃と変わらんな…

 ムスコが腹減ったと言うので、いったん博物館を出る。しかし売店が閉まっており、テキトーに歩く。

R1016061100306
梅の花が見頃だった。

R1016165100306

R1016151100306
相変わらず、赤色の発色が苦手…

R1016173100306

R1016180100306
噴水の中に果敢に入っていくムスコ。

R1016182100306
浸水…

R1016190100306

 博物館に戻るのがめんどくさくなり、そのまま帰宅。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »